サーバーの証明書を修正する方法がChromeで取り消されました

サーバーの証明書がChromeで取り消された方法(NET :: ERR_CERT_REVOKED):Chromeでの証明書の取り消しに関する主な問題は、クライアントマシンがWebサイトのSSL証明書を取得するために取り消しサーバーに接続できないことです。 証明書チェックに合格するには、クライアントマシンは少なくとも1つの失効サーバーに接続する必要があり、いずれにしても接続できない場合は、 サーバーの証明書がChromeで失効しています(NET :: ERR_CERT_REVOKED)というエラーが表示されます。

日付と時刻を修正します。コンピューターの時計がWebサイトの証明書の有効期限が切れた後の日付または時刻に設定されている場合は、時計の設定を変更できます。 コンピュータのデスクトップの右下隅にある日付をクリックします。 「 日付と時刻の設定を変更する 」をクリックして、日付と時刻の設定ウィンドウを開きます。

修正サーバーの証明書がchrome(NET :: ERR_CERT_REVOKED)で取り消されました:

方法1:Microsoft Essentialsを実行する

1.Microsoft EssentialsまたはWindows Defenderをここからダウンロードします。

2.PCをセーフモードで起動し 、Microsoft EssentialsまたはWindows Defenderを実行します。

3.再起動して変更を適用します。

4.上記の方法で問題が解決しない場合は、ここからMicrosoft Safety Scannerをダウンロードしてください。

5.再度セーフモードで起動し、Microsoft Safety Scannerを実行します。

方法2:Malwarebytesからマルウェア対策を実行する

1.ここからMalwarebytesアンチマルウェアをダウンロードします。

2.マルウェア対策をインストールします。

3.プログラムを実行してすべてのマルウェア削除してみてください。

4.システムをセーフモードで再起動し、マルウェア対策を再度実行します。

5.通常どおり再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。

方法3:TCP / IPをリセットしてDNSをフラッシュする

1.Windowsボタンを右クリックし、「 コマンドプロンプト(管理者) 」を選択します

2. cmdに次のように入力します。

 netsh int ip reset c:\ resetlog.txt 

注:ディレクトリパスを指定しない場合は、次のコマンドを入力します。netshint ip reset

3. cmdに次のように入力します。

(a)ipconfig / release(b)ipconfig / flushdns(c)ipconfig / renew

4.最後に、PCを再起動して変更を適用します。

方法4:セキュリティ警告を無効にする

1. Google Chromeを開き、メニューに移動して[ 設定 ]を選択します

2.次に、「 詳細設定を表示 」が見つかるまで下にスクロールして、クリックします。

3.もう一度スクロールして、[ネットワーク]の下にある[ プロキシ設定の変更]を見つけてクリックします。

4. [詳細]タブを選択し、 [ セキュリティ ]サブ見出しに移動します

5.「 発行元の証明書の取り消しを 確認する 」および「 サーバーの証明書の取り消しを確認する 」オプションのチェックを外します。

6.再起動して変更を適用します。

あなたにおすすめ:

  • 破損したSDカードまたはUSBフラッシュドライブを修復する方法
  • Google ChromeのERR_TUNNEL_CONNECTION_FAILEDエラーを修正
  • エラーコード0x80070002を修正システムは指定されたファイルを見つけることができません
  • Windows 10でオーディオサービスが応答しないのを修正する方法

サーバーの証明書がChrome(NET :: ERR_CERT_REVOKED)で取り消された場合は、これで完了です。 この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントでお気軽に質問してください。 ソーシャルネットワークでこの投稿を共有して、家族や友達を助けましょう。

関連記事