グループポリシーエディター(gpedit.msc)のインストール方法

グループポリシーエディター(gpedit.msc)をインストールする方法:このエラー ' Windowsはgpedit.mscを見つけることができません。名前を正しく入力したことを確認してから、再試行してください '基本、policystarter、またはホームプレミアムがインストールされているユーザーが直面していますポリシーエディターのサポートが提供されていないバージョン。グループポリシーエディター機能は、Windows 10およびWindows 8のProfessional、Enterprise、Ultimateエディションのみで提供されます。

グループポリシーエディター(gpedit.msc)のインストール方法

1)このダウンロードリンクでサードパーティのグループポリシーエディターインストーラーを使用して、グループポリシーエディター機能を有効にすることで、このエラーを修正するのは非常に簡単です。

2)上記のリンクからグループポリシーエディターをダウンロードし、WinrarまたはWinzipを使用して抽出し、その後Setup.exeファイルをダブルクリックして通常どおりインストールします。

3)x64 Windowsを使用している場合は、上記に加えて以下を実行する必要があります。

4) C:\ Windowsにある ' SysWOW64 'フォルダに移動します

5)ここから次のファイルをコピーします:GroupPolicyフォルダー、GroupPolicyUsersフォルダー、Gpedit.mscファイル

6)上記のファイルをコピーした後、 C:\ Windows \ System32フォルダーに貼り付けます

7)以上で、すべて完了です。

gpedit.mscの実行中に「 MMCはスナップインを作成できませんでした 」というエラーメッセージが表示される場合は、次の手順を確認して問題を解決してください。

1)インストールしたばかりのすべてのものをアンインストールします。

2.管理者権限を持つグループポリシーエディターを再度インストールしますが、「 [完了]ボタンをクリックしないでください 」(セットアップは未完了のままにする必要があります)。

3.スナップインの問題を解決するには、次の場所にあるWindowsの一時フォルダーに移動します。

C:\ Windows \ Temp

4. tempフォルダー内でgpeditフォルダーに移動すると、64ビットシステム用と32ビット用の2つのファイルが表示されます。システムのタイプが不明な場合は、Windowsボタンを右クリックして、システムをクリックすると、そこからシステムのタイプを知ることができます。

5.そこで、x86.bat(32ビットWindowsユーザーの場合)またはx64.bat(64ビットWindowsユーザーの場合)を右クリックし、メモ帳で開きます。

6.メモ帳ファイルには、以下を含む合計6つの文字列行があります。

%username%:f

7.これらの行を編集し、%username%:fを「%username%」:fに置き換えます(引用符を含めます)

8.ファイルを保存し、右クリックして.batファイルを実行します–管理者として実行します。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10へのアップグレード後にWiFiが機能しない問題を修正
  • BOOTMGRを修正する方法にWindows 10がありません
  • Google Chromeの修正方法が機能しなくなったエラー
  • ソフトウェアを使用せずにWindows 10プロダクトキーを見つける

それでおしまい。 gpedit.mscが機能します。 グループポリシーエディター(gpedit.msc)をインストールする方法とMMCがスナップインエラーを作成できなかった問題を修正する方法を習得ましたが、この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事