Windows 10でハードディスクがスリープ状態にならないようにする方法

Windows 10でハードディスクがスリープ状態にならないようにする方法:最近のWindows 10の更新後、一定の非アクティブ状態が続いた後、ハードディスクがオフになる場合があります。 これは、バッテリーを節約するために行われ、PCのバッテリー寿命が向上します。 この設定は、[電源オプション]の[ハードディスクの電源を切る]設定を使用して構成されます。これにより、ユーザーは、ハードディスクの電源が切れるまでの(非アクティブな)指定時間を設定できます。 この設定はSSDには影響しません。システムがスリープ状態から復帰すると、ハードディスクにアクセスできるようになるまでにしばらく時間がかかります。

ただし、外付けハードディスクまたはUSBをスリープ状態にしたくない場合は、心配する必要はありません。PCがアイドル状態のときに、各ドライブまたはUSBをスリープ状態にしたり、指定した時間後にスリープ状態にしたりできます。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でハードディスクがスリープ状態にならないようにする方法を見てみましょう。

Windows 10でハードディスクがスリープ状態にならないようにする方法

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:電源オプションでハードディスクがスリープ状態にならないようにする

1.タスクバーの電源アイコンを右クリックして、 電源オプションを選択します

注:詳細な電源設定を直接開くには、Windowsキー+ Rを押し、「 control.exe powercfg.cpl,, 3 」と入力し(引用符は不要)、Enterキーを押します。

2.現在選択されている電源プランの横にある「 プラン設定の変更 」リンクをクリックします

3.次の画面で、下部にある「 詳細な電源設定の変更 」リンクをクリックします

4.ハードディスクを展開し、同様に[ハードディスクをオフにする]を展開してから、 [ バッテリー作動 ]と[ プラグイン]の設定を変更して、 ハードディスクをオフにする時間(アイドル時間)を指定します。

$config[ads_text6] not found

注:デフォルトは20分です。短い時間を設定することはお勧めしません。 PCの非アクティブ後にハードディスクをオフにしたくない場合は、上記の設定を「しない」に設定することもできます。

5. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6.PCを再起動して変更を保存します

方法2:コマンドプロンプトを使用してWindows 10でハードディスクがスリープ状態にならないようにする

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

 オンバッテリー:powercfg / SETDCVALUEINDEX SCHEME_CURRENT 0012ee47-9041-4b5d-9b77-535fba8b1442 6738e2c4-e8a5-4a42-b16a-e040e769756e秒プラグイン:powercfg / SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT 0012ee47-9041-4b5b8b4a8a2a4a8b2ab4a8ab4a8a4a8a4a8a4a8ab4a8a4a8a4a8a4a8a4a8a4a8a4a8a4a8a4a8a4a8a4a8a4a8b4a8b4a8ab4a8a4a8abb e040e769756e秒 

注:秒を、PCの非アクティブ後にハードディスクをオフにする秒数に置き換えます。

3.また、 0(ゼロ)を使用すると「なし」同じになり、デフォルト値は1200秒 (20分)です。

注:時間を20分未満に設定することはお勧めしません。20分未満に設定すると、HDDの摩耗が多くなります。

4. cmdを閉じて、PCを再起動します。

推奨:

  • Windows 10でディスクまたはドライブをフォーマットする方法
  • Windows 10でディスククォータの制限と警告レベルを設定する
  • Windows 10でGPTディスクをMBRディスクに変換する方法
  • 無料のSAP IDESをインストールする方法

これで、Windows 10でハードディスクがスリープ状態にならないようにする方法を学習しましたが、このチュートリアルに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事