Windows 10でデスクトップアイコンが再配置され続ける問題を修正

Windows 10でデスクトップアイコンが再配置され続ける問題を修正

Windows 10でデスクトップアイコンが再配置され続ける 問題を 修正: デスクトップアイコンが再配置されるたびに再配置される、または自動再配置が繰り返されるというこの問題に直面している場合は、今日解決する方法について説明するので、適切な場所にいます。この問題。 ほとんどの場合、Windowsがデスクトップアイコンを自動的に移動して再配置し続ける場合は、おそらく自動配置機能がオンになっている可能性があります。 しかし、このオプションを無効にした後でも、デスクトップアイコンが自動的に配置される場合は、何かが実際にPCで混乱しているため、大きな問題に直面しています。 この問題が発生する特別な理由はありませんが、ほとんどの場合、古い、破損または互換性のないドライバー、ビデオカードの古いドライバーまたは古いドライバー、破損したユーザープロファイル、破損したアイコンキャッシュなどが原因であると考えられます。したがって、問題はユーザーのシステム構成と環境によって異なります。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティング手順を使用して、Windows 10でデスクトップアイコンを実際に修正し続ける方法を見てみましょう。 Windows 10でデスクトップアイコンが再配置され続ける問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて 、 必ず 復元ポイント を 作成して

続きを読みます
Windows 10でAlt + Tabが機能しない問題を修正

Windows 10でAlt + Tabが機能しない問題を修正

デバイスの異なるタブをどのように切り替えますか? 答えはAlt + Tabです。 このショートカットキーは、最もよく使用されるものです。 Windows 10では、システムで開いているタブを簡単に切り替えることができます。ただし、この機能が機能しなくなる場合があります。 デバイスでこの問題が発生している場合は 、Windows 10でAlt + Tabが機能しない 問題を解決する方法を見つける必要があります。 この問題の原因を見つけることになると、いくつかの理由があります。 ただし、この問題を解決する方法に焦点を当てます。 この記事では、次の問題について説明します。 Alt + Tabが機能しない: 開いているプログラムウィンドウを切り替えるにはAlt + Tabショートカットキーが非常に重要ですが、ユーザーからは機能しないことがあると報告されています。 Alt-Tabが時々動作を停止する: Alt + Tabが時々動作しない別のケース、これはWindowsエクスプローラーを再起動することで解決できる一時的な問題を意味します。 Alt + Tabがトグルしない: Alt + Tabを押しても何も起こりません。つまり、他のプログラムウィンドウにトグルしません。 Alt-Tabがすぐに消える: Alt-Tabキーボードショートカットに関連する別の問題。 しかし、これは私たちのガイドを使用

続きを読みます
ワコムタブレットエラーの修正:デバイスがコンピューターに接続されていません

ワコムタブレットエラーの修正:デバイスがコンピューターに接続されていません

Wacom Tabletエラーの修正:デバイスがコンピューターに接続されていません: Wacom TabletをPCに接続しようとしているのに接続できない場合、「デバイスがコンピューターに接続されていません」というエラーメッセージが表示されます。今日はこの問題を修正する方法を見るつもりなので心配しないでください。 PCを再起動してWacomタブレットを接続した後でも、何も起こりません。タブレットで青いライトが点滅しないため、WacomデスクトップセンターまたはWacomタブレットのプロパティを開くと、「Wacomデバイスがコンピューターに接続されていません」と表示されます。 上記のエラーメッセージが表示される主な理由は、破損、古い、または互換性のないWacomタブレットドライバーが原因ですが、一部の重要なタブレットサービスが開始されていない、または現在無効になっているなど、上記の問題を引き起こす可能性のある他の理由もあります。USBポートの問題などです。時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、コンピュータに接続されていないWacomデバイスを修正する方法を見てみましょう。 ワコムタブレットエラーの修正:デバイスがコンピューターに接続されていません 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 高度なトラブルシューティングを行う前

続きを読みます
ワイヤレスマウスがWindows 10で機能しない問題を修正

ワイヤレスマウスがWindows 10で機能しない問題を修正

Windows 10でワイヤレスマウスが機能しない問題を修正する: ワイヤレスマウスが機能しない、またはワイヤレスマウスがPCで動かなくなった、またはフリーズした場合は、今日この問題を修正する方法について説明します。 今、この問題が発生する原因にはさまざまな理由があります。たとえば、古い、破損した、または互換性のないドライバー、電源管理の問題、バッテリーの放電、USBポートの問題などです。時間を無駄にせずに、Windows 10でワイヤレスマウスが機能しない問題を解決する方法を見てみましょう下記のトラブルシューティングガイドを参考にしてください。 ワイヤレスマウスで次の問題が発生する場合があります。 マウスポインターがランダムに移動する ポインターが動かなくなったりフリーズしたりする マウスボタンのクリックが応答しない マウス設定がグレー表示される Windowsで検出されないマウスドライバー ワイヤレスマウスのバッテリーを充電したことを確認するか、新しいバッテリーセットで完全に交換してください。 また、ワイヤレスマウスが別のPCで動作しているかどうかをテストします。 動作しない場合は、デバイスに欠陥があり、デバイスを交換する必要があることを意味します。 ワイヤレスマウスがWindows 10で機能しない問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

続きを読みます
Windows 10でUSBポートが機能しない

Windows 10でUSBポートが機能しない

Windows 10 でUSBポートが機能しない問題を 修正: 以前のバージョンのWindowsからWindows 10に最近アップグレードした場合、PCでUSBポートが機能しないというこの問題に直面している可能性があります。 USBポートがUSBデバイスを認識せず、USBデバイスが機能しないようです。 USBマウス、キーボード、プリンター、ペンドライブなどのUSBデバイスは機能しないため、問題はデバイス自体ではなく、USBポートに関連しています。 これだけでなく、問題はシステムにあるすべてのUSBポートに関連しているので、私に尋ねるとかなりイライラします。 とにかく、ユーザーは、Windows 10でUSBポートが機能しない問題を修正するために、さまざまな機能するソリューションを試し、テストしました。 しかしその前に、USBポートが機能していない原因のいくつかについて説明します。 電源の問題 故障したデバイス 電源管理設定 古いまたは破損したUSBドライバー 破損したUSBポート さまざまな原因がわかったので、これらの問題の修正または回避策を引き続き提供できます。 これらは試行錯誤した方法であり、多くのユーザーに有効と思われますが、ユーザーごとに構成や環境が異なるため、他のユーザーに有効な方法が有効であるとは限りません。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされている

続きを読みます
MMCがスナップインを作成できなかったのを修正する方法

MMCがスナップインを作成できなかったのを修正する方法

MMCがスナップインを作成できなかったのを修正する方法 Microsoft管理コンソール(MMC)は、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)と、コンソール(管理ツールのコレクション)を作成、保存、および開くことができるプログラミングフレームワークを提供するアプリケーションです。 MMCはもともとWindows 98リソースキットの一部としてリリースされ、それ以降のすべてのバージョンに含まれています。 MicrosoftのWindows Explorerと同様の環境でマルチドキュメントインターフェイス(MDI)を使用します。 MMCは実際の操作のコンテナーと見なされ、「ツールホスト」として知られています。 それ自体は管理を提供するのではなく、管理ツールが動作できるフレームワークを提供します。 場合によっては、一部のスナップインが正しく機能しない可能性があります。 特に、スナップインのレジストリ構成が壊れている場合(レジストリエディターはスナップインではないことに注意)、スナップインの初期化は失敗します。 この場合、次のエラーメッセージ(イベントビューアーの場合は特定のメッセージ)が表示される可能性があります。MMCがスナップインを作成できませんでした。 スナップインが正しくインストールされていない可能性があります。 次の方法でMMCがスナップインエラーを作成できなかったのを修正

続きを読みます
Google ChromeでSSL証明書エラーを修正する方法

Google ChromeでSSL証明書エラーを修正する方法

Google ChromeでのSSL証明書エラーの修正: SSLは、Webサイトのプライバシー保護のための単なるインターネットプロトコルです。 SSLはSecure Socket Layersの略で、サーフィンをするすべてのWebサイトでこの保護機能を見つけることはできません。 パスワードや機密情報などのデータを安全に共有するために使用されます。 また、一部のブラウザは、Google Chromeを含む組み込みの機能としてこの機能を備えています。 デフォルトの設定は[中]で、 SSL証明書 との不一致があると、SSL接続エラーが発生します。 SSL証明書の有効期限が切れていない場合、ブラウザーはSSL証明書を使用して接続を試み、認証局の信頼を得て、eコマースWebサイトを含むすべての大規模なWebサイトを対象とします。 Google ChromeでSSL証明書エラーを修正する方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:信頼済みサイトをセキュリティリストに追加する 1. google chromeを開き、「 設定 」に移動します。 2.下にスクロールして、[ 詳細設定を表示 ]をクリックし ます 。 3.ネットワークの下で「 プロキシ設定の変更 」が見つかるまでスクロールして、クリックします。 4. Chromeがない場合の別の方法として、コント

続きを読みます
Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした

Windowsリソース保護は要求された操作を実行できませんでした

[修正] Windowsリソース保護が要求された操作を実行できなかった: SFC(システムファイルチェッカー)を実行するたびにプロセスが途中で停止し、このエラーが表示される "Windowsリソース保護が要求された操作を実行できませんでした"? 次に、このガイドで心配しないでください。すぐにこの問題を修正します。以下の手順に従ってください。 SFCコマンドの実行中に、Windowsリソース保護が要求された操作を実行できなかったというエラーが発生するのはなぜですか? -破損、破損、または欠落しているファイル -SFCがwinsxsフォルダーにアクセスできない -損傷したハードディスクパーティション -破損したWindowsファイル -間違ったシステムアーキテクチャ [修正] Windowsリソース保護が要求された操作を実行できなかった 方法1:Windowsチェックディスクを実行する 1.Windowsキー+ Xを押して、 コマンドプロンプト(管理者) を選択します 。 2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。 CHKDSK C:/ R 3.次に、システムの再起動時にスキャンのスケジュールを設定するよう求められるので、 Y と入力してEnterキーを押します。 4. PCを再起動し、チェックディスクスキャンが完了するまで待ちます。 注: ハード

続きを読みます
Windows 10がアップデートをダウンロードまたはインストールしない問題を修正

Windows 10がアップデートをダウンロードまたはインストールしない問題を修正

Windows 10が更新をダウンロードまたはインストールしないように修正します。Windows10 はこれまでで最も洗練された最新バージョンのMicrosoft OSですが、問題が発生しないわけではありません。 実際、ユーザーはWindowsの更新が行き詰まっていることについて不満を抱いています。 現在、更新はWindows OSエコシステムの非常に重要な部分であり、Windows 10以降、更新は必須であり、それらは時々自動的にダウンロードおよびインストールされます。 Windowsアップデートは、インストールするかどうかに関係なく、自動的にダウンロードおよびインストールされます。 Windowsの更新についてできる唯一のことは、更新のインストールを少し遅らせることができるということです。 しかし、ユーザーが直面している問題は、更新の一部がダウンロードされるのを待っている間、Windowsの更新が継続的に蓄積され、一方で多くのものがインストールされるのを待っていることです。 しかし、ここでの問題は、それらのどれも実際にインストールまたはダウンロードされていないことです。 Windows 10のアップデートがダウンロードまたはインストールされないのはなぜですか? この問題は、インターネット接続が遅いまたは不十分である、システムファイルが破損している、SoftwareDistribu

続きを読みます
このアプリはWindows 10で開くことができません。

このアプリはWindows 10で開くことができません。

修正このアプリはWindows 10で開くことができません。 最近Windows 10にアップグレードした場合、Windowsストアとそのアプリでさまざまな問題が発生する可能性があります。 そのような問題の1つは、アプリをクリックしようとすると「このアプリを開くことができません」というエラーです。アプリウィンドウを読み込もうとしましたが、残念ながら表示されなくなり、代わりに上記のエラーメッセージが表示されます。 つまり、Windows 10アプリは開かず、エラーメッセージに表示されている[ストアに移動]ハイパーリンクをクリックしても、同じエラーメッセージが再び表示されます。 Windows 10でアラームと時計、電卓、カレンダー、メール、ニュース、電話、人物、写真などを開くときに問題が発生する可能性があります。これらのアプリを開こうとすると、「このアプリは開けません。 。 (アプリ名)ユーザーアカウント制御がオフになっている間は開くことができません。」 表示される可能性のある同様のエラーメッセージは、「UACが無効になっている場合、このアプリはアクティブ化できません。」です。 Windows 10アプリが開かない原因はさまざまですが、ここではそれらのいくつかをリストしました。 破損したWindowsアプリストア 期限切れのWindowsストアライセンス Windows Updateサ

続きを読みます
Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法

Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法

Windows 10からNortonを完全にアンインストールする方法: Norton Antivirusをインストールしている場合、ほとんどのウイルス対策ソフトウェアのように、システムからNorton Antivirusをアンインストールするのに苦労するでしょう。Nortonは、たとえあなたがプログラムと機能からアンインストールしました。 ほとんどの人はウイルス、マルウェア、ハイジャックなどの外部の脅威からPCを保護するためにこれらのウイルス対策プログラムをダウンロードしますが、システムからこれらのプログラムを削除するのは大変な作業です。 古いアンチウイルスの残りがシステムに残っているため、別のアンチウイルスソフトウェアをインストールしようとすると、主な問題が発生します。 すべてのファイルと構成を削除するために、コンピュータ上のすべてのノートン製品をアンインストールするためのノートン削除ツールと呼ばれるツールが特別に開発されました。 ですから、時間を無駄にすることなく、以下のガイドを参考にして、Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法を見てみましょう。 Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 1. Windowsキー+ Qを押してWindows Searchを起動し

続きを読みます
イコライザーを備えたWindows 10向けの5つの最高の音楽プレーヤー

イコライザーを備えたWindows 10向けの5つの最高の音楽プレーヤー

Windows 10向けの最高の音楽プレーヤーアプリ: 長時間働いている間、人々は心を落ち着かせ、少しの安らぎを提供できるものを探します。 人々が機嫌が悪いとき、彼らは彼らのように気を散らすことができる方法を探し、緊張からの解放を提供するということに同意しますか? そして、このようなことを考えるとき、まず頭に浮かぶのは「音楽」です。 音楽はあなたの心を若返らせ、ストレスを減らすためにそれを落ち着かせる最良の方法です。 音楽を聴きたいときにPCを開いたら、音楽を演奏できる最高のプラットフォームを探して、それがあなたに計り知れない体験を与えるでしょう。 しかし、Windowsは広大なプラットフォームであり、すべてに対応する膨大な数のアプリが付属していることを知っているため、音楽愛好家には多くの選択肢があります。 しかし、同じコインの反対側では、何が最良のアプリとして選ばれるべきかについての混乱が原動力となっています。 仮想市場では多くの音楽アプリを利用でき、アプリごとに用途や要件が異なります。 中には無料のものもあれば、ポケットをひっくり返す必要があるものもあります。 Windows 10のプレインストールされた音楽プレーヤー Windows 10には、Windows Media Player、Groove Musicなど、独自の無料のmp3音楽プレーヤーがいくつか付属しています。これら

続きを読みます
Firefoxの黒い画面の問題を修正する方法

Firefoxの黒い画面の問題を修正する方法

Firefoxのブラックスクリーンの問題を修正する方法: Mozilla Firefoxでブラウジングしているときにブラックスクリーンに直面しているユーザーの場合、Firefoxの最近のアップデートのバグが原因で発生するので心配しないでください。 Mozillaは最近、メイン画面合成オフ(OMTC)と呼ばれる新機能が原因であるブラックスクリーンの問題の原因を説明しました。 この機能により、短時間のブロックでビデオとアニメーションをスムーズに実行できます。 一部の場合の問題は、古いまたは破損したグラフィックカードドライバー、Firefoxのハードウェアアクセラレーションなどが原因で発生することもあります。時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを参考にして、Firefoxのブラックスクリーンの問題を修正する方法を見てみましょう。 Firefoxの黒い画面の問題を修正する方法 続行する前に、完全に明確な閲覧データを確認してください。 また、何か問題が発生した場合に備えて、復元ポイントを作成します。 方法1:ハードウェアアクセラレーションを無効にする 1.Firefoxを開き、アドレスバーに「 about:preferences 」と入力し(引用符は不要)、Enterキーを押します。 2. [パフォーマンス]までスクロールし、[ 推奨パフォーマンス設定を使用する] チェ

続きを読みます
コンピューター上のPUBGクラッシュを修正する7つの方法

コンピューター上のPUBGクラッシュを修正する7つの方法

PCでの PUBG クラッシュの修正: PlayerUnknownのバトルグラウンド(PUBG)は、100人のプレーヤーが島にパラシュートで落下し、さまざまな武器や装備を探して収集し、他の人を殺して他人を殺さないようにするオンラインバトルロイヤルゲームです。 マップには安全エリアがあり、プレーヤーは安全エリア内にいる必要があります。 ゲームのマップのこの安全な領域は、時間とともにサイズが小さくなり、プレイヤーはより狭いスペースでより緊密な戦闘を行う必要があります。 セーフエリアサークルに最後に立ったプレーヤーまたはチームがラウンドに勝利します。 PUBG(PlayerUnknown's Battlegrounds)は現在流行しているゲームの1つであり、Windows、Android、Xboxなどのほぼすべてのプラットフォームで利用できます。PUBGの有料バージョンをお持ちの場合は、Steamを使用してPCでPUBGを簡単にプレイできますが、コンピュータでPUBGを無料でプレイしたい場合は、PCでAndroidエミュレータを使用する必要があります。 ユーザーがコンピューターまたはPCでPUBGをプレイしているときに直面する多くの問題があります。 PCでPUBGを再生しているときに、ユーザーは次のようなエラーに直面します。 PLAYERUNKOWNS BATTLEGROUNDSの

続きを読みます
Android.Process.Mediaが停止エラーを修正する方法

Android.Process.Mediaが停止エラーを修正する方法

Androidは間違いなく最も人気のあるオペレーティングシステムの1つです。 非常に便利なユーザーインターフェイスと多種多様な機能とアプリケーションで知られています。 ほとんどの携帯電話でよく使われているOSですが、独自の問題があります。 Androidユーザーは、予期せぬエラーやポップアップに何度も直面し、そのうちの1つは「 残念ながら、プロセスandroid.process.mediaが停止しました 」というエラーです。 スマートフォンでこのエラーが発生している場合は、この記事を読んで、いくつかの修正方法を見つけてください。 android.process.mediaがエラーを停止したのには多くの理由が考えられます。 これらのいくつかは: メディアストレージとダウンロードマネージャーの問題。 アプリがクラッシュします。 悪意のある攻撃。 カスタムROMから別のROMへの操作が間違っています。 電話でのファームウェアのアップグレードの失敗。 このエラーを解決するために使用できるいくつかの便利なトリックと方法を次に示します。 問題の修正に進む前に、Android

続きを読みます
YouTubeビデオをロードするがビデオを再生しないのを修正

YouTubeビデオをロードするがビデオを再生しないのを修正

YouTube動画の読み込みを修正して動画を再生しない: YouTubeの動画を開いても動画が完全に読み込まれても動画が再生されないという問題が発生している場合は、今日は修正方法を確認するので心配しないでくださいこの問題。 YouTube動画の読み込みは一般的な問題ですが、Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safariなどでは再生されません。 適切なインターネット接続がない、プロキシ設定が正しくない、ビットレートの問題、Adobe Flash Playerの破損、日付と時刻の設定が正しくない、ブラウザのキャッシュとCookieなど、この問題が発生する理由はいくつか考えられます。時間を無駄にせずに、以下のトラブルシューティングガイドを利用して、YouTube動画の読み込みを再生しても動画を再生できない問題を修正する方法をご覧ください。 YouTubeビデオをロードするがビデオを再生しないのを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 注: これらのGoogle Chromeの特定の手順は 、Firefox、Opera、Safari、Edgeなど、使用しているブラウザーの手順に従う必要があります。 方法1:正しい日付と時刻を設定する 1.タスクバーの 日付と時刻 を右クリックして、「 日付と時刻の 調整 」を選択します。 2

続きを読みます
NVIDIAコントロールパネルが開かない問題を修正

NVIDIAコントロールパネルが開かない問題を修正

NVIDIAコントロールパネルが開かない問題を修正: PCにNVIDIAグラフィックカードがインストールされている場合、3D設定やPhysX構成などの設定を変更できるNVIDIAコントロールパネルについて間違いなく知っています。ただし、NVIDIAを開くことができない場合はどうなりますか?コントロールパネルのこの投稿は、NVIDIAコントロールパネルが開かないという特定の問題を修正するためのものです。 主な問題は、NVIDIAコントロールパネルが開かないために破損または古いグラフィックカードドライバーにあります。 修正は簡単で、グラフィックカードドライバを手動で再インストールする必要がありますが、これで問題が修正されるかどうかは不明です。 ユーザーごとにPC構成が異なるため、問題を解決するために別の方法を試す必要がある場合があります。 それでは、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを利用して、NVIDIAコントロールパネルが開かない、または機能しない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 NVIDIAコントロールパネルが開かない問題を修正 方法1:NVIDIAグラフィックカードドライバーを更新する 1. Windowsキー+ Rを 押してから 、「 devmgmt.msc 」と入力し(引用符は不要)、 Enter キーを押してデバイスマネー

続きを読みます
DNSサーバーが利用できないエラーを修正する

DNSサーバーが利用できないエラーを修正する

DNSサーバーが使用できないエラーを修正する: インターネットにアクセスできないか、ブラウザーでWebページまたはWebサイトにアクセスできない場合、次の論理的な手順は、Windowsネットワーク診断トラブルシューティングを実行することです。 「 DNSサーバーが利用できない可能性があります 」というエラーメッセージ。 このエラーメッセージが表示されている場合は、心配しないでください。今日この問題を修正する方法を説明します。 Windows 10では、最近、サウンド、グラフィックス、インターネット接続など多くの問題があり、この問題はそれらと同じです。 ただし、この場合は、DNSの問題が原因でインターネットにアクセスできません。DNSの問題はできるだけ早く修正する必要があります。 以下の理由により、「DNSサーバーが使用できない可能性があります」というエラーが発生する場合があります。 DNSサーバーが応答しない DNSサーバーで問題が発生している可能性があります DNSサーバーがダウンしている可能性があります。 DNSサーバーは利用できません DNSサーバーがタイムアウトしました DNSサーバーが切断されました DNSサーバーが見つかりません DNSサーバーが見つかりませんでした 上記のエラーの原因は、DNSサーバーのアドレス構成が正しくない、ネットワーク接続の誤動作、TCP / IP

続きを読みます
Windows 10でタッチパッドが機能しない

Windows 10でタッチパッドが機能しない

タッチパッドがWindows 10で機能しない問題を修正: 最近Windows 10にアップグレードした場合、タッチパッドが機能せず、システムで何も参照できないという問題が発生している可能性があります。 Windows 10はそれ自体を作成するのではなく、以前のバージョンのWindowsの問題を修正することを約束しているため、これは苛立たしい問題です。 ウィンドウが以前のバージョンのドライバーを更新されたバージョンに置き換えた可能性があるため、主な問題はドライバーの競合であるようです。 つまり、一部のドライバはこのバージョンのWindowと互換性がなくなり、タッチパッドが機能しないという問題が発生する可能性があります。 これは広範囲にわたる問題のようであり、ユーザーは問題を修正するために多くのことを試みましたが、まだ有効な解決策がないため、このすべての努力は無駄です。 しかし、心配する必要はありません。トラブルシューティングツールを使用して、慎重に作成されたガイドで問題を修正してください。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを使用して、タッチパッドが実際にWindows 10で機能しない問題を修正する方法を見てみましょう。 Windows 10でタッチパッドが機能しない[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイント

続きを読みます
Windows 10でCDまたはDVDドライブがディスクを読み取らないのを修正

Windows 10でCDまたはDVDドライブがディスクを読み取らないのを修正

Windows 10でCDまたはDVDドライブ がディスクを読み取らないのを 修正する: 最近Windows 10にアップグレードした場合、CDまたはDVDがディスクを読み取れず、DVDドライブを修復または交換する必要があるというこの問題に直面する可能性があります。 まあ、このエラーを簡単に解決できる多くの修正があるので、それを置き換える必要はありません。今日は、この問題を修正する方法について説明します。 この問題の特定の原因はありませんが、互換性のないドライバー、破損または古いドライバーなどが原因である可能性があります。そのため、時間を無駄にすることなく、以下の助けを借りて、Windows 10でCDまたはDVDドライブがディスクを読み取らないように修正する方法を見てみましょう-記載されているトラブルシューティングガイド。 Windows 10でCDまたはDVDドライブがディスクを読み取らないのを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:CDまたはDVDドライブのドライバーをロールバックする 1. Windowsキー+ Rを 押し 、次に devmgmt.msc と入力してEnterキーを 押し ます。 2. DVD / CD-ROMドライブを展開し、CD / DVDドライブを右クリックして[ プロパティ] を選択し ます。 3.ドライバー

続きを読みます
Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったのを修正する

Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったのを修正する

Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかった問題を修正する: 管理者以外のアカウントにログインしようとしたときに上記のエラーが発生した場合は、この問題を修正する方法について本日説明します。 このエラーは、管理者以外のユーザーをWindowsにログインしようとしたときに、グループポリシークライアントサービスが失敗したことを明確に示しています。 管理者アカウントを使用しても、そのようなエラーは発生せず、ユーザーはWindows 10に簡単にログインできます。 標準ユーザーがWindowsにログインしようとするとすぐに、エラーメッセージが表示されます」Windowsはグループポリシークライアントサービスに接続できませんでした。 システム管理者にご相談ください。」 管理者はシステムにログインし、イベントログを表示してエラーをよりよく理解できるため、システム管理者に相談してください。 主な問題は、標準ユーザーがログインしようとしたときにグループポリシークライアントサービスが実行されていないため、エラーメッセージが表示されるようです。 管理者はシステムにログインできますが、通知に「Windowsサービスに接続できませんでした」というエラーメッセージが表示されます。 Windowsはgpsvcサービスに接続できませんでした。 この問題により、標準ユーザーはサインインできな

続きを読みます
Chromeが開かない、または起動しない

Chromeが開かない、または起動しない

Chromeが開かない、または起動しない問題を修正する: Chromeを開くときに問題が発生するか、Chromeアイコンを起動しても何も起こらない場合は、プラグインが破損しているか互換性がないためにこの問題が発生している可能性があります。 簡単に言うと、Google Chromeは開かず、タスクマネージャープロセスのchrome.exeだけが表示されますが、Chromeウィンドウは表示されません。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、Chromeが開かない、または起動しない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 Chromeが開かない、または起動しない[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:PCを再起動してからChromeを再起動する 最初の簡単な修正は、PCを再起動してから、Chromeのインスタンスが実行されていない

続きを読みます
Bluetooth周辺機器ドライバが見つからないというエラーを修正する

Bluetooth周辺機器ドライバが見つからないというエラーを修正する

Bluetooth周辺機器ドライバーが見つからないというエラーを修正: BluetoothデバイスをWindows 10 PCに接続しようとすると、「 Bluetooth周辺機器ドライバーが見つかりません 」というエラーメッセージが表示される場合があります。 このエラーメッセージの主な原因は、Bluetoothデバイスの古い、互換性のない、または破損したデバイスドライバーです。 このエラーメッセージにより、新しいBluetoothデバイスをPCに追加できなくなり、携帯電話、ワイヤレスマウス、キーボードなどのBluetooth対応デバイスをコンピューターで使用できなくなります。 この問題を解決するには、Bluetoothデバイスのデバイスドライバーを再インストールする必要があります。 これを行うには、ドライバーを手動でインストールするか、製造元のWebサイトから最新のドライバーをダウンロードします。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルの助けを借りて、Bluetooth周辺機器ドライバーが見つかりませんというエラーを修正する方法を見てみましょう。 Bluetooth周辺機器ドライバが見つからないというエラーを修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Bluetoothデバイスドライバーを手動で更新する 1. Window

続きを読みます
Windows 10で画面の解像度を変更できない問題を修正

Windows 10で画面の解像度を変更できない問題を修正

Windows 10で画面解像度を変更できない問題を修正: Microsoftの新しいWindows 10では、ユーザーがデスクトップの画面解像度を変更できないという典型的な問題があるようです。 画面が基本解像度でフリーズし、Windows 10の画面解像度設定に移動すると、グレー表示されているように見えるため、設定を変更できません。 この問題の主な原因は、Windowsと競合して問題を引き起こしていると思われる互換性のない、または古いディスプレイドライバーにあるようです。 PCの画面解像度を制御できず、ほとんどの人が以前のビルドのWindowsに戻っているため、このエラーは迷惑です。 ありがたいことに、以下のトラブルシューティングガイドにすべての可能な修正がリストされているため、これを行う必要はありません。 Windows 10で画面の解像度を変更できない問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:ディスプレイドライバーを更新する 1. Windowsキー+ Rを 押してから 、「 devmgmt.msc 」と入力し(引用符は不要)、 Enter キーを押してデバイスマネージャを開きます。 2.次に、[ ディスプレイアダプター ]を展開し、Nvidiaグラフィックカードを右クリックして[ 有効 にする]を選択します 。 3.もう一度これ

続きを読みます
Windows 10でバックスペースが機能しない問題を修正

Windows 10でバックスペースが機能しない問題を修正

Windows 10でバックスペースが機能しない問題を修正: 多くのユーザーが、キーボードキーの一部、特にバックスペースキー が機能しなくなる この問題に直面しています。 また、Backspaceキーがなければ、ユーザーはPCを使用するのに苦労しています。 プレゼンテーション、ドキュメントを作成する、または多数の記事を書く必要があるOfficeユーザーにとって、これはユーザーにとって悪夢です。 多くのユーザーは、この問題はキーボードの不具合が原因であると常に想定していますが、実際の理由は、破損したドライバ、互換性のないドライバ、または古いドライバが原因である可能性があります。 マルウェア、スティッキーキーなどの他の原因も考えられるため、時間を無駄にすることなく、Windows 10でバックスペースが機能しない問題を修正する方法を見てみましょう。 Windows 10でバックスペースが機能しない問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:固定キーとフィルターキーをオフにする スティッキーキーとフィルターキーは、Windows OSの2つの新しい使いやすさの機能です。 スティッキーキーを使用すると、ショートカットを適用するときに一度に1つのキーを使用できます。 この場合も、フィルターキーは、ユーザーの短いまたは繰り返しのキーストロークを無視す

続きを読みます
Windows 10で認識されないUSBデバイスを修正する

Windows 10で認識されないUSBデバイスを修正する

Windows 10で認識されないUSBデバイスを修正する[解決済み]: 今日、USBデバイスをPCに接続しているときに、「 USBデバイスが認識されませんエラーコード43(USBデバイスが誤動作しています) 」という エラーが表示されます 。 まあ、これは単にWindowsがデバイスを検出できなかったこと、つまりエラーが発生したことを意味します。 これは私たちの多くが直面しなければならない一般的な問題であり、特定の修正はありません。そのため、他の誰かのために機能する方法はあなたのために機能しないかもしれません。 そして個人的には、USBデバイスが認識されないエラーを修正したい場合は、このエラーを修正するために検索エンジンの何百ものページをクロールする必要がありますが、運が良ければここで終了し、 USBデバイスが認識されない ことを間違いなく修正し ますWindows 10エラーで。 PCによっては、次のエラーメッセージが表示されます。 USBデバイスが認識されません デバイスマネージャーで認識されないUSBデバイス USBデバイスドライバソフトウェアは正常にインストールされませんでした 問題が報告されたため、Windowsはこのデバイスを停止しました。(コード43) プログラムがまだ使用しているため、Windowsは「汎用ボリューム」デバイスを停止できません。 このコンピュータに接

続きを読みます
このデバイスが正しく構成されていないことを修正する(コード1)

このデバイスが正しく構成されていないことを修正する(コード1)

このデバイスが正しく構成されていない(コード1)を修正する: デバイスマネージャーのエラーコード1は、通常、破損または古いデバイスドライバーが原因で発生します。 新しいデバイスをPCに接続してエラーコード1が表示される場合は、Windowsが必要なドライバーをロードできなかったことを意味します。 「 このデバイスは正しく構成されていません 。」というポップアップエラーメッセージが表示されます。 このエラーのトラブルシューティングを行い、実際に問題を解決する方法を見てみましょう。 したがって、時間を無駄にすることなく、このエラーを修正する方法を見てみましょう。 このデバイスが正しく構成されていないことを修正する(コード1) PCに変更を加える前に、問題が発生した場合に備えて復元ポイントを作成することをお勧めします。 方法1:このデバイスのドライバーを更新する 1. Windowsキー+ Rを押してから「 devmgmt.msc 」と入力し、 Enter キーを押してデバイスマネージャーを開きます。 2.問題のあるデバイスドライバー( 黄色の感嘆符が付いている ) を 右クリックし、[ デバイスドライバーの更新] を選択し ます。 3.「 更新されたドライバソフトウェアを自動的に検索 する」を選択して、プロセスを終了します。 4.グラフィックカードを更新できなかった場合は、 [ドライバー

続きを読みます
Steamui.dllの読み込みに失敗したSteamエラーの修正

Steamui.dllの読み込みに失敗したSteamエラーの修正

Steamエラーの修正に失敗しました。steamui.dllの 読み込みに失敗しました。「Steamui.dllの読み込みに失敗しました」というエラーメッセージが表示されるため、Steamの起動時に問題が発生します。 現在、多くのウェブサイトがサードパーティから.dllファイルをダウンロードするソリューションとしてリストしていますが、ほとんどの場合、これらのファイルにはシステムに害を及ぼすウイルスやマルウェアが含まれているため、この修正は推奨されません。 この問題を解決するには、steamui.dllを再登録するか、Steamを完全に再インストールする必要があります。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティ

続きを読みます
アクセス制限または接続なしのWiFiの問題を修正する方法

アクセス制限または接続なしのWiFiの問題を修正する方法

アクセス制限または接続なしのWiFiの問題を修正する方法: WiFiネットワークの横に 「接続制限」の 記号がある場合、それはネットワークに接続しているがインターネットにアクセスできないことを意味します。 この問題の主な理由は、DHCPサーバーが応答していないことです。 DHCPサーバーが応答しない場合、DHCPサーバーはIPアドレスを割り当てることができなかったため、コンピューターは自動的にIPアドレスを自分に割り当てます。 そのため、 「接続が制限されているか接続されていません」エラーです。 アクセスの制限またはWiFi接続の問題を修正します。 方法1:ネットワークトラブルシューティングツールを実行する 1.ネットワークアイコンを右クリックして、[ 問題のトラブルシューティング ]を選択します 。 2.画面の指示に従ってください。 3.Windows キー+ W を押して 「トラブルシューティング」 と入力し、Enter キーを 押し ます 。 4.そこから「 ネットワークとインターネット 」を選択します 。 」 5.次の画面で、[ ネットワークアダプター ]をクリックします 。 6.画面の指示に従って問題を修正します。 方法2:TCP / IPをリセットしてみます 1.Windowsボタンを右クリックし、 「コマンドプロンプト(管理者)」 を選択します 。 2.次のコマンドを入

続きを読みます
Windows 10が起動時にフリーズする

Windows 10が起動時にフリーズする

起動時のWindows 10フリーズの修正: Windows 10にアップグレードした後、ユーザーはさまざまな問題に直面する必要があります。ほとんどの問題は簡単に修正できますが、深刻なトラブルシューティングが必要な主な問題の1つは、起動時または起動時にWindows 10がフリーズすることでした。この問題の唯一の解決策は、電源ボタンを押し続けてシステムをシャットダウン(ハードリブート)することです。 起動時にWindows 10がランダムにクラッシュする特定の原因はありません。 一部のユーザーはWindows 7または8を再インストールして問題が解決しましたが、Windows 10をインストールするとすぐに問題が再び表面化しました。 明らかに、これはドライバーの問題のようです。Windows7向けのドライバーは明らかにWindows 10と互換性がなくなり、システムが不安定になります。 最も一般的に影響を受けるデバイスは、多くのシステムでこの問題を引き起こしていると思われるグラフィックカードですが、それが他のすべてのユーザーの原因であるとは限りませんが、最初にトラブルシューティングしても安全です。 Windows 10のクリーンインストールはほとんどのユーザーに役立ちませんでしたが、再び正方形に戻る可能性があるため、まず問題のトラブルシューティングを行ってから、この方法を試してみまし

続きを読みます
Windows 10にGoogleアシスタントをインストールする方法

Windows 10にGoogleアシスタントをインストールする方法

Windows 10にGoogleアシスタントをインストールする方法: Googleアシスタントは、AIアシスタントの市場に参入するために、GoogleによってAndroidデバイスに展開された仮想パーソナルアシスタントです。 今日のところ、Siri、Amazon Alexa、Cortanaなどの最高のものであると主張する多くのAIアシスタントがいますが、Googleアシスタントは市場で入手可能な最高のものの1つです。 Googleアシスタントの唯一の問題は、PCでは使用できず、モバイルデバイスとスマートホームデバイスでしか使用できないことです。 PCでGoogleアシスタントを利用するには、現在PCで利用できる唯一の方法であるコマンドラインの手順に従う必要があります。 とにかく、時間を無駄にせずに、以下にリストされたガイドの助けを借りて、Windows 10でGoogleアシスタントを入手する方法を見てみましょう。 Windows 10にGoogleアシスタントをインストールする方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 前提条件: 1.PCにPythonをダウンロードするだけです。 2.リンクからPython 3.6.4をダウンロードし、python-3.6.4.exeをダブルクリックしてセットアップを実行します。 3.「 Python 3.6をP

続きを読みます
Windowsプロダクトキーを見つける3つの方法

Windowsプロダクトキーを見つける3つの方法

Windowsプロダクトキーを見つける3つの方法: Microsoftオペレーティングシステムをアクティブ化する場合、Windowsプロダクトキーは不可欠ですが、MicrosoftからOSを購入したときにプロダクトキーを受け取りますが、時間の経過とともにキーを失うことはかなり一般的な問題です。ユーザーが関係することができます。 Windowsのアクティブ化されたコピーが既にある場合でも、プロダクトキーを紛失した場合の対処方法。何か問題が発生し、Windowsの新しいコピーをインストールする必要がある場合に備えて、プロダクトキーを用意する必要があります。 とにかく、マイクロソフトは常にこのプロダクトキーをレジストリに格納しているため、ユーザーは1つのコマンドで簡単に取得できます。 そして、キーを入手したら、そのキーを紙に書き、将来の使用に備えて安全に保管できます。 また、最近PCを購入した場合は、システムがキーで事前にアクティブ化されているため、プロダクトキーを取得できません。このガイドは、プロダクトキーの取得に役立ちます。 したがって、時間を無駄にすることなく、コマンドプロンプトを使用してWindowsプロダクトキーを見つける方法を見てみましょう。 Windowsプロダクトキーを見つける3つの方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:コマンド

続きを読みます
物理メモリダンプエラーを修正する6つの方法

物理メモリダンプエラーを修正する6つの方法

物理メモリダンプエラーの修正:物理メモリのダンプの 開始は、ブルースクリーンオブデス(BSOD)エラーです。これは、システムにアクセスできないというSTOPエラーです。 PCを再起動するたびに、このBSODエラーループが発生し、主な問題は、システムに存在するデータやファイルにアクセスできないことです。 物理メモリダンプエラーは次のようになります。 物理メモリのダンプの開始物理メモリのダンプが完了しました。 詳細については、システム管理者またはテクニカルサポートグループにお問い合わせください。 またはクラッシュダンプ用のデータの収集クラッシュダンプ用のディスクの初期化物理メモリのダンプの開始物理メモリのディスクへのダンプ:5 メモリダンプは、アプリケーションまたはシステムがクラッシュした場合にメモリの内容が表示および保存されるプロセスです。 物理メモリダンプエラーの原因としては、システムファイルの破損、ハードディスクの破損、RAMの破損、ハードウェアとソフトウェアの互換性などが考えられます。 物理メモリダンプエラーの修正 方法1:Windows診断を実行する ハードウェアが故障していないことを確認するには、Windows診断を実行する必要があります。 ハードディスクが損傷または破損している可能性があります。その場合は、以前のHDDまたはSSDを新しいものと交換し、Windowsを再イン

続きを読みます
Windows 10でMSVCR120.dllが見つからないのを修正

Windows 10でMSVCR120.dllが見つからないのを修正

Windows 10でMSVCR120.dllが見つからないのを修正: エラーメッセージが表示されている場合「 コンピューターにMSVCR120.dllがないため、プログラムを開始できません。 プログラムを再インストールして、この問題を修正してください。 アプリケーションを起動しようとすると、MSVCR120.dllがコンピューターから欠落しており、この問題を解決するにはMSVCR120.dllをインストールする必要があります。 これは、Windows 10で特定のゲームまたはアプリケーションを実行しようとしたときに発生する一般的な.dllエラーの1つです。 PCの構成によっては、次のエラーメッセージが表示される場合もあります。「MSVCR120.dllが見つからなかったため、このアプリケーションを開始できませんでした。 アプリケーショ

続きを読みます
Windows 10でメモリダンプファイルを読み取る方法

Windows 10でメモリダンプファイルを読み取る方法

Windows 10でメモリダンプファイルを読み取る方法: PCが最近クラッシュした場合、クラッシュの原因を一覧表示するブルースクリーン(BSOD)に直面している必要があります。その後、突然PCがシャットダウンします。 現在、BSOD画面は数秒間しか表示されず、その時点でのクラッシュの理由を分析することはできません。 ありがたいことに、Windowsがクラッシュすると、Windowsがシャットダウンする直前のクラッシュに関する情報を保存するために、クラッシュダンプファイル(.dmp)またはメモリダンプが作成されます。 BSOD画面が表示されるとすぐに、Windowsはクラッシュに関する情報をメモリから「MiniDump」と呼ばれる小さなファイルにダンプします。このファイルは通常、Windowsフォルダーに保存されます。 この.dmpファイルは、エラーの原因のトラブルシューティングに役立ちますが、そのためには、ダンプファイルを分析する必要があります。 ここで注意が必要になります。Windowsには、このメモリダンプファイルを分析するためのプレインストールツールはありません。 これで、.dmpファイルのデバッグに役立つさまざまなツールがありますが、BlueScreenViewツールとWindowsデバッガツールの2つのツールについて説明します。 BlueScreenViewを使用してPC

続きを読みます
Windows 10でのブートエラー0xc0000098

Windows 10でのブートエラー0xc0000098

[解決しよう] Windows 10でのブートエラー0xc0000098:ブートエラー0xc0000098 の主な原因は、ブート構成データ(BCD)の破損です。 これは、BCDファイルにエントリが含まれていないため、Windowsがオペレーティングシステムをロードできなかったことを意味します。 起動エラー0xc0000098はブルースクリーンの死(BSOD)エラーです。これは、コンピューターが突然再起動し、PCを起動できなくなることを意味します。 PCとその上のすべてのファイルにアクセスできないため、これは致命的なエラーですが、この問題を解決するために別の方法がリストされていることを心配しないでください。 このエラーを解決するBCDを再構築し、通常通りPCにアクセスします。 [解決しよう] Windows 10でのブートエラー0xc0000098 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたガイドの助けを借りて、Windows 10でブートエラー0xc0000098を修正する方法を見てみましょう: 方法1:自動/スタートアップ修復を実行する 1. Windows 10の起動可能なインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。 2.任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、任意のキーを押して続行します。 3.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。

続きを読みます
Windows Updateデータベース破損エラー

Windows Updateデータベース破損エラー

Windows Updateデータベース破損エラーの修正: Windows 10の更新中に更新がスタックするか、Windows Updateデータベース破損エラーが原因でWindowsを更新できなくなります。 このエラーは、ウィンドウアップデートのトラブルシューティングを実行している場合にのみ確認できますが、場合によっては、トラブルシューティングでWindowsアップデートに関連するすべての問題を修正できますが、この特定のケースでは、潜在的なWindowsアップデートデータベースエラーが検出されたが、 [修正の適用]をクリックすると、この問題を修正できず、しばらく実行すると「修正されていません」が返されます。 新しい更新プログラムをダウンロードできない場合、PCがセキュリティの脅威やマルウェアに対して脆弱になる可能性があるため、このWindows Updateの問題をできるだけ早く修正することが非常に重要です。 そして、時間を無駄にすることなく、このエラーを修正する方法を見てみましょう。 Windows Updateデータベース破損エラー[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Windows Updateトラブルシューティングツールを実行する 1. Windowsの検索バーに「トラブルシューティング」と入力し、[ トラブルシューティ

続きを読みます
Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正

Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正

Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正: 最近Windows 10に更新した場合、ラップトップのキーボードが応答せず、マウスタッチパッドの場合も同様です。 場合によっては、USBマウスにも問題が発生しますが、通常、タッチパッドとキーボードが機能しなくなった場合でも、ユーザーは引き続きUSBマウスを使用できます。 さて、この問題は、破損したドライバ、古いドライバ、または互換性のないドライバ、ハードウェアの問題、WindowsがシステムのUSBポートをオフにする、高速起動の問題など、さまざまな理由で発生する可能性があります。 原因は、実際にはユーザーのシステム構成と環境に依存し、あるユーザーではうまくいくかもしれないが別のユーザーではうまくいかないかもしれないため、この問題を解決するために徹底的なガイドをまとめました。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを利用して、Windows 10でキーボードが機能しない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 プロのヒント: キーボードのWindowsキー+スペースを押すだけで、この問題を解決してください。 Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 次の方法は、 タッチパッドまたはU

続きを読みます
デスクトップウィンドウマネージャーの高CPU(DWM.exe)を修正する

デスクトップウィンドウマネージャーの高CPU(DWM.exe)を修正する

デスクトップウィンドウマネージャーのCPU使用率が高いですか? デスクトップウィンドウマネージャーは、基本的にデスクトップの視覚効果の管理を担当します。 最新のWindows 10に関しては、高解像度のサポート、3Dアニメーション、その他すべてを管理します。 このプロセスはバックグラウンドで実行され続け、一定量のCPU使用量を消費します。 それにもかかわらず、このサービスから高いCPU使用率を経験した一部のユーザーがいます。 ただし、この高いCPU使用率を引き起こすシステム構成にはいくつかの条件があります。 この記事では、デスクトップウィンドウマネージャーの高CPU使用率の問題を解決するためのいくつかの方法を紹介します。 このDWM.EXEは何をしますか? DWM.EXEは、透明度やデスクトップアイコンなどの視覚効果をWindowsで塗りつぶすことができるWindowsサービスです。 このユーティリティは、ユーザーがさまざまなWindowsコンポーネントを使用しているときにライブサムネイルを表示するのにも役立ちます。 このサービスは、ユーザーが高解像度の外部ディスプレイを接続するときにも使用されます。 DWM.EXEを無効にする方法はありますか? Windows XPやWindows Vistaなどの古いオペレーティングシステムでは、システムのビジュアルサービスをオフにする簡単な方法

続きを読みます
システム予約済みパーティションを更新できませんでした

システム予約済みパーティションを更新できませんでした

修正システムで予約されたパーティションを更新できませんでした: PCを新しいバージョンのWindowsに更新またはアップグレードしようとすると、このエラーが表示される可能性があります。 このエラーの主な原因は、ハードディスクのEFIシステム予約済みパーティションの空き容量が不足していることです。 EFIシステムパーティション(ESP)は、Unified Extensible Firmware Interface(UEFI)に準拠するWindowsによって使用されるハードディスクまたはSSD上のパーティションです。 コンピューターが起動すると、UEFIファームウェアはESPにインストールされているオペレーティングシステムやその他のさまざまなユーティリティをロードします。 Windows 10をインストールできませんでした システム予約済みパーティションを更新できませんでした この問題を修正する最も簡単な方法は、EFIシステムの予約済みパーティションのサイズを増やすことです。それが、この記事で教えることです。 システムで予約されたパーティションを更新できませんでした[解決しよう] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:MiniTool Partition Wizardを使用する 1.MiniTool Partition Wizardをダウンロードし

続きを読みます
Windowsの起動に失敗した問題を修正しました。 最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更が原因である可能性があります

Windowsの起動に失敗した問題を修正しました。 最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更が原因である可能性があります

Windowsの起動に失敗した問題を修正しました。 最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更が原因である 可能性があります。このエラーが発生している場合は、問題の原因となっている新しいハードウェアまたはソフトウェアをインストールした可能性があります。 最新のWindowsアップデートをインストールするとこの問題が発生するように見えることがありますが、問題のトラブルシューティングを行うまでわからないことがあります。 ソフトウェアの問題に関する限り、これらは考えられる理由かもしれません このエラーに直面している理由: 破損したBCD情報 システムファイルが破損しています SATA / IDEケーブルの緩みまたは不良 競合するサードパーティソフトウェア ウイルスまたはマルウェア 再起動後に発生するエラーは次のとおりです。 エラー:Windowsを起動できませんでした。 最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更により、Windows Updateのインストール後に問題が発生した可能性があります 主な問題は、Windowsを起動できず、このエラーメッセージ画面で立ち往生することです。 つまり、PCを再起動するたびに、問題を修正するまで同じエラーメッセージが表示されるため、再起動ループに陥ります。 それでは、時間を無駄にせずに、実際に「Windowsを起動できませんでした」を修正する方法を見

続きを読みます
Windows 10ファイルエクスプローラーがクラッシュする

Windows 10ファイルエクスプローラーがクラッシュする

[解決しよう] Windows 10のファイルエクスプローラーがクラッシュする:Windows 10 でファイルエクスプローラーがクラッシュするか、Windowsエクスプローラーがクラッシュし続ける問題に直面している場合(以前のバージョンのWindowsで)、ファイルエクスプローラーの設定を変更するだけで心配しないでください。この問題を修正します。 この問題には複数の修正があり、この問題を修正する前にすべてを試してみる必要があります。あるユーザーではうまくいくかもしれないが、別のユーザーではうまくいくとは限らないからです。 Windows 10でファイルエクスプローラーを開くたびに、ファイルエクスプローラーがクラッシュし続け、Windows 10のファイルエクスプローラーにアクセスできなくなります。 この問題は、最近Windows 10にアップグレードした人に共通の問題のようです。場合によっては、ファイルエクスプローラーがクラッシュするのは検索機能を使用している場合のみですが、ファイルまたはフォルダーを右クリックするだけでうまくいく場合もあります。 この問題につながると思われる特定の原因はありませんが、最近のソフトウェアまたはハードウェアのアップグレードがファイルエクスプローラーと競合している、Windows 10の設定が破損している、システムファイルが破損している、シェルの誤動作な

続きを読みます
Windows 10マウスのフリーズまたはスタックの問題を修正する

Windows 10マウスのフリーズまたはスタックの問題を修正する

Windows 10のマウスのフリーズまたはスタックの問題を修正する: 最近Windows 10にアップグレードした場合、マウスがフリーズするか、数分間スタックし、このために何もできないというこの問題に直面している可能性があります。 ときどきカーソルが数秒間遅れてから再び正常に戻りますが、これは非常に奇妙な問題です。 主な問題は、ドライバーがアップグレードされたバージョンのWindowsによって置き換えられ、Windows 10でカーソルが動かなくなる原因となる競合を引き起こす可能性があるため、アップグレード後に互換性がなくなった可能性のあるドライバーにあるようです。 ただし、Windows 10でのマウスのフリーズの問題は上記の説明に限定されず、まれに発生します。そのため、ユーザーがしばらくの間この問題に気付かない場合があり、そうした場合、この問題を修正するのは非常に困難になります。 この問題のすべての可能性を見てみましょう。時間を無駄にせずに、以下のトラブルシューティングガイドで実際にWindows 10マウスのフリーズまたはスタックした問題を修正する方法を見てみましょう。 Windows 10マウスのフリーズまたはスタックの問題を修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 カーソルまたはマウスがWindows 10で動かない場合、Window

続きを読みます
印刷スプーラーが停止し続けますか? これを修正する方法は次のとおりです!

印刷スプーラーが停止し続けますか? これを修正する方法は次のとおりです!

Windows 10で印刷スプーラーが停止し続けるのを修正: ドキュメントまたはファイルを印刷しようとしたときに「印刷スプーラーサービスが実行されていません」というエラーメッセージが表示された場合は、今日は心配する必要はありません。この問題を修正します。 このエラーが発生した後、印刷スプーラーサービスを開始しようとする場合がありますが、数秒後に自動的に停止することがわかります。 Windows 10で印刷スプーラーサービスがクラッシュし続けるようですが、問題を修正する前に、この印刷スプーラーが実際に何であるかを確認します。 印刷スプーラーとは何ですか? 印刷スプーラーは、ユーザーがプリンターに送信したすべての印刷ジョブの管理に役立つWindowsオペレーティングシステムに付属のユーティリティプログラムです。 印刷スプーラーは、Windowsがプリンターと対話するのを助け、キュー内の印刷ジョブを注文します。 印刷スプーラーサービスが実行されていない場合、プリンターは動作しません。 今、あなたはこのエラーの背後にある原因が何であるか疑問に思うかもしれませんか? さて、この問題に直面する理由はたくさんありますが、主な原因は古く、互換性のないプリンタードライバーにあるようです。 通常、印刷スプーラーサービスが機能しなくなった場合、ポップアップは表示されず、エラーメッセージや警告メッセージも表

続きを読みます
宛先フォルダーのアクセス拒否エラーを修正する方法

宛先フォルダーのアクセス拒否エラーを修正する方法

宛先フォルダへのアクセスが拒否されました。 このアクションを実行するためのアクセス許可が必要です: 通常、フォルダーまたはファイルを他の場所にコピーまたは移動しようとすると、エラーが発生します。 通常、この問題は「 所有権 」を利用できないことが原因で発生します。 このエラーの根本的な原因は、フォルダーまたはファイルの所有権が他のユーザーアカウントに存在していることです。 フォルダとファイルはアカウントで使用できますが、変更することはできません。 このような場合、所有権を現在のユーザーアカウントに変更すると、問題が解決します。 管理者であっても、システムファイルを削除または変更できないことにすぐに気付くでしょう。これは、WindowsシステムファイルがデフォルトでTrustedInstallerサービスによって所有されており、Windowsファイル保護によって上書きされないためです。 したがって、「アクセス拒否」エラーが発生します。 このアイテムを削除または変更できるように、アクセス拒否エラーを完全に制御できるようにするファイルまたはフォルダーの所有権を取得する必要があります。 これを行うと、アクセス権を持つセキュリティ権限が置き換えられます。 「 宛先フォルダへのアクセスが拒否されました 」を修正する方法を見てみましょう 。 このアクションを実行するには権限が必要です。」 宛先フォ

続きを読みます
Chromeでこのプラグインがサポートされていないエラーを修正する

Chromeでこのプラグインがサポートされていないエラーを修正する

Chromeでこのプラグインがサポートされていないエラーを修正する: Google Chromeで「 このプラグインはサポートさ れてい ません 」というエラーメッセージが表示された場合、これは、ロードしようとしているWebサイトまたはページに、ビデオやメディアの読み込みに失敗し、上記のエラーメッセージが表示されます。 このエラーは、ウェブページのメディアにChromeでサポートされていないビデオ形式がある場合に発生することがあります。 Google Chrome、Firefox、およびその他のブラウザーはNPAPIプラグインをサポートしなくなったため、アクセスしようとしているWebサイトがNPAPIプラグインを使用してビデオを表示すると、ビデオはロードされず、「これはプラグインはサポートされていません。 2015年以降、GoogleはChromeブラウザにHTML5を採用しており、これが ChromeがActive-Xプラグイン、Java、またはSilverlightをサポートしていない 理由 です。 したがって、パブリッシャーとして、HTML5をまだ使用していない多くのWebサイトがあり、コンテンツにアクセスするためになんらかのプラグインを必要とするメディアコンテンツを含むWebサイトがたくさんあると確信しています。 とにかく、時間を無駄にせずに、以下のチュートリアルの助けを借り

続きを読みます
ChromeのERR_INTERNET_DISCONNECTEDを修正

ChromeのERR_INTERNET_DISCONNECTEDを修正

ChromeでERR_INTERNET_DISCONNECTEDを修正: インターネットの閲覧中にGoogle ChromeでERR_INTERNET_DISCONNECTEDのエラーメッセージが表示される場合がありますが、これは一般的なネットワーク接続エラーであることを心配しないでください。問題を修正するためのさまざまな手順を示します。 ユーザーはまた、ブラウザーを開くたびにインターネット切断エラーが発生し、非常に煩わしいと報告しています。 これらはこのエラーが発生する理由に関してさまざまな理由です: 誤って構成されたLAN設定 アンチウイルスまたはファイアウォールによってブロックされたネットワーク接続 ネットワーク接続を中断するデータとキャッシュの閲覧 破損、互換性がない、または古いネットワークアダプタードライバー エラーメッセージ: インターネットに接続できません コンピュータがインターネットに接続されていないため、Google ChromeはWebページを表示できません。 ERR_INTERNET_DISCONNECTED 現在、これらはこのエラーが発生するいくつかの考えられる原因であり、上記のエラーを解決するためのさまざまな修正があります。 あるユーザーではうまくいくかもしれないが別のユーザーではうまくいかないかもしれないので、エラーを正常に修正するためにすべての方法を試す

続きを読みます
Windows 10で見つからないネットワークアダプターを修正する

Windows 10で見つからないネットワークアダプターを修正する

Windows 10で欠落しているネットワークアダプターを修正する: ネットワーク接続の下にワイヤレスアダプターが表示されない場合、デバイスマネージャーの下にネットワークアダプタータブがない場合、ネットワークアダプターが欠落しているか、Windows 10で検出されないようです。これは重大な問題であるため、問題が解決するまでインターネットにアクセスできません。 つまり、システムトレイの[ワイヤレス]アイコンをクリックしても、インターネットに接続するためのデバイスは表示されず、デバイスマネージャーを開くと、[ネットワークアダプター]タブは表示されません。 これらはこの問題によって引き起こされる問題です: デバイスマネージャーにネットワークアダプターがありません デバイスマネージャーにネットワークアダプターが表示されない ネットワークアダプターが検出されない ネットワークアダプターが見つかりませんWindows 10 デバイスマネージャーにネットワークアダプターがない この問題の主な原因は、古い、互換性がない、または破損しているネットワークアダプタードライバーのようです。 最近、以前のバージョンのWindowsからアップグレードした場合は、古いドライバーが新しいWindowsで動作しないため、問題が発生する可能性があります。 それでは、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラ

続きを読みます
WmiPrvSE.exeによる高いCPU使用率を修正する

WmiPrvSE.exeによる高いCPU使用率を修正する

WmiPrvSE.exeによる高CPU使用率の修正: WmiPrvSEは、Windows Management Instrumentation Provider Serviceの頭字語です。 Windows Management Instrumentation(WMI)は、エンタープライズ環境で管理情報と制御を提供するMicrosoft Windowsオペレーティングシステムのコンポーネントです。 WmiPrvSE.exeによってCPU使用率が高くなることがありますが、ウイルスやマルウェアではなく、WmiPrvSE.exeがマイクロソフト自体によって製造されているため、多くの人がウイルスであると信じています。 主な問題は、WmiPrvSE.exeが多くのシステムリソースを使用しているときに

続きを読みます
GDI +ウィンドウがシャットダウンの修正を妨げる

GDI +ウィンドウがシャットダウンの修正を妨げる

GDI +ウィンドウがシャットダウンを修正する問題を修正: グラフィックデバイスインターフェイスとWindowsアプリが、コンピューターのシャットダウンを阻止しています。 Windows GDI +は、Windowsオペレーティングシステムの一部であり、2次元のベクターグラフィックス、イメージング、タイポグラフィを提供します。 GDI +は、新しい機能を追加し、既存の機能を最適化することにより、Windowsグラフィックデバイスインターフェイス(GDI)(以前のバージョンのWindowsに含まれるグラフィックデバイスインターフェイス)を改善します。 また、GDIとWindowsアプリが競合して、エラー GDI + Windowがシャットダウンできない場合があります。 GDI +とは何ですか? GDIは、Windowsアプリケーションで提供される(WYSIWYG)機能を提供するためのツールでした。 GDI +は、GDIの拡張C ++ベースバージョンです。 グラフィックデバイスインターフェイス(GDI)は、Microsoft Windowsアプリケーションプログラミングインターフェイスであり、グラフィックオブジェクトを表現し、それらをモニターやプリンターなどの出力デバイスに送信するコアオペレーティングシステムコンポーネントです。 GDI +などのグラフィックデバイスインターフェイスを使用

続きを読みます