USBデバイスがエラーコード43を認識しない問題を修正

USBデバイスがエラーコード43を認識しない問題を修正

USBデバイスが認識されないエラーコード43を修正する: USBハードウェアまたはドライバーに障害が発生した場合、デバイスマネージャーに「USBデバイスが認識されないエラーコード43」というエラーメッセージが表示されることがあります。 エラーコード43は、ハードウェアまたはドライバーがWindowsに何らかの問題があることを報告したため、デバイスマネージャーがUSBデバイスを停止したことを意味します。 USBデバイスが認識されない場合、デバイスマネージャにこのエラーメッセージが表示されます。 問題が報告されたため、Windowsはこのデバイスを停止しました。 (コード43) 上記のエラーメッセージが表示された場合、USBデバイスを制御するUSB​​のドライバーの1つがWindowsにデバイスに何らかの障害が発生したことを通知しているため、デバイスを停止する必要があります。 このエラーはUSBドライバーの破損やドライバーキャッシュのフラッシュが原因で発生する可能性があるため、このエラーが発生する原因は1つではありません。 PCによっては、次のエラーメッセージが表示されます。 USBデバイスが認識されません デバイスマネージャーで認識されないUSBデバイス USBデバイスドライバソフトウェアは正常にインストールされませんでした 問題が報告されたため、Windowsはこのデバイスを停止しま

続きを読みます
Google Chromeでエラー接続がタイムアウトする問題を修正

Google Chromeでエラー接続がタイムアウトする問題を修正

Google Chromeでエラー接続がタイムアウトする問題を 修正 (Err_Connection_Timed_Out): 古いChrome、破損したファイル、DNSが応答しない、プロキシ設定が 不適切 など、Google Chromeを介してWebサイトにアクセスしたときにエラーメッセージが表示される理由はさまざまです。または、ホストファイル自体からの接続がブロックされている可能性があります。 ERR_CONNECTION_TIMED_OUT:このWebページは利用できませんエラーは、インターネット接続が制限されていることを意味します。 さて、この問題を簡単に解決する簡単なトラブルシューティング手順はほとんどないので、時間を無駄にせずに、Google Chromeでエラー接続タイムアウトの問題を修正する方法を見てみましょう。 システムに変更を加える前に、システムの復元ポイントを作成してください。 Google Chromeでエラー接続がタイムアウトする問題を修正 方法1:Windowsホストファイルを編集する 1. Windowsキー+ Qを押してから メモ帳 と入力し、右クリックして[ 管理者として実行 ]を選択し ます。 2.次に、[ファイル]をクリックし、[開く]を選択して、次の場所を参照します。 C:\ Windows \ System32 \ drivers \ etc

続きを読みます
Windows 10でデスクトップからホームグループアイコンを削除する

Windows 10でデスクトップからホームグループアイコンを削除する

Windows 10でデスクトップからホームグループアイコンを削除する: PCを再起動して突然突然ホームグループアイコンがデスクトップに表示され始めたら、どうしますか? 当然、突然デスクトップに表示されたホームグループを使用していないため、アイコンを削除しようとします。 ただし、PCを再起動したときにアイコンを削除しようとした場合でも、デスクトップにアイコンが再び表示されるため、最初にアイコンを削除してもあまり役に立ちません。 これの主な原因は、共有がオンの場合、ホームグループアイコンはデフォルトでデスクトップに配置され、共有を無効にするとアイコンが消えることです。 ただし、Windows 10のデスクトップからホームグループアイコンを削除する方法は複数あります。これらについては、以下のトラブルシューティングガイドで説明します。 プロのヒント: デスクトップを右クリックして[更新]を選択すると、問題が解決する場合があります。解決しない場合は、以下のガイドに進んでください。 Windows 10でデスクトップからホームグループアイコンを削除する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:共有ウィザードを無効にする 1. Windowsキー+ Eを 押してファイルエクスプローラーを開きます 。 2. [ 表示] を クリックし 、 [オプション]をクリ

続きを読みます
Windows 10でBluetoothがオンにならないのを修正

Windows 10でBluetoothがオンにならないのを修正

Windows 10でBluetoothがオンにならないように修正する: モバイルまたはその他のデバイスをWindows 10 Bluetoothに接続する場合は、[設定]> [デバイス]> [Bluetoothと他のデバイス]に移動し、Bluetoothでの切り替えをオンまたはオフにしてください。 Bluetoothを有効にするか、Bluetoothを無効にします。 Bluetoothを有効にすると、他のデバイスをBluetooth経由でWindows 10に接続できるようになります。 ユーザーが直面している問題は、Windows 10でBluetoothをオンにできないことです。Windows10でBluetoothを使用しているユーザーが直面している問題をいくつか次に示します。 Windows 10でBluetoothをオンにするオプションはありませんデバイスにはBluetoothがありませんBluetoothはWindows 10でBluetoothをオンにしませんBluetoothはWindows 10でトグルしませんWindows 10でBluetoothをトグルしませんBluetoothスイッチはありませんWindows 10 BluetoothをオンにできませんWindows 8をオンにするオプションWindows 10でBluetoothオンまたはオフが

続きを読みます
ChromeでYouTubeが機能しない問題を修正する

ChromeでYouTubeが機能しない問題を修正する

ChromeでYouTubeが機能しない問題を修正する: ChromeでYouTubeを使用しているとき、またはYouTubeビデオをストリーミングしているときに問題が発生している場合は、この記事のようにこの問題の修正方法を確認してください。 YouTubeが機能しないか、YouTube動画で音声が利用できないなどの問題がChromeで発生する場合があります。動画の代わりに黒い画面しか表示されないなど、この問題の主な原因が古くなっているように見えるので心配しないでくださいクロムブラウザまたはキャッシュまたはクロムのクッキー問題。 ですから、時間を無駄にすることなく、下記のガイドを活用してChromeでYouTubeが機能しない問題を修正する方法を見てみましょう。 ChromeでYouTubeが機能しない問題を解決する[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Chromeが最新であることを確認する 1. Google Chromeを更新するには、Chromeの右上隅にある 3つのドット をクリックし、[ ヘルプ ]を選択し て 、[ Google Chromeについて ]をクリックします 。 2.次に、Google Chromeが更新されていることを確認します。更新されていない場合は、[ 更新]ボタン が表示されたらクリックします。 こ

続きを読みます
マウスとキーボードがWindows 10で機能しない

マウスとキーボードがWindows 10で機能しない

マウスとキーボードがWindows 10で機能しない問題を修正し ます。コンピューターを起動するたびに、ようこそ画面でキーボードとマウスが機能しなくなり、この状況で何をすべきかわからない場合は、すぐにこの問題のトラブルシューティングを行います。 この問題は、古いドライバーが新しいバージョンのWindowsと互換性がない場合があるため、最近Windows 10に更新した場合にも発生します。 USBまたはPS / 2マウスまたはキーボードのどちらを使用してもウェルカム画面でスタックし、PCを再起動できないため、電源を入れて手動で電源をオフにする必要があります。ボタン。 マウスとキーボードがセーフモードで動作することもありますが、動作しない場合があるため、手動で確認する必要がありますが、キーボードとマウスが動作する場合は、ドライバに問題がある可能性があります。 そのため、マウスとキーボードのドライバーが破損しているか、古いか、Windowsと互換性がない可能性があります。 ただし、一部のサードパーティのソフトウェアまたはドライバーがマウスおよびキーボードのドライバーと競合していることが原因である可能性があり、これが問題の原因となっている可能性があります。 ハードウェアの問題、WindowsがシステムのUSBポートをオフにする、高速起動の問題など、上記の理由を含む多くの原因で問題が発生する可

続きを読みます
ファイルまたはディレクトリが破損しており、読み取ることができません

ファイルまたはディレクトリが破損しており、読み取ることができません

ファイルまたはディレクトリが破損していて読めない: 外部ハードディスク、SDカードまたはUSBフラッシュドライブにアクセスしようとしたときに「ファイルまたはディレクトリが破損していて読めない」というエラーが発生する場合は、問題があることを意味しますデバイスで、問題が処理されない限り、デバイスにアクセスできません。 このエラーは、USBドライブを安全に取り外さずに抜くと、ウイルスやマルウェアの感染、ファイル構造の破損、不良セクターなどが原因で発生することがあります。 ここで、このエラーが発生する理由として考えられる理由について、問題の修正方法を確認します。 だから、時間を無駄にすることなく、実際にファイルまたはディレクトリを修正する方法を見てみましょう。以下にリストされているトラブルシューティングガイドを使用して、Windows 10 PCでファイルまたはディレクトリが破損し、読み取り不能なエラーが発生します。 [解決しよう]ファイルまたはディレクトリが破損していて読めない 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 注意: チェックディスクを実行すると、データが削除される可能性があります。不良ディスクが見つかった場合は、チェックディスクがその特定のパーティション上のすべてのデータを削除するため、データをバックアップしてください。 方法1:ディスクチェックを実

続きを読みます
プレーヤーの読み込みエラー:再生可能なソースが見つかりません

プレーヤーの読み込みエラー:再生可能なソースが見つかりません

プレーヤーの読み込みエラーを修正:再生可能なソースが見つかりません– 最も苛立たしい状況の1つは、オンライン動画を再生しようとしたときに画面にエラーが表示されることです。 ほとんどのユーザーが遭遇する最も一般的なエラーの1つは、 エラーの読み込みプレーヤーです:再生可能なソースが見つかりません。 このエラーは、ブラウザでオンライン動画を再生しようとしているときに発生します。 ブラウザにフラッシュファイルがないか、フラッシュのロードまたは実行に失敗すると、この問題が発生します。 ただし、この問題が原因でお気に入りのオンライン動画を視聴できなくなるわけではありません。 この記事では、このエラーを解決するために試行錯誤したいくつかの方法について説明します。 プレーヤーの読み込みエラー:再生可能なソースが見つかりません[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1-Adobe Flash Playerを再インストールする このエラーの主な原因はAdobe Flash Playerがないことがわかっているため、Adobe Flash Playerを再インストールすることをお勧めします。 1.まず、現在のAdobe Flash Playerをアンインストールします。 これを行うには、Adobeの公式Adobe Uninstallerをインストールできま

続きを読みます
Internet ExplorerがWebページエラーを表示できないのを修正する

Internet ExplorerがWebページエラーを表示できないのを修正する

Internet ExplorerがWebページのエラーを表示できないのを修正する: インターネットに正常に接続しましたが、Internet ExplorerでWebページを表示しようとすると、「Internet ExplorerはWebページを表示できません。 このエラーの主な原因は、IPv4およびIPv6インターネットプロトコルバージョンにあるようです。 この問題は、アクセスしようとするWebサイトが上記の両方のプロトコルバージョンを使用している場合に発生し、それらの間で競合が発生し、エラーが発生します。 DNSの問題、プロキシの問題、キャッシュまたは履歴の問題など、このエラーにはさまざまな原因が考えられるため、問題は上記の理由に限定されません。続行する前に、インターネット接続が機能していることを確認してください(別のデバイスを使用して確認してください)または別のブラウザを使用してください)、システムで実行されているVPN(仮想プライベートネットワーク)が無効になっています。 すべてのチェックが完了したら、次のトラブルシューティング手順でこの問題を修正します。 Internet ExplorerがWebページエラーを表示できないのを修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:プロキシオプションのチェックを外します 1. Windowsキ

続きを読みます
Internet Explorer 11が応答しないのを修正

Internet Explorer 11が応答しないのを修正

Internet Explorer 11が応答しない問題を修正: 「Internet Explorerが動作を停止しました」というエラーが発生した場合は、Internet Explorerに問題があり、数分で原因が判明します。 Internet Explorerを起動するとすぐに、Internet Explorerが機能していないか、問題が発生したため終了する必要があることを示すエラーメッセージが表示される場合があります。 ほとんどの場合、再度Internet Explorerを起動すると通常のブラウジングセッションを復元できますが、開けない場合は、システムファイルの破損、メモリ不足、キャッシュ、ウイルス対策、ファイアウォールの侵入などが原因で問題が発生している可能性があります。 。 ご覧のとおり、Internet Explorerが応答しないというエラーが発生する原因は1つではありませんが、ユーザーシステムの構成によって異なります。 たとえば、ユーザーがWindowsを更新していない場合、このエラーが表示される可能性があるか、または別のユーザーがメモリ不足の場合、Internet Explorerにアクセスすると、このエラーが発生します。 ご覧のとおり、実際にはユーザーのシステム構成に依存し、ユーザーごとに異なるため、このエラーのトラブルシューティングが非常に必要です。 しかし、以

続きを読みます
Windows 10で欠落しているWindowsストアを修正する

Windows 10で欠落しているWindowsストアを修正する

WindowsストアがWindows 10にないことを修正します 。Windowsストアは、ユーザーが自分のPCにあるアプリケーションを安全にダウンロードして更新できるため、Windows 10の重要な機能の1つです。 Windowsストアからアプリをダウンロードするときに、すべてのアプリがストア自体でアプリを承認する前にMicrosoftによってチェックされるため、ウイルスやマルウェアの問題を心配する必要はありません。 しかし、Windowsストアアプリがなくなったときに何が起こるか、これだけでなく、MSN、メール、カレンダー、写真などの他のアプリもなくなった場合、サードパーティからアプリをダウンロードする必要があり、そうするとシステムが脆弱になりますウイルスとマルウェアに。 この問題の主な原因は、Windowsのアップグレード中にWindowsストアファイルが何らかの理由で破損したことです。 アイコンがまったくクリックできないというWindowsストアのレポートを持っている一部のユーザーと、別のユーザーのWindowsストアアプリは完全にありません。 それでは、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティング手順を使用して、Windows 10でWindowsストアが見つからない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 Windows 10で欠落しているW

続きを読みます
Nvidiaカーネルモードドライバーが応答を停止しました

Nvidiaカーネルモードドライバーが応答を停止しました

Nvidiaカーネルモードドライバーが応答しなくなったのを修正し ます。画面がちらついて表示が点線になっている場合、ディスプレイが突然「Windows カーネルモードドライバーの クラッシュ」と表示しなくなり、今日は適切な場所にいるので、その方法について説明します。問題を修正します。 イベントビューアを開いてさらに問題を調査すると、「 ディスプレイドライバーnvlddmkmが応答を停止し、正常に回復しました」 という説明のあるエントリが 表示されます が、問題が 再発し 続けているため、問題は解消されていないようです。 NVIDIAカーネルモードドライバーのクラッシュの主な問題は、Windowsと競合してこの問題全体を引き起こしている古いまたは破損したドライバーのようです。 Windowsのビジュアル設定またはグラフィックカードの設定が誤って構成されている場合にも、このエラーが発生する可能性があります。 それでは、時間を無駄にすることなく、実際にNvidiaカーネルモードドライバーを修正する方法を確認してみましょう。 Nvidiaカーネルモードドライバーが応答を停止しました[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:NVIDIAドライバーを再インストールする 1.このリンクからDisplay Driver Uninstallerをダウン

続きを読みます
Windows 10でアンインストールしないプログラムの強制アンインストール

Windows 10でアンインストールしないプログラムの強制アンインストール

Windows 10でアンインストールできないためにプログラムをアンインストールできない場合、そのプログラムをPCから削除するにはどうすればよいですか? このガイドでは心配しないでください。Windows10でプログラムを強制的にアンインストールする方法について説明します。多くのWindowsユーザーは、システムから特定のアプリをアンインストールしようとしてもアンインストールできない場合にこの問題に直面します。 これで、Windows 10からプログラムをアンインストールする基本的な方法は非常に簡単になりました。プログラムを強制的にアンインストールする前に、必ず以下の手順に従ってください。 1. Windows Searchに「 control」 と入力し、検索結果から[ コントロールパネル ]をクリックします。 2.プログラムの下で「プログラムの アンインストール 」をクリックします。 注: [表示方法] プルダウンから カテゴリ を選択する必要がある場合があります。 3.システムからアンインストールするアプリケーションを検索します。 4. 特定のアプリ を 右クリックして 、[ アンインストール ] を選択します 。 6.画面の指示に従って、PCからプログラムを正常にアンインストールします。 Windows 10 PCからプログラムをアンインストールする別の方法: 1. [スター

続きを読みます
Windows 10でIPv6接続がインターネットにアクセスできない問題を修正する

Windows 10でIPv6接続がインターネットにアクセスできない問題を修正する

Windows 10でIPv6接続を修正するインターネットアクセスなし: PCで「IPv6接続:インターネットアクセスなし」の問題が発生している場合は、今日この問題の修正方法を説明するので、心配しないでください。 ネットワークと共有センターを開くか、Windowsキー+ Rを押してからncpa.cplと入力してEnterキーを押し、ネットワーク接続を右クリックして[ステータス]を選択すると、IPv6接続の下にインターネットアクセスがないことが表示されます。 IPv6接続で「ネットワークアクセスなし」と表示されている場合は、DHCPサーバーが検出されておらず、リンクローカルアドレスが割り当てられていません。これは問題ではなく、心配する必要はありません。 しかし、「インターネットアクセスなし」と表示されている場合は、DHCPサーバー

続きを読みます
必要な特権を修正する6つの方法がクライアントエラーによって保持されない

必要な特権を修正する6つの方法がクライアントエラーによって保持されない

必要な権限がクライアントエラーによって保持されていないのを修正する: エラー0x80070522は、必要な権限または特権がないディレクトリ内にファイルをコピーまたは作成しようとしていることを意味します。 通常、このエラーは、Windowsフォルダー内の何かをコピー、貼り付け、または変更しようとしたときに発生し、MicrosoftはWindowsインストールへの不正アクセスを許可していません。 これらのファイルは唯一のシステムに厳密にアクセスできるため、ユーザーにも「必要な特権はクライアントエラーによって保持されていません」というエラーが表示されます。 このエラーは、Windows、Program Files、またはSystem32のフォルダーをいじった場合に表示されます。 予期しないエラーにより、ファイルを作成できません。 このエラーが引き続き発生する場合は、エラーコードを使用して、この問題のヘルプを検索できます。 エラー0x80070522:必要な特権がクライアントによって保持されていません ここでの主な問題は、ユーザーがルートドライブ(C :)内でコピー、貼り付け、削除、変更などの操作を実行しようとすると、エラー0x80070522が発生することです。 したがって、時間を無駄にせずに、以下にリストされているトラブルシューティング手順の助けを借りて、必要な特権がクライアントエラーに

続きを読みます
Windows 10でファイルエクスプローラー検索が機能しない問題を修正

Windows 10でファイルエクスプローラー検索が機能しない問題を修正

Windows 10でファイルエクスプローラー検索が機能しない問題を修正: 最近、ファイルエクスプローラー検索で特定のファイルまたはフォルダーを検索し、検索結果に何も表示されない場合は、ファイルエクスプローラー検索が機能していないことに関連している可能性がありますこれが私たちがここで扱っている問題であることを確認するために、PCに存在することがわかっているファイルまたはフォルダーを検索する必要がありますが、検索で見つけることができません。 つまり、ファイルエクスプローラーの検索機能が機能せず、検索に一致するアイテムはありません。 ファイルエクスプローラーの検索では、電卓やMicrosoft Wordなどのほとんどの基本的なアプリを検索することもできません。検索機能が動作していないときに、ユーザーがすべてのファイルとフォルダーを手動で見つけるのは非常にイライラします。 主な問題は、インデックスの問題であるか、インデックスデータベースが破損しているか、単に検索サービスが実行されていない可能性があります。 いずれにせよ、ユーザーはここで迷子になっているので、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを使用して、ファイルエクスプローラーの検索が機能しない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 Windows 10でファイルエクスプローラー検索が機能しない

続きを読みます
Google Chromeエラー6を修正(net :: ERR_FILE_NOT_FOUND)

Google Chromeエラー6を修正(net :: ERR_FILE_NOT_FOUND)

Google Chromeエラー6を修正(net :: ERR_FILE_NOT_FOUND): WebページにアクセスしようとしたときにGoogle ChromeでERR_FILE_NOT_FOUNDに直面している場合、このエラーはおそらくChrome拡張機能が原因です。 新しいタブを開くと、表示されるエラーに「エラー6(net :: ERR_FILE_NOT_FOUND):ファイルまたはディレクトリが見つかりませんでした」と表示されます。 エラーには、次の情報も含まれます。 このウェブページは見つかりませんでした 次のWebアドレスのWebページが見つかりませんでした:Chrome-extension://ogccgbmabaphcakpiclgcnmcnimhokcj/newtab.html エラー6(net :: ERR_FILE_NOT_FOUND):ファイルまたはディレクトリが見つかりませんでした。 このエラーを見るとわかるように、このエラーの原因はChrome拡張機能であり、問​​題を修正するには、問題の原因となっている特定の拡張機能を見つけて無効にする必要があります。 したがって、時間を無駄にせずに、以下にリストされているトラブルシューティング手順でこのエラーを実際に修正する方法を見てみましょう。 Google Chromeエラー6を修正(net :: ERR_FIL

続きを読みます
暗号化コンテンツを修正して、Windows 10でグレー表示されたデータを保護する

暗号化コンテンツを修正して、Windows 10でグレー表示されたデータを保護する

暗号化コンテンツを修正して、Windows 10でグレー表示されたデータを保護する: PCを家族の他のメンバーまたは友人と共有する場合、データを安全かつプライベートに保つことが非常に重要です。 これを行うには、Windowsに組み込まれた暗号化ファイルシステム(EFS)を簡単に使用して、ファイルやフォルダー内のデータを安全に暗号化できます。 ただし、唯一の問題は、Windows Home Editionユーザーは利用できず、この機能を使用するには、Pro、Enterprise、またはEducationエディションにアップグレードする必要があります。 Windows内のファイルまたはフォルダーを暗号化するには、目的のファイルまたはフォルダーを右クリックして、コンテキストメニューから[プロパティ]を選択するだけです。 [プロパティ]ウィンドウ内で、[全般]タブの[詳細]ボタンをクリックします。 次に、「属性の詳細」ウィンドウのチェックマーク「 コンテンツを暗号化してデータを保護する 」。 [OK]をクリックして変更を保存すると、ファイルまたはフォルダーは安全に暗号化されます。 しかし、「 データを保護するためにコンテンツを暗号化する 」であるファイルまたはフォルダを暗号化するオプションは、 淡色表示または無効になってい ますか? それでは、Windowsのファイルやフォルダを暗号化するこ

続きを読みます
Windows Liveメールが起動しないのを修正

Windows Liveメールが起動しないのを修正

Windows Liveメールが起動しない問題を修正します。WindowsLive メールはWindowsにプリインストールされている電子メールクライアントであり、多くのユーザーが個人または仕事の目的で使用します。 Windows 10にアップグレードした後、またはシステムを更新した後、Windows Liveメールが起動しない、または開かないという報告が寄せられています。 現在、ユーザーはWindows Liveメールに個人的または仕事上の目的で大きく依存しているため、非常に不満を感じています。電子メールをチェックすることはできますが、Live Mailを使用する習慣があり、この追加作業はまったく歓迎されません。 主な問題は、更新後にWindows 10と競合しているグラフィックカードドライバーであり、正常に動作していないようです。 また、Windows Liveメールのキャッシュが破損しているように見えることがあります。これにより、Windows Liveメールを開くことができず、代わりに、Liveメールアイコンをクリックしても、回転が続き、何も起こりません。 とにかく、トラブルシューティングがこの問題を修正するように思われる素晴らしいガイドとともにここにあるので、ストレスを感じないでください。そのため、方法を1つずつ実行するだけで、この記事の最後で通常どおりWindows Li

続きを読みます
デル対HPノートパソコン–どちらが優れたノートパソコンですか?

デル対HPノートパソコン–どちらが優れたノートパソコンですか?

デル対HPラップトップ: 新しいラップトップを購入するために市場に行くと、多くのオプションから選択できます。 その中で、最も需要の高い2つのブランドはHPとDellです。 創業時から、両者は互いに大きな競争相手でした。 これらのブランドは両方とも確立されており、ファンに最高品質の製品を提供しています。 そのため、HPとDellのどちらのブランドのノートパソコンを購入するかについて、一般に混乱が生じます。 また、購入するのに安価な製品ではないので、購入する前に賢明な決定をする必要があります。 ラップトップを購入するとき、顧客が心に留めておく必要があり、ニーズに応じてラップトップを選択する必要があるため、後で決定を後悔することはありません。 ラップトップを購入する際に注意すべき点は、その仕様、耐久性、メンテナンス、価格、プロセッサ、RAM、デザイン、カスタマーサポートなどです。 HPとDellの共通点は何ですか? どちらも市場のリーダーであり、顧客に価値を提供することに重点を置いています。 どちらも最新仕様のラップトップを作成し、予算内に収まります。 どちらも、学生からプロ、ゲーマーまで、非常に幅広い範囲の聴衆に適したラップトップを生産しています。 どちらも生産性の向上に重点を置いた高品質の製品を提供しています。 どちらも非常に多くの類似点があるため、どちらかを購入するために市場に行くと

続きを読みます
すぐに再生が開始しない場合は、デバイスを再起動してみてください

すぐに再生が開始しない場合は、デバイスを再起動してみてください

すぐに再生が開始されない場合はデバイスを再起動してみてください: Webブラウザー(Chrome、Firefox、Internet Explorerなど)でビデオを再生しているときに、「再生がすぐに開始されない場合はデバイスを再起動してください」というエラーメッセージが表示される場合があります。今日はこの問題を修正する方法を見ていきますので、心配しないでください。 このエラーが発生する主な問題は、YouTubeまたは他の最新のWebサイトが使用する新しいHTML5ビデオプレーヤーであるか、Webブラウザのハードウェアアクセラレーションにある可能性があります。 したがって、この問題を解決するには、ハードウェアアクセラレーションを無効にするか、HTML5プレーヤーアドオンをインストールする必要があります。 また、問題のトラブルシューティングを行うために、グラフィックカードのドライバーを更新するか、完全にアンインストールすることもできます。 それでは、時間を無駄にせずに、再生が始まらない場合の修正方法を見てみましょう。以下にリストされているガイドを使用して、デバイスを再起動してみてください。 すぐに再生が開始しない場合は、デバイスを再起動してみてください 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:ハードウェアアクセラレーションを無効にする a)Firef

続きを読みます
USB複合デバイスがUSB 3.0で正しく動作しない問題を修正する

USB複合デバイスがUSB 3.0で正しく動作しない問題を修正する

USBコンポジットデバイス がUSB 3.0で正常に動作しない などの問題が発生した場合は、このガイドがこの問題の解決に役立つため、心配しないでください。 最新の構成で新しいラップトップを購入したのは本当に幸せな瞬間です。 USBポートを介したより高速なファイル転送のために、USB 3.0が最も求められているポートであると聞いたことがあるかもしれません。 したがって、ほとんどのデバイスにはこの構成のみが付属しています。 ただし、最新のUSB 3.0ポートで動作しない古いプリンターを使用している場合は、そのことを忘れることがあります。 「USBデバイスは古いUSBデバイスであり、USB 3.0で動作しない場合があります」 古いデバイスのほとんどはUSB 2.0ポートで動作します。 これは、古いデバイスを最新のUSB 3.0ポートに接続しているときに問題が発生する

続きを読みます
Windowsはインストールを完了できませんでした

Windowsはインストールを完了できませんでした

Windowsがインストールを完了できない問題を修正しました。 このコンピューターにWindowsをインストールするには、インストールを再起動し ます。このエラーが発生した場合は、監査モードを使用してWindowsをインストールしていることが、このエラーの主な原因です。 Windowsが初めて起動すると、Windowsウェルカムモードまたは監査モードで起動できます。 監査モードとは何ですか? 監査モードは、ユーザーがWindowsイメージにカスタマイズを追加できるネットワーク対応環境です。 Windowsが起動すると、インストール直後にようこそ画面が表示されますが、このようこそ画面をスキップして、監査モードで直接起動することもできます。 つまり、監査モードでは、Windowsのインストール後にデスクトップを直接起動できます。 Windowsはインストールを完了できませんでした。 Windowsをインストールするには このコンピュータで、インストールを再開します。 また、このエラーの主な問題は、再起動ループで立ち往生していることです。そのため、さらに煩わしくなります。 監査モードとウェルカムモードについて理解したところで、今度はこのエラーを修正する方法です。時間を無駄にすることなく、監査モードでWindowsをインストールする方法を見てみましょう。 [解決しよう] Windowsはイン

続きを読みます
Windowsサービスに接続できませんでした

Windowsサービスに接続できませんでした

Windowsサービスへの接続に失敗した修正: このエラーの主な原因は、Windowsがシステム操作を実行するために必要なWindowsサービスを開始または接続できない場合です。 このエラーは、Windowsフォントキャッシュサービス、Windowsイベントログサービス、システムイベント通知サービス、またはその他のサービスが原因で発生する可能性があります。 この問題の原因となっているサービスを特定することはできないため、トラブルシューティングは、考えられるすべての問題を修正しようとすることに大きく依存します。 さて、これ以上苦労せずに、Windowsサービスへの接続に失敗した場合の修正方法を見てみましょう。 システムのユーザーに応じて、次のいずれかのエラーメッセージが表示される場合があります。 Windowsはシステムイベント通知サービスサービスに接続できませんでした。 この問題により、標準ユーザーがシステムにログオンできなくなります。 管理ユーザーは、システムイベントログを確認して、サービスが応答しなかった理由、またはWindowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかった理由の詳細を確認できます。 この問題により、標準ユーザーがシステムにログオンできなくなります。 管理ユーザーは、システムイベントログを確認して、サービスが応答しなかった理由の詳細を確認できます。 [

続きを読みます
Windowsリソース保護は破損したファイルを検出しましたが、それらのいくつかを修正できませんでした

Windowsリソース保護は破損したファイルを検出しましたが、それらのいくつかを修正できませんでした

Windowsリソース保護を修正すると、破損したファイルが見つかりましたが、一部を修正できませんでした。 システムファイルチェッカー(SFC)を使用してシステムで見つかった破損したファイルを修正しようとした場合、「Windowsリソース保護で破損したファイルが見つかりましたが、それらのいくつかを修正できませんでした。」 このエラーは、システムファイルチェッカーがスキャンを完了し、破損したシステムファイルを検出したが、それらを修正できなかったことを意味します。 Windowsリソース保護は、レジストリキーとフォルダー、および重要なシステムファイルを保護します。それらが破損している場合、SFCはそれらのファイルをordeで置き換えて修正しようとしますが、SFCが失敗すると、次のエラーが発生します。 Windowsリソース保護は破損したファイルを検出しましたが、一部を修正できませんでした。 詳細はCBS.Log windir \ Logs \ CBS \ CBS.logに含まれています。 たとえば、C:\ Windows \ Logs \ CBS \ CBS.logです。 ロギングは現在、オフラインサービスのシナリオではサポートされていないことに注意してください。 破損したシステムファイルは、システムの整合性を維持するために修正する必要がありますが、SFCがジョブを実行できなかったため、他

続きを読みます
ASPXファイルを開く方法(ASPXをPDFに変換)

ASPXファイルを開く方法(ASPXをPDFに変換)

ASPXファイルを開く方法(ASPXをPDFに変換): コンピューター、携帯電話などはストレージの優れたソースであり、使用状況に応じてさまざまな形式のデータやファイルを大量に保存します。 たとえば、.docxファイル形式はドキュメントの作成に使用され、.pdfファイル形式は変更を加えることができない読み取り専用ドキュメントなどに使用されます。さらに、表形式のデータがある場合、データファイルは.csv形式であり、圧縮ファイルがある場合は.zip形式になります。最後に、.net言語で開発されたファイルはASPX形式などです。これらのファイルの一部は簡単に開くことができ、一部はそれらにアクセスするために別の形式に変換する必要があり、ASPX形式ファイルはその1つです。 ASPX形式

続きを読みます
このフォルダに変更を加えるには、システムからの許可が必要です

このフォルダに変更を加えるには、システムからの許可が必要です

修正このフォルダに変更を加えるには、SYSTEMからの許可が必要です 。Windowsは、時々迷惑なエラーをスローするため、信じられません。 たとえば、今日私はフォルダを別の場所に削除していたところ、突然、「 このフォルダに変更を加えるにはSYSTEMからの許可が必要です。 ”そして、フォルダを削除したりコピーしたりしても、突然エラーが表示されてすごいウィンドウでした。 したがって、基本的にフォルダーを移動または削除するには管理者権限が必要ですが、フォルダーを最初に作成したのは管理者アカウントではないので、なぜ管理者アカウントで管理者権限が必要なのですか? これは良い質問です。その理由は、フォルダの所有権が別のユーザーアカウントまたはSYSTEMでロックされることがあり、そのため、管理者を含め、誰もそのフォルダを変更できないためです。 この修正は非常に簡単です。フォルダの所有権を取得するだけで問題ありません。 管理者であっても、システムファイルを削除または変更できないことにすぐに気付くでしょう。これは、WindowsシステムファイルがデフォルトでTrustedInstallerサービスによって所有されており、Windowsファイル保護によって上書きされないためです。 「 アクセス拒否エラー 」が発生します。 このアイテムを削除または変更できるように、 アクセス拒否エラー を完全に制御

続きを読みます
PCでSDカードが認識されないのを修正

PCでSDカードが認識されないのを修正

SDカードがPCで認識されないのを修正: SDカードがPCで認識されない場合、問題はドライバーに関連している可能性があります。 ほとんどの場合、問題は古い、破損または互換性のないドライバー、ハードウェアの問題、デバイスの問題などが原因で発生します。すでに説明したように、SDカードは内蔵SDカードリーダーまたはUSB SDカードリーダーの両方で検出されない場合がありますこれはソフトウェアの問題であるため、これを確認する唯一の方法は、別のPCでSDカードにアクセスすることです。 SDカードが他のPCで機能しているかどうかを確認します。機能している場合は、問題はPCだけで発生しています。 ここで別の問題が発生しました。コンピューターが1 GBや2 GBなどの小さいまたは低いメモリSDカードを認識しても、4 GB、8 GB以上のSDHCカードを読み取れない場合、コンピューターの内部リーダーはSDHCに準拠していません。 当初、SDカードは最大2 GBの容量しか持つことができませんでしたが、後でSDHCの仕様はSDカードの容量を32または64 GBの容量に増やすために開発されました。 2008年より前に購入したコンピューターは、SDHCに対応していない場合があります。 もう1つのケースは、SDカードがPCで認識されているが、ファイルエクスプローラーに移動しても、SDカードを表示するドライブがな

続きを読みます
Windows 10がランダムにクラッシュする問題を修正

Windows 10がランダムにクラッシュする問題を修正

Windows 10がランダムにクラッシュする問題を修正: 起動時またはWindowsの使用中にPCが頻繁にクラッシュする場合は、今日この問題を修正する方法について説明するので、心配しないでください。 まあ、Windows 10がランダムにフリーズしたり、ブルースクリーンの死(BSOD)エラーメッセージが表示されてクラッシュすることがあるため、問題はクラッシュに限定されません。 いずれの場合も、問題の原因と修正方法を確認します。 Windows 10をランダムにクラッシュさせる原因はさまざまですが、RAMの不良、RAMの接続不良、電源の不良、ドライバーの競合、ドライバーの破損または古い状態、過熱の問題、オーバークロック、メモリ不良、ハードの不良などがいくつかありますディスクなど。時間を無駄にせずに、以下のトラブルシューティングガイドを参考にして、Windows 10がランダムにクラッシュする問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 Windows 10がランダムにクラッシュする問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:高速スタートアップを無効にする 1. Windowsキー+ Rを押してから「control」と入力し、Enterキーを押して コントロールパネル を開き ます。 2. [ ハードウェアとサウンド ]をクリックし、[ 電源

続きを読みます
解決しよう:Windowsをドライブ0にインストールできない

解決しよう:Windowsをドライブ0にインストールできない

ドライブ0に Windowsをインストールできない問題を 修正: PCにWindows 10またはWindows 8をインストールしようとしている場合、「Windowsをディスク#パーティション#にインストールできません」というエラーメッセージが表示される可能性があります。 また、さらに続行して[次へ]をクリックすると、「Windowsは選択した場所にインストールできませんでした」という別のエラーメッセージが再び表示され、インストールが終了します。 つまり、このエラーメッセージのため、Windowsをインストールできません。 これで、ハードドライブには、MBR(マスターブートレコード)とGPT(GUIDパーティションテーブル)という2つの異なるパーティションシステムがあります。 Windowsをハードディスクにインストールするには、適切なパーティションシステムを事前に選択する必要があります。たとえば、コンピューターがレガシBIOSで起動する場合はMBRパーティションシステムを使用し、UEFIモードで起動する場合はGPTパーティションシステムを使用する必要があります。使用すべきです。 したがって、時間を無駄にせずに、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、Windows 0をドライブ0にインストールできないというエラーを実際に修正する方法を見てみましょう。 解決しよう:Windo

続きを読みます
USB 2.0 10/100イーサネットアダプターを修正する方法ドライバーが見つかりませんエラー

USB 2.0 10/100イーサネットアダプターを修正する方法ドライバーが見つかりませんエラー

USB 2.0 10/100イーサネットアダプターが見つからないというエラーを修正するエラー: USB 2.0 10/100イーサネットアダプターをPCに接続すると、エラー ' イーサネットアダプターが見つかりません 'が表示されます。 デバイスをPCに接続するとすぐにデバイスソフトウェアの読み込みが開始されますが、事前構成されたドライバーフォルダーの検索が完了するとすぐに、 「ドライバーが見つかりません」という エラーメッセージが表示 されます。 これは、デバイスが、ドライバーのない事前設定されたドライバーフォルダーでドライバーを見つけようとするためです。 したがって、修正は手動でデバイスドライバーをダウンロードしてインストールし、このエラーを取り除くことです。 デバイスマネージャでエラーを確認することもできます。 デバイスが起動できない(コード10)とは、基本的にWindowsが何らかの理由でプログラムの1つと適切に通信できないことを示しています。 この通信の問題は、通常、古い、欠落している、または破損しているデバイスドライバーが原因で発生します。 エラーコード10は、通常FirewireまたはUSBケーブルを介して接続されている1394デバイスとの通信に関連しています。 USB 2.0 10/100イーサネットアダプターとは何ですか? USBを介したファストイー

続きを読みます
プログラムへのコマンドの送信中に問題が発生しました

プログラムへのコマンドの送信中に問題が発生しました

プログラムにコマンドを送信する際 に問題が発生した場合の 修正: Microsoft Excelファイルを開こうとして問題が発生 し、 「 プログラムへのコマンドの送信に問題が 発生しました」というエラーメッセージが表示 される 場合は、Windowsが接続できないことを意味します。 Microsoft Officeアプリケーション。 ここで、エラーメッセージで[OK]をクリックして再度ファイルを開こうとすると、問題なく開きます。 PCを再起動すると、エラーメッセージが再びポップアップします。 Word文書、ExcelスプレッドシートなどのMicrosoft Officeファイルを開こうとすると、次のエラーメッセージが表示されます。 プログラムへのコマンドの送信中に問題が発生しました。 プログラムへのコマンドの送信中にエラーが発生しました Windowsはファイルを見つけることができません。名前を正しく入力したことを確認してから、再試行してください。 ファイル(またはそのコンポーネントの1つ)が見つかりません。 パスとファイル名が正しいこと、および必要なライブラリがすべて使用可能であることを確認してください。 これで、上記のエラーメッセージのいずれかに直面する可能性があり、場合によっては、目的のファイルを開くことさえできません。 したがって、エラーメッセージで[OK]をクリックした後

続きを読みます
Windows 10でBOOTMGRが修正されない

Windows 10でBOOTMGRが修正されない

Windows 10でBOOTMGRが見つからないのを修正する方法: 「 BootmgrがありませんCtrl + Alt + Delを押して再起動してください 」は、Windowsブートセクターが破損しているか見つからないために発生する最も一般的なブートエラーの1つです。 BOOTMGRエラーが発生するもう1つの理由は、PCが起動元として適切に構成されていないドライブから起動しようとしている場合です。 このガイドでは、「 BOOTGMR 」に関するすべてと、 Bootmgrでエラーが見つからない場合の修正 方法について説明し ます 。 だから、時間を無駄にすることなく、前進しましょう。 Windowsブートマネージャー(BOOTMGR)とは何ですか? Windowsブートマネージャー(BOOTMGR) は、Windowsオペレーティングシステムの起動に不可欠なボリュームブートコードをロードします。 Bootmgrは、Windowsのコアパーツであるntoskrnl.exeだけでなく、重要なデバイスドライバーを順に読み込むwinload.exeの実行にも役立ちます。 BOOTMGRは、Windows 10、Windows 8、Windows 7、およびWindows Vistaオペレーティングシステムの起動を支援します。 Windows XPにはブートマネージャーがなく、NTLDR(N

続きを読みます
YouTubeで音が出ないのを修正する5つの方法

YouTubeで音が出ないのを修正する5つの方法

YouTubeの音が出ないのを修正: 最も人気のあるビデオストリーミングWebサイトの1つであるYouTubeの紹介は必要あり ません 。 ただし、お気に入りの動画を見ているときに、不具合が発生する場合があります。 ユーザーが経験する最も一般的な問題の1つは、ビデオの視聴中に「 音が出ない 」ことです。 確かに、それはあなたを極端なレベルに苛立たせることができますが、この問題に対する解決策もあります。 すべての問題には解決策が伴います。あなたがしなければならないことは、最良のものを見つけることです。 この問題の解決策を見つけることになると、YouTubeで音が出ない背後にある真の原因を特定することから始める必要があります。 サイトの設定、ブラウザの問題、システムの音の問題など、YouTubeの音を妨害するいくつかの原因がある可能性があります。ただし、体系的なアプローチに従ってオプションを絞り込み、問題を見つけると、本当の原因が確実にわかります。問題を即座に切り分けます。 YouTubeで音が出ない問題を修正する方法を以下に示します。 YouTubeで音が出ないのを修正する5つの方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1 –システムサウンドを確認する あなたがする必要がある最初の事柄はそれが正しく機能しているかどうかシステムサウンドをチェックする

続きを読みます
このプログラムはグループポリシーによってブロックされています

このプログラムはグループポリシーによってブロックされています

このプログラムがグループポリシーエラーによってブロックされていることを修正する: 「このプログラムはグループポリシーによってブロックされています。詳細については、システム管理者に問い合わせてください。」というエラーメッセージが表示される場合。 さまざまなアプリケーションの場合、唯一の論理的な説明は、PCがマルウェアまたはウイルスに感染し、これらのプログラムまたはアプリケーションへのアクセスをブロックしていることです。 特定のプログラムを実行しようとするたびに、エラーが突然ポップアップし、それらにアクセスできなくなります。 問題は、ウイルス対策ソフトウェア、USBデバイス上のソフトウェアを開いているか、Windows実行可能ファイルにアクセスしようとしているときに発生します。 ユーザーのシステム構成によっては、次のエラーが発生する可能性があります。 プログラムはグループポリシーによってブロックされています。 詳細については、システム管理者にお問い合わせください。 (エラーコード:0x00704ec) このプログラムはグループポリシーによってブロックされています」というエラーは、MS Security Essentials、AVGなどのセキュリティツールへのアクセスを停止する可能性もあります。何かトラブル。 したがって、時間を無駄にせずに、以下にリストされているトラブルシューティングガイ

続きを読みます
不明なソフトウェア例外の修正(0xe0434352)

不明なソフトウェア例外の修正(0xe0434352)

例外の不明なソフトウェア例外(0xe0434352)の修正: シャットダウン時にエラーコード0xe0434352が発生している場合、これは.NETインストールで問題が発生していることを意味します。 ほとんどの場合、エラー0xe0434352は、.NET Frameworkで解決できない問題が原因で表示されます。 しかし、場合によっては、破損したドライバや古いドライバが原因で、Windowsと競合していると思われるため、エラーが発生することもあります。 したがって、時間を無駄にすることなく、実際に修正する方法を見てみましょう。以下の手順を使用して、アプリケーションで例外の不明なソフトウェア例外(0xe0434352)が発生しました。 例外の不明なソフトウェア例外(0xe0434352)が、場所0x77312c1aのアプリケーションで発生しました。 不明なソフトウェア例外の修正(0xe0434352) 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:クリーンブートを実行します。 サードパーティのソフトウェアがアプリケーションと競合し、アプリケーションエラーの原因となる場合があります。 例外の不明なソフトウェア例外(0xe0434352)エラー を 修正 するには、PCでクリーンブートを実行し、問題を段階的に診断する必要があります。 方法2:SFCとCHKDS

続きを読みます
Windows 10にADB(Android Debug Bridge)をインストールする方法

Windows 10にADB(Android Debug Bridge)をインストールする方法

Windows 10にADBをインストールする方法: どこにでもラップトップまたはデスクトップを持ち運ぶことはできません。 代わりに、携帯電話を持ち歩き、通話、写真、ビデオ、ドキュメントなどのさまざまな目的に使用できます。ただし、携帯電話の問題は、メモリが限られているため、メモリがいっぱいになると、データのすべてまたは一部を安全な場所に転送する必要がある。 そして、ほとんどの人がモバイルデータをPCに転送するのは、唯一の論理的なステップです。 しかし、問題はどのようにして携帯電話からPCにデータを転送するのですか? この質問に対する答えはADB(Android Debug Bridge)です。 そのため、WindowsにはADBが付属しており、PCをAndroidフォンに接続できます。 ADBとは何かを理解するために、もう少し詳しく見てみましょう。 ADB: ADBはAndroid Debug Bridgeの略で、Androidシステムのソフトウェアインターフェイスです。 技術的には、USBケーブルまたはBluetoothなどのワイヤレス接続を使用して、Androidデバイスをコンピューターに接続するために使用されます。 また、コンピューターを介して携帯電話でコマンドを実行するのに役立ち、Android携帯電話からPCにデータを転送できます。 ADBはAndroid SDK(ソフトウ

続きを読みます
Windows 10からGroove Musicを完全にアンインストールする

Windows 10からGroove Musicを完全にアンインストールする

Windows 10からGroove Musicを完全にアンインストールする: Groove Musicは、Windows 10にプリインストールされているデフォルトの音楽プレーヤーです。サブスクリプションまたはWindowsストアからの購入を通じて音楽ストリーミングを提供します。 Microsoftは古いXbox Musicアプリを改良し、新しい名前の "Groove Music"でそれをローンチするのに優れた仕事をしましたが、それでもほとんどのWindowsユーザーは日常の使用に適していないと感じています。 ほとんどのWindowsユーザーは、VLC Media Playerをデフォルトの音楽アプリとして使用することに慣れており、それがWindows 10からGroove Musicを完全にアンインストールしたい理由です。 唯一の問題は、[プログラムのアンインストール]ウィンドウから、または単に右クリックして[アンインストール]を選択しても、Groove Musicをアンインストールできないことです。 ほとんどのアプリはこの方法で削除できますが、残念ながらGroove MusicにはWindows 10がバンドルされており、Microsoftはそれをアンインストールすることを望んでいません。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のガイドを参考にしてWind

続きを読みます
コンピュータの電源を入れたときに画面がスリープ状態になるのを修正

コンピュータの電源を入れたときに画面がスリープ状態になるのを修正

コンピュータの 電源を入れたときに 画面がスリープ状態になるのを修正: これは、ユーザーがシステムをオンにしたときに、モニターまたは画面がスリープ状態になるWindowsの一般的な問題です。 また、モニターの電源をオフにしてから再びオンにすると、信号が入力されていないというエラーメッセージが表示され、その後、モニターがスリープ状態になるというメッセージが表示されます。 一言で言えば、最後からすべてを試してもコンピュータの画面やディスプレイは起動しません。この問題はWindowsユーザーにとって悪夢ですが、かなり修正可能な問題なので心配する必要はありません。 システムをオンにすると画面が自動的にスリープするのはなぜですか? 最近のMonitorには、Powerと言うためにディスプレイまたは画面をオフにする機能がありますが、これは便利な機能ですが、構成が壊れているために、災害を引き起こす可能性があります。 コンピューターの電源を入れたときにモニターが自動的にスリープ状態になる理由は1つだけではありませんが、以下のトラブルシューティングガイドでこの問題を解決できます。 コンピュータの電源を入れたときに画面がスリープ状態になるのを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:クリーンブートを実行します。 サードパーティのソフトウェアがWindowsディス

続きを読みます
Windows 10でスレッドがデバイスドライバーにスタックするエラー

Windows 10でスレッドがデバイスドライバーにスタックするエラー

Windows 10のスレッドでスタックしたデバイスドライバーエラー[解決済み]: Windows 10 THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVERは、無限ループでキャッチされたドライバーファイルが原因で発生するBSOD(ブルースクリーンオブデス)エラーです。 STOPエラーコードは0x000000EAで、エラー自体は、ハードウェアの問題ではなく、デバイスドライバーの問題であることを示しています。 とにかく、エラーの修正は簡単です。ドライバーまたはBIOSを更新すると、ほとんどすべてのケースで問題が解決します。 以下の手順を実行するためにWindowsを起動できない場合は、インストールメディアを使用してコンピューターをセーフモードで起動します。 PCによっては、次のいずれかのエラーが発生する場合があります。 THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER STOPエラー0xEA:THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVER THREAD_STUCK_IN_DEVICE_DRIVERバグチェックの値は0x000000EAです。 Thread Stuck In Device Driverエラーにつながる可能性のある原因は次のとおりです。 破損または古いデバイスドライバー 新しいハードウェアをインストールした後のドライバの競合。 破損したビデオカー

続きを読みます
Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法

Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法

Windows 10 でデフォルトのシステムフォントを変更する方法 : デバイスで毎日同じフォントを表示するのは面倒な場合がありますが、ここでの問題は、デフォルトのシステムフォントを変更できることです。 はい、変更できます。 Windowsオペレーティングシステムの更新は、デバイスの安全性と生産性を高めることを目的としています。 ただし、オペレーティングシステムに追加されたいくつかの新機能は、常に良いものをもたらすとは限りません。 以前のバージョンのオペレーティングシステム(Windows 7)と同様に、アイコン、メッセージボックス、テキストなどに変更を加えていましたが、Windows 10ではデフォルトのシステムフォントのままです。 システムのデフォルトのフォントはSegoe UIです。 デバイスを新しいルックアンドフィールに変更する場合は、このガイドの所定の方法に従ってください。 Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法 デフォルトのシステムフォントを変更するには、レジストリエディタで変更を行う必要があります。 したがって、レジストリエディタで変更を行う前に、システムのバックアップを作成することをお勧めします。 レジストリエディタで変更を行っているときに何か悪いことをすると、完全に元に戻すことができないため、システムの完全なバックアップを取るようにしてくだ

続きを読みます
Windows 10でGeForce Experienceが開かない問題を修正

Windows 10でGeForce Experienceが開かない問題を修正

Windows 10で GeForce Experienceが開かない問題を修正する : NVIDIA GeForce Experienceが開かない、または機能しないという問題に直面している場合は、今日は問題を修正する方法を説明するので、心配しないでください。 Windows 10へのアップデートまたはアップグレード後にこの問題が発生しているとユーザーから報告されています。エラーが発生しているかどうかを確認するには、GeForce Experienceアイコンをクリックするだけで、次のエラーメッセージが表示されます。 GeForce Experienceを再起動してみてください。」 このエラーの原因は、古くなっている、破損している、または互換性のないグラフィックスドライバー、破損したビデオカード、最近インストールされたソフトウェアまたはハードウェアに互換性がないなどの可能性があります。以下にリストされたチュートリアルの助けを借りて。 Windows 10でGeForce Experienceが開かない問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:GeForce Experienceサービスを有効にする 1. Windowsキー+ Rを押し、 services.msc と入力してEnterキーを押します。 2.次に、リストからNVIDIA

続きを読みます
Chromeでホストエラーを解決する10の方法

Chromeでホストエラーを解決する10の方法

Google Chromeでホストエラーの解決の問題が発生し、ウェブサイトの読み込みが遅い、またはDNSサーバーが見つからない場合は、このガイドで問題を解決するいくつかの修正について説明するので、心配しないでください。 ウェブサイトを開くことができないか、ウェブサイトのGoogle Chromeでの読み込みが非常に遅い場合、よく見ると、ブラウザのステータスバーに「ホストを解決しています」というメッセージが表示され、これが問題の根本原因です。 この問題はほとんどのユーザーが経験していますが、実際にはその背後にある理由がわかりません。Webサイトを開くことができないまで、メッセージは無視されます。 Google Chromeだけでなく、Firefox、Safari、Edgeなどの他のすべてのブラウザもこの問題の影響を受けます。 注: このメッセージは、Chromeでは「解決中のホスト」と表示され、Firefoxでは「検索中」と表示されるなど、ブラウザによって異なります。 Chromeでホストの解決が行われたのはなぜですか? Webサイトを開くには、まずブラウザのアドレスバーにWebサイトのURLを入力し、Enterキーを押します。 そして、これが本当にウェブサイトを開く方法だと思うなら、あなたは私の友人であると間違っています。 Webサイトを開くには、入力したURLが最初にIPアドレスに

続きを読みます
Windows 10で回転ロックがグレー表示される問題を修正

Windows 10で回転ロックがグレー表示される問題を修正

Windows 10で灰色になっている回転ロックの修正: タブレットなどの2 in 1 Windowsデバイスを使用している場合は、画面回転機能の重要性に精通しています。 しかし、画面回転機能が機能しなくなり、画面回転ロックオプションがグレー表示されるという報告がユーザーから寄せられています。 この問題に直面している場合は、これは単なる設定の問題であるため、簡単に修正できるため、心配しないでください。 このガイドでは、Windows 10でグレー表示された回転ロックを修正する手順について説明します。 このガイドを使用して解決できる問題は次のとおりです。 回転ロックがありません 自動回転が機能しない 回転ロックがグレー表示 画面の回転が機能しない Windows 10で回転ロックがグレー表示される問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1 –ポートレートモードを有効にする この問題を修正する方法の1つは、縦向きモードで画面を回転させることです。 それを縦向きモードに回転させると、おそらく回転ロックが機能し始めます。つまり、再度クリック可能になります。 デバイスがポートレートモードに自動的に回転しない場合は、手動で回転させてみてください。 1. Windowsキー+ I を押して[設定]を開き、[ システム ]アイコンをクリックします。 2.

続きを読みます
Windowsをアクティブ化しようとしたときにエラーコード0x8007000Dを修正する

Windowsをアクティブ化しようとしたときにエラーコード0x8007000Dを修正する

Windowsをアクティブ化しようとしたときにエラーコード0x8007000Dを修正:エラーコード0x8007000D の主な原因は、Windowsファイルが見つからないか破損しているためです。これは、Windowsの更新が進行せず、エラーが発生するためです。 セキュリティ更新プログラムをダウンロードできず、最終的にシステムがウイルス、マルウェア、および外部の脅威に対して脆弱になるため、システムに害を及ぼす可能性があるこのエラーのため、新しい更新プログラムをインストールすることはできません。 Windowsのコピーをアクティブ化しようとする か 、cmdで slsmgr -dlvまたはslmgr -atoコマンド を使用すると、次のエラーが生成されます。 データが無効です。 エラーコード8007000d。 このエラーは、システムアカウントがデフォルトでレジストリパスへのフルコントロールのアクセス許可を持っているためにも発生する可能性があることを忘れていました。 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Enum \ Root また、これらのアクセス許可がルートキーまたはサブキーに対して変更されている場合、エラーコード0x8007000Dが表示されます。 エラーコード0x8007000Dについて詳しく説明したので、時間を無駄にせ

続きを読みます
数字キーパッドがWindows 10で機能しない

数字キーパッドがWindows 10で機能しない

数字キーパッドがWindows 10で機能しない問題を修正:Windows 10 にアップグレードした後、数字キーまたは数字キーパッドが機能しないが、簡単なトラブルシューティング手順で問題を解決できると多くのユーザーが報告しています。 ここで話している数字キーは、QWERTYコンピュータキーボードのアルファベットの上部にある数字ではなく、キーボードの右側にある専用の数字キーパッドです。 更新後、Windows 10で数字キーが機能しない問題が発生する特別な理由はありません。 ただし、最初にWindows 10でテンキー機能を有効にする必要があり、次にガイドに従って問題を解決する必要があります。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを利用して、Windows 10で数字キーパッドが機能しない問題を修正する方法を見てみましょう。 数値キーパッドがWindows 10で機能しない[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:テンキーを有効にする 1. Windows Searchに「 control 」と入力し、[ コントロールパネル ]をクリックして開きます。 2.次に、[簡単操作]をクリックし、[簡単操作センター]をクリックします。 3.Easy of Access Centerで、「 キ

続きを読みます
リモートデバイスまたはリソースが接続エラーを受け入れないのを修正

リモートデバイスまたはリソースが接続エラーを受け入れないのを修正

PCでインターネットにアクセスできませんか? 接続が制限されていますか? 理由が何であれ、最初に行うことは、ネットワーク診断を実行することです。この場合、「 リモートデバイスまたはリソースが接続を受け入れません 」というエラーメッセージが表示されます。 PCでこのエラーが発生する理由 このエラーは、 ネットワーク構成が正しくない 場合、またはコンピューターのネットワーク設定が何らかの理由で変更された場合に特に発生します。 ネットワーク設定とは、プロキシゲートなどがブラウザの設定で有効になっているか、正しく構成されていないことを意味します。 この問題は、LAN設定を自動的に変更するウイルスやマルウェアが原因で発生する場合もあります。 ただし、この問題を解決する簡単な回避策があるため、慌てる必要はありません。 それでは、時間を無駄にせずに、 修正 方法を見てみましょう。以下にリストされているトラブルシューティングガイドを使用して、 リモートデバイスまたはリソースが接続エラー を 受け入れません 。 リモートデバイスまたはリソースが接続エラーを受け入れないのを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:プロキシを無効にする この問題は、Internet Explorerのプロキシ設定が変更された場合に発生します。 これらの手順により、IEとChrom

続きを読みます
Windows 10ファイルエクスプローラーからOneDriveを削除する方法

Windows 10ファイルエクスプローラーからOneDriveを削除する方法

Windows 10のファイルエクスプローラーからOneDriveを削除する方法: OneDriveは、Windows 10の一部としてバンドルされている最高のクラウドストレージサービスの1つです。1つのドライブは、デスクトップ、モバイル、Xboxなどのほとんどの主要なプラットフォームで利用でき、Windowsユーザーが好む理由です他のサービスを超えて。 しかし、ほとんどのWindowsユーザーにとって、OneDriveは気を散らすだけであり、サインインの不要なプロンプトでユーザーに迷惑をかけるだけです。 最も注目すべき問題は、ユーザーがシステムから完全に非表示にするか完全に削除したいファイルエクスプローラーのOneDriveアイコンです。 今問題は、Windows 10にシステムからOneDriveを非表示または削除するオプションが含まれていないことです。そのため、この記事をまとめて、PCからOneDriveを完全に削除、非表示、またはアンインストールする方法を示します。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされた手順の助けを借りて、Windows 10ファイルエクスプローラーからOneDriveを削除する方法を見てみましょう。 Windows 10ファイルエクスプローラーからOneDriveを削除する方法 何か問題が発生した場合に備えて、復元ポイントとバックアップレジス

続きを読みます
ああスナップ!  Chromeのエラー? それを修正する15の作業方法!

ああスナップ! Chromeのエラー? それを修正する15の作業方法!

エラーAwに直面している場合は、Snap! Google ChromeでWebサイトにアクセスしようとすると、問題を修正するための適切な場所にいます。 Awに直面している場合は、Snap! Google Chromeエラーが頻繁に発生する場合は、トラブルシューティングが必要な問題です。 ただし、このエラーがときどき発生する場合は問題なく、このエラーは無視してかまいません。 ああ、スナップ! 基本的に、 Chromeでのエラーは 、アクセスしようとしているWebページが予期せずクラッシュし、ブラウザを閉じる以外に方法がない場合に発生します。 ああ、スナップ! このウェブページの表示中に問題が発生しました。 続行するには、リロードするか、別のページに移動してください。 上記のエラーは、アクティブなインターネット接続があり、エラー自体がエラーに関する適切な情報を提供していない場合でも発生します。 しかし、たくさん検索した後、これらはAw、Snap!の考えられる原因です。 エラー: サーバーから一時的にウェブサイトを利用できない 互換性がないか破損しているChrom拡張機能 マルウェアまたはウイルス感染 破損したChromeプロフィール 古いChromeバージョン ファイアウォールブロックWebサイト 不良または破損したメモリ サンドボックスモード さて、これらは、Aw、Snapを作成してい

続きを読みます
PCを修復する必要があります

PCを修復する必要があります

PCを修復する必要があるというエラーを修正します。 このエラーが 表示される 場合は、 ブート構成データ(BCD) が見つからないか破損しているため、Windowsがブートデバイスを検出できません。 ユーザーは、Windowsの上位バージョンにアップグレードするときにこのエラーを受け取ると報告しています。 通常、このエラーは、システムファイルが破損したり、ファイルシステムの整合性が損なわれたりするなど、他の理由で発生することもあります。 この問題の解決策は、このエラーを確実に修正する以下のトラブルシューティング手順を使用してBCDを修復することです。 システムに応じて、さまざまなタイプのエラーを受け取る可能性があります。 0xc000000f –ブート構成データを読み取ろうとしたときにエラーが発生しました 0xc000000d –ブート構成データファイルに必要な情報が不足しています 0xc000014C – PCのブート構成データが見つからないか、エラーが含まれています 0xc0000605 –オペレーティングシステムのコンポーネントの有効期限が切れています 0xc0000225 –必要なデバイスにアクセスできないため、ブートの選択に失敗しました 0x0000098、0xc0000034 –ブート構成データファイルに必要な情報がないか、有効なOSエントリが含まれていません。 PCを修

続きを読みます