そのようなインターフェイスはサポートされていないエラーメッセージ

[解決済み]このようなインターフェイスはサポートされていないエラーメッセージ:デスクトップを右クリックして[パーソナライズ]を選択した場合など、explorer.exeに関連付けられているサービスを使用しようとすると、「そのようなインターフェイスはサポートされていません」というエラーメッセージが表示される場合があります。 また、ユーザーは、画面のプロパティを開いたり、コンピューターを使用したりするなど、Windowsでナビゲートしようとすると、「Explorer.exe –そのようなインターフェイスはサポートされていません。 この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。

[解決しよう]そのようなインターフェイスはサポートされていないエラーメッセージ

方法1:CCleanerとMalwarebytesを実行する

1. CCleaner&Malwarebytesをダウンロードしてインストールします。

2. Malwarebytes実行して 、システムに有害なファイルがないかスキャンさせます。

3.マルウェアが見つかった場合、自動的に削除されます。

4.次に、 CCleanerを実行し、[Cleaner]セクションの[Windows]タブで、以下の選択項目を確認してクリーニングすることをお勧めします。

5.適切なポイントがチェックされていることを確認したら [ クリーナーを実行 ]をクリックして、CCleanerにコースを実行させます。

6.さらにシステムをクリーニングするには、[レジストリ]タブを選択し、次の項目がオンになっていることを確認します。

7. [ 問題のスキャン] を選択し 、CCleanerにスキャンを許可してから、[ 選択した問題の修正 ]をクリックします

8. CCleanerが尋ねたとき「 レジストリの変更をバックアップしますか? 」を選択します。

9.バックアップが完了したら、[選択したすべての問題を修正]を選択します。

10.PCを再起動します。

方法2:特定のDLLを再登録する

1. Windowsの検索バーにcmdと入力して右クリックし、[管理者として実行]を選択します。

2.管理者特権のコマンドプロンプトに次のように入力し、Enterキーを押します。

 regsvr32 c:\ windows \ system32 \ actxprxy.dll 

3.プロセスが完了するのを待ち、PCを再起動します。

システムの再起動後、 「このようなインターフェイスはサポートされていません」というエラーメッセージ修正できるかどうかを確認し、できない場合は次の方法に進みます。

方法3:DLLを再登録する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

注:これを試す前に、システムの完全なウイルススキャンを実行してください。 また、DLLファイルを再登録する前に、方法1で説明したCCleanerおよびMalwarebytesを実行することをお勧めします。

1. Windowsキー+ Qを押し、cmdと入力して右クリックし、[管理者として実行]を選択します。

2.cmdに次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

 / RC:\%G IN(* .dll)DO "%systemroot%\ system32 \ regsvr32.exe" / s "%G" 

注:上記のコマンドは、完了するまでに数分(場合によっては1時間になる場合があります)かかります。 いくつかのC +ランタイムエラーが表示されるので、CMD以外のすべてのボックスを閉じます。 システムの速度低下が発生する可能性がありますが、このプロセスは大量のメモリを消費するため、これは正常な動作です。

3.上記のプロセスが完了したら、PCを再起動して変更を保存します。

方法4:フォルダー、メニュー設定、サムネイル、アイコンキャッシュを削除する

1. Windows検索でcmdと入力して右クリックし、[管理者として実行]を選択します。

2.次に、次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 a)reg delete "HKCU \ Software \ Classes \ Local Settings \ Software \ Microsoft \ Windows \ Shell" / fb)reg delete "HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Streams" / fc)reg delete "HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ StuckRects2 "/ fd)reg delete" HKCU \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ MenuOrder "/ fe)attrib -r -s -h"%userprofile%\ AppData \ Local \ *。db "f)del"%userprofile%\ AppData \ Local \ *。db " 

3. cmdを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

方法5:システムの復元を実行する

これまで何も機能しない場合は、システムが正常に機能していた以前の時間にシステムを復元してみてください。 システムの復元は、場合によっては、そのようなインターフェイスでサポートされていないエラーメッセージ修正することができました。

方法6:Windows 10の修復インストール

すべてを試した後、Windows 10の修復インストールは、ユーザーデータを変更または削除せずにこの問題を確実に修正できる最後の方法です。

これで、このようなインターフェースでサポートされているエラーメッセージは正常に修正されませんでしたが、この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事