Excelでワークシートをすばやく切り替える

Microsoft Excelを頻繁に使用している場合、Excelで異なるワークシートを切り替えるのが非常に難しいことに気づいたかもしれません。 時には、いくつかのワークシートを切り替えるのは簡単に思えます。 タブを切り替える最も一般的な方法は、各タブをクリックすることです。 ただし、1つのExcelで多数のワークシートを管理する場合、これは非常に退屈な作業です。 したがって、ショートカットと短いキーについての知識があると非常に役立ちます。 また、これらのショートカットは生産性を向上させるのに役立ちます。 1つのExcelで異なるワークシートを簡単に切り替える方法について説明します

ショートカットキーを使用しても怠惰にはなりませんが、生産性が向上し、他の作業に費やす時間を大幅に節約できます。 場合によっては、タッチパッドまたはマウスが機能しなくなり、その状況でキーボードショートカットが非常に便利になります。 したがって、Excelショートカットは、作業プロセスをスピードアップするための最も有用な方法です。

Excelでワークシートをすばやく切り替える

方法1:Excelでワークシートを切り替えるショートカットキー

Ctrl + PgUp (ページ上)—シートを1つ左に移動します。

左に移動したい場合:

1.キーボードのCtrlキーを押したままにします。

2.キーボードのPgUpキーを押して離します。

3.別のシートを左に移動するには、もう一度PgUpキーを押して離します。

Ctrl + PgDn (1ページ下)—シートを1つ右に移動します。

あなたが右にしたいとき:

1.キーボードのCtrlキーを押したままにします。

2.キーボードのPgDnキーを押して離します。

3.右の別のシートに移動するには、もう一度PgDnキーを押して離します。

また読む: XLSXファイルとは何ですか&XLSXファイルを開く方法?

方法2:コマンドに移動してExcelワークシート内を移動する

大量のデータを含むExcelシートがある場合、[移動]コマンドを使用すると、さまざまなセルに移動できます。 非常に少量のデータを含むワークシートには役立ちません。 したがって、大量のデータを含むExcelファイルがある場合にのみ、このコマンドを使用することをお勧めします。

手順1:[ 編集 ]メニューオプションに移動します。

ステップ2:[ 検索と選択 ]オプションクリックし、 [移動 ]オプションを選択します。

ステップ3:ここに移動先の参照を入力します:「Sheet_name +感嘆符+セル参照」。

注:たとえば、シート1、シート2、およびシート3がある場合は、参照に、移動先のシート名とセル参照を入力する必要があります。 したがって、シート3に移動する必要がある場合は、「 Sheet3!A1」と入力します。A1はシート3のセル参照です。

ステップ4:ここで[ OK]を押すか、キーボードのEnterキーを押します。

方法3:Ctrl +左キーを使用して別のワークシートに移動する

この方法を使用すると、Excelで利用可能なすべてのワークシートがダイアログボックスに表示され、切り替えられます。 ここで、作業するワークシートを簡単に選択できます。 これは、現在のExcelファイルで使用可能なワークシートを切り替えるために選択できる別の方法です。

Excelのショートカットが他にもいくつかあり、Excelで最も簡単かつ迅速に作業を行うことができます。

CTRL +; これにより、現在の日付をアクティブセルに入力できます

CTRL + Aワークシート全体を選択します

ALT + F1現在の範囲のデータのグラフを作成します

SHIFT + F3このショートカットを押すと、[関数の挿入]ダイアログボックスが表示されます。

SHIFT + F11新しいワークシートを挿入します

CTRL + HOMEワークシートの最初に移動できます

CTRL +スペースバーワークシートの列全体を選択します

SHIFT +スペースバーこれにより、ワークシートの行全体を選択できます

Excelでの作業にショートカットキーを選択する価値はありますか?

また読む :Excelが別のアプリケーションがOLEアクションを完了するのを待っているのを修正する

1日中ワークシートをスクロールしてクリックし続けたいですか、それとも作業をすばやく完了して同僚や同僚と質の高い時間を過ごしたいですか? 作業をより早く終わらせたい場合は、Excelショートカットがこれを行うための最良の方法です。 Excelのさまざまなタスクで使用できる他のショートカットがたくさんあります。それらのすべてを覚えている場合は、Excelのスーパーヒーローになります。 ただし、覚えておくことができるのは、日常のタスクをより迅速に実行するのに役立つため、作業で頻繁に使用するショートカットのみです。

関連記事