Windows 10で圧縮または暗号化されたファイル名をカラーで表示する

Windows 10で圧縮または暗号化されたファイル名をカラーで表示:Windows 10の最も優れている点の1つは、すばらしい機能が付属していることです。そのような機能の1つは、Windows 10でフォルダーとファイルを暗号化する組み込みの暗号化ツールです。機能、Winrar、7 Zipなどのサードパーティ製ソフトウェアを使用して、ファイルやフォルダを暗号化または圧縮する必要はありません。 圧縮されたファイルまたはフォルダーを識別するために、Windows 10のフォルダーの右上隅に青色の二重矢印が表示されます。

また、ファイルまたはフォルダーを暗号化または圧縮すると、選択に応じてフォントの色(ファイルまたはフォルダーの名前)がデフォルトの黒から青または緑に変更されます。 暗号化されたファイル名は緑色に変更され、同様に、圧縮ファイル名は青色に変更されます。 Windows 10で圧縮ファイルまたはフォルダー名をカラーで表示するには、以下の手順に従う必要があります。また、EFS暗号化ファイルまたはフォルダーが圧縮されている場合、圧縮ファイルまたはフォルダーは再度暗号化されないことにも注意してください。 したがって、時間を無駄にせずに、以下のリストのチュートリアルを利用して、圧縮または暗号化されたファイル名をWindows 10のカラーで表示する方法を見てみましょう。

Windows 10で圧縮または暗号化されたファイル名をカラーで表示する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Folder Optionを使用してWindows 10で圧縮ファイル名をカラーで表示します。

1. Windowsキー+ Eを押してファイルエクスプローラーを開き、ファイルエクスプローラーリボンの[ 表示 ]をクリックして[オプション]をクリックします。

2.次に、ファイルエクスプローラーのフォルダーオプションが表示され、さまざまな設定を構成できます。

3. [フォルダオプション]の[表示]タブに切り替えます

4.下にスクロールして、「 暗号化または圧縮されたNEFSファイルをカラーで表示する 」にチェックマークを付け ます

5. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6.フォントの色は選択に応じて変更されます。

これは、サードパーティのツールを使用せずにWindows 10で圧縮または暗号化されたファイル名をカラーで表示する方法ですが、問題が解決しない場合は、次の方法に従ってください。

方法2:レジストリを使用して、暗号化または圧縮されたNTFSファイルのカラー表示をオンまたはオフにするには

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、 レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

 HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ Advanced 

3. Advance dを右クリックし、[ 新規 ]を選択して、[ DWORD(32ビット)値 ]をクリックします

4.この新しく作成したDWORDにShowEncryptCompressedColorという名前を付け 、ダブルクリックして値を変更します。

5.以下に従って、値データフィールドに値を入力します。

暗号化または圧縮されたNTFSファイルをカラーで表示するには:1

暗号化または圧縮されたNTFSファイルのカラー表示をオフにするには:0

6.値を入力したら、[OK]または[Enter]をクリックします。

7.すべてを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

最後に、Windows 10はファイル名をカラフルにするだけでなく、ユーザーが暗号化または圧縮されたファイルとフォルダーを簡単に識別できるようにします。

推奨:

  • コマンドプロンプト画面のバッファサイズと透過性レベルを変更する
  • Windows 10でファイルとフォルダーを圧縮または解凍する
  • Windows 10のファイルプロパティから互換性タブを削除する
  • Windows 10でコンピューター名を変更する方法

これで、Windows 10で圧縮または暗号化されたファイル名をカラーで表示する方法を習得しましたが、この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく尋ねてください。

関連記事