Windows 10でノートパソコンの画面を半分に分割する

Windows 10でノートパソコンの画面を半分に分割する:ウィンドウの最も重要な特性はマルチタスクです。複数のウィンドウを開いて作業を行うことができます。 ただし、作業中に2つのウィンドウを切り替えるのが非常に面倒な場合があります。 ほとんどの場合、別のウィンドウを参照しています。

この問題を克服するために、ウィンドウには「 SNAP ASSIST 」と呼ばれる特別な機能が用意されています。 このオプションはWindows 10で利用できます。この記事では、システムでスナップアシストオプションを有効にする方法と、スナップアシストを使用してラップトップ画面をWindows 10で半分に分割する方法について説明します。

Windows 10でノートパソコンの画面を半分に分割する

スナップアシストは、画面を分割するのに役立つ機能です。 1つの画面で複数のウィンドウを開くことができます。 これで、ウィンドウを選択するだけで、別の画面に切り替えることができます。

スナップアシストを有効にする(写真付き)

1.最初に、ウィンドウの[スタート]-> [設定]に移動します。

2.設定ウィンドウからシステムアイコンをクリックします。

3.左側のメニューから「 マルチタスク 」オプションを選択します。

4.スナップの下で、すべてのアイテムが有効になっていることを確認します。 それらが有効になっていない場合は、トグルをクリックしてそれぞれを有効にします。

これで、スナップアシストがウィンドウで機能し始めます。 これは画面を分割するのに役立ち、複数のウィンドウを一緒に開くことができます。

Windows 10で2つのウィンドウを並べてスナップする手順

手順1:スナップするウィンドウを選択し、端からドラッグします。

ステップ2:ウィンドウをドラッグすると、半透明の線が別の場所に表示されます。 配置したい場所で停止します。 ウィンドウはその時点でとどまり、他のアプリケーションが開いている場合は、反対側に表示されます。

手順3:他のアプリケーションまたはウィンドウが表示されている場合。 アプリケーションから選択して、最初のウィンドウのスナップ後に残ったスペースを埋めることができます。 このようにして、複数のウィンドウを開くことができます。

ステップ4:スナップされたウィンドウのサイズを調整するには、「 Windows +左矢印/右矢印 」キーを使用できます スナップしたウィンドウを画面の別のスペースに移動します。

仕切りをドラッグしてウィンドウのサイズを変更できます。 ただし、ウィンドウを抑制できる量には制限があります。 したがって、ウィンドウを薄くして無駄にしないようにすることをお勧めします。

1つの画面で最大の有効ウィンドウをスナップする手順

ステップ 1 最初に、スナップするウィンドウを選択し、画面の左端にドラッグします。 「 ウィンドウ+左/右矢印」を使用して、ウィンドウを画面にドラッグすることもできます。

Step.2: 1つのウィンドウをドラッグしたら、画面を4つの等しい部分に分割してみます。 もう1つのウィンドウを左端の隅に移動します。 このようにして、2つのウィンドウを画面の半分の部分に固定しました。

Step.3 :これで、同じ手順を実行するだけで、最後の2つのウィンドウが完了しました。 ウィンドウの右半分にある他の2つのウィンドウをドラッグします。

このようにして、4つの異なるウィンドウを1つの画面に固定しました。 これで、4つの異なる画面間を簡単に切り替えることができます。

推奨:

  • Bluetooth周辺機器ドライバが見つからないというエラーを修正する
  • Widevineコンテンツ復号モジュールのエラーを修正
  • [解決しよう] Windows 10のファイルエクスプローラがクラッシュする
  • Windows 10でWiFiネットワークが表示されないのを修正

上記の手順がWindows 10でノートパソコンの画面を半分に分割するのに役立つことを願っていますが、このチュートリアルまたはSnap Assistオプションについてまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事