Windows 10のサムネイルキャッシュの自動削除を停止する

サムネイルキャッシュの自動削除からWindows 10を停止する: jpeg画像ファイルなどのメディアファイルを含むフォルダーを開くと、Windowsエクスプローラーでそのファイルの小さなプレビューを表示できます。 これは、Windowsでサムネイル画像を生成することによって可能になり、ユーザープロファイルディレクトリのデータベースにキャッシュされて保存されます。 キャッシュされたファイルをデータベースに保存する主な理由は、フォルダーを開くたびに画像やファイルの小さなプレビュー(サムネイル)を再生成する必要がないためです。

サムネイルキャッシュ(およびアイコンキャッシュ)は、次のフォルダーに格納されます。

C:\ Users \ Your_Username \ AppData \ Local \ Microsoft \ Windows \ Explorer

注: Your_Usernameをアカウントの実際のユーザー名に置き換えます。

ここで問題は、Windowsが再起動またはシャットダウンのたびにサムネイルキャッシュファイルを自動的に削除し、ユーザーに問題が発生することです。 何百ものファイルを含むフォルダを開くと、以前のサムネイルキャッシュファイルがシステムのシャットダウン時に削除された可能性があるため、サムネイルの生成には長い時間がかかります。 主な問題は、SilentCleanupと呼ばれるタスクが起動ごとにサムネイルを削除する自動メンテナンスによって引き起こされているようです。

また、破損したサムネイルキャッシュフォルダー、ディスククリーンアップユーティリティなど、他の理由で問題が発生している可能性もあります。また、一部のサードパーティアプリでは、毎回の起動時にサムネイルキャッシュファイルを削除できるため、時間を無駄にすることなく、停止方法を見てみましょう以下のチュートリアルの助けを借りて、サムネイルキャッシュを自動削除することによるWindows 10。

Windows 10のサムネイルキャッシュの自動削除を停止する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Windows 10がサムネイルキャッシュを自動的に削除しないようにする

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ VolumeCaches \ Thumbnail Cache 

3.次に、[ サムネイルキャッシュ ]を選択し、右側のウィンドウで[ 自動実行 ]をダブルクリックします

注:自動実行DWORDが見つからない場合は、サムネイルキャッシュを右クリックして、[新規]> [DWORD(32ビット)]の値を選択し、このDWORDに自動実行という名前を付けます。 64ビットシステムを使用している場合でも、32ビットのDWORDを作成する必要があります。

4. Autorun DWORDの値が1に設定されている場合は、起動するたびにサムネイルキャッシュを自動的に削除するSilentCleanup機能が有効であることを意味します。

5.この問題を解決するには、Autorunをダブルクリックして値を0に変更し、[OK]をクリックします。

6.同様に、次のレジストリキーに移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ WOW6432Node \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ VolumeCaches \ Thumbnail Cache 

7. Autorun DWORDをダブルクリックし、その値を0に変更して、OKをクリックします。

注: Autorun DWORDが見つからない場合は、手順3と同じように作成してください。

レジストリエディターを閉じて、PCを再起動します。

9. ディスククリーンアップを手動で使用して、サムネイルキャッシュをクリアすることもできます。

方法2:タスクスケジューラでSilentCleanupタスクを無効にする

注:これにより、ディスククリーンアップが自動メンテナンスの一部として実行されなくなります。 定期メンテナンスの一環としてディスククリーンアップを実行したいが、サムネイルキャッシュをクリアしたくない場合は、方法1をお勧めします。

1. Windowsキー+ Rを押してtaskschd.msc入力し、Enterキーを 押し ます。

2.次の場所に移動します。

タスクスケジューラ>タスクスケジューラライブラリ> Microsoft> Windows> DiskCleanup

3.必ずDiskCleanupを選択し、右側のウィンドウペインでSilentCleanupタスクを右クリックして 、[ 無効にする]を選択します

4.すべてを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

方法3:サムネイルキャッシュフォルダーをリセットしてみます

アイコンに専用のイメージが欠落しているディスクでディスククリーンアップを実行します。

注:これにより、フォルダーのすべてのカスタマイズがリセットされます。したがって、それを望まない場合は、最後にこの方法を試してください。これにより、問題が確実に修正されます。

1.このPCまたはマイPCに移動し、C:ドライブを右クリックして[ プロパティ ]を選択します。

3.Propertiesウィンドウで、容量の下のDisk Cleanupをクリックします。

$config[ads_text6] not found

4. ディスククリーンアップが解放できる容量を計算するには、しばらく時間がかかります。

5.ディスククリーンアップがドライブを分析し、削除可能なすべてのファイルのリストが表示されるまで待ちます。

リストからサムネイルにチェックマークを付け、説明の下にあるシステムファイルのクリーンアップをクリックします。

7.ディスククリーンアップが完了するのを待ち、 サムネイルキャッシュフォルダーリセットできるかどうかを確認します

方法4:サードパーティソフトウェアがサムネイルキャッシュを削除しないようにする

CCleanerを頻繁に使用する場合、 CCleanerを実行するたびにサムネイルキャッシュを削除している可能性があります。 これを回避するには、クリーナーを実行するときに、オプション「 サムネイルキャッシュ 」のチェック外してください。

推奨:

  • Windows 10のフォルダーで自動配置を無効にする
  • Windows 10で自動メンテナンスを手動で開始する
  • Windows 10で自動メンテナンスを無効にする
  • Windows 10でデフォルトのプログラムを変更する方法

以上で、 サムネイルキャッシュの自動削除からWindows 10を停止する方法を学習しましたが、このチュートリアルに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事