エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントはもうありません

修正エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントがもうありません。このエラーが発生している場合は、プリンターをインストールするか、ネットワーク内でドライブを共有していることを意味します。 通常、ドメインに参加しようとするとWindowsサービスが破損しているため、特定のドメインに参加できない他のサービスと競合し、最終的にエラーが発生すると、「使用可能なエンドポイントがありません」エラーが発生します。 とにかく、このエラーは非常に煩わしいため、次のトラブルシューティング手順でトラブルシューティングを行ってこのエラーを修正します。

クライアントをActive Directoryドメインに参加させようとすると、次のエラーが表示される場合があります。

ドメインに参加しようとしたときに次のエラーが発生しました:

エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントはもうありません。

エラー1753:エンドポイントマッパーから使用可能なエンドポイントがありません。

エンドポイントマッパーから利用可能なエンドポイントはもうありません[解決しよう]

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:RPC制限を削除するためにインターネットキーを削除する

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

コンピューター\ HKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Microsoft \ Rpc \ Internet

3. インターネットキーを右クリックし、[ 削除]を選択します

4.PCを再起動して変更を保存します。

方法2:リモートプロシージャコール(RPC)サービスが開始されていることを確認する

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

2.次のサービスを探します:

リモートプロシージャコール

リモートプロシージャコールロケータ

ByProcessManager

プリンターの追加に問題がある場合は、次のサービスも実行されていることを確認してください。

印刷スプーラー

DCOMサーバープロセスランチャー

RPCエンドポイントマッパー

3.右クリックして、上記のサービスのプロパティを選択します

4.次に、 スタートアップの種類が自動であり、 サービスが実行されていることを確認します

5.上記のサービスが停止している場合は、必ずプロパティウィンドウから実行してください。

6.PCを再起動して変更を保存します。「 エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントはこれ以上ありません 」というエラーが解決される場合があります。

方法3: ウイルス対策 ファイアウォールを 一時的に無効にする

場合によっては、アンチウイルスプログラムが「エンドポイントマッパーから使用可能なエンドポイントがない」ことを引き起こす可能性があります。これが当てはまらないことを確認するには、一定期間アンチウイルスを無効にして、エラーが引き続き表示されるかどうかを確認できるようにする必要がありますアンチウイルスがオフのとき。

1.システムトレイのアンチウイルスプログラムアイコンを右クリックし、[ 無効にする]を選択します

2.次に、 アンチウイルスを無効にする期間を選択します。

注:15分や30分など、できるだけ短い時間を選択してください。

3.完了したら、もう一度WiFiネットワークに接続して、エラーが解決するかどうかを確認します。

4. Windowsキー+ Iを押して、[ コントロールパネル]を選択します

5.次に、 システムとセキュリティをクリックします

6.次に、 Windowsファイアウォールをクリックします。

7.左側のウィンドウペインで、[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]をクリックします。

8. [Windowsファイアウォールをオフにする]を選択し、PCを再起動します。 もう一度WiFiネットワークに接続してみて、問題が解決するかどうかを確認します。

上記の方法が機能しない場合は、まったく同じ手順に従ってファイアウォールを再度オンにしてください。

方法4:印刷のトラブルシューティングツールを実行する

1. Windowsの検索バーに「トラブルシューティング」と入力し、[ トラブルシューティング ]をクリックします

2.次に、左側のウィンドウペインから[すべて表示]を選択します。

3.次に、[コンピューターの問題のトラブルシューティング]リストから[ プリンター]を選択します

4.画面の指示に従って、プリンターのトラブルシューティングを実行します。

5. PCを再起動すると、「 エンドポイントマッパーから使用可能なエンドポイントがこれ以上ありません 」というエラーが解決される場合があります。

方法5:詳細な共有設定を変更する

1.システムトレイのワイヤレスアイコンを右クリックし、[ ネットワークと共有センターを開く ]をクリックします

2.左側のウィンドウで[ 共有の詳細設定の変更]をクリックします。

3. ネットワーク検出、ファイルとプリンターの共有、およびパブリックフォルダーを有効にします。

4.「変更の保存」をクリックしてすべてを閉じます。 PCを再起動して変更を保存します。

方法6:共有エラーのレジストリ修正

1. MpsSvc.regおよびBFE.regファイルをダウンロードします。 それらをダブルクリックして実行し、これらのファイルをレジストリに追加します。

2.PCを再起動して変更を保存します。

3. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

4.次に、次のレジストリキーに移動します。

コンピューター\ HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ BFE

5. BFEキーを右クリックし、 [アクセス許可 ]を選択します。

6.表示される次のウィンドウで、[ 追加]ボタンをクリックします。

7.選択するオブジェクト名を入力してくださいフィールドの下に「 Everyone 」(引用符なし)を入力し、[名前の確認 ]をクリックします

8.名前が確認されたら、[ OK ]をクリックします

9.Everyoneが[ グループ名またはユーザー名]セクションに追加されます。

10.必ずリストから[ Everyone ]を選択し、[許可]列の[ フルコントロール ]オプションにチェックマークを付けます。

11. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

12.Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

13.以下のサービスを見つけて右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

フィルタリングエンジン

Windowsファイアウォール

14. [プロパティ]ウィンドウで両方を有効にし([スタート]をクリック)、[ スタートアップの種類 ]が[ 自動]に設定されていることを確認します

15.それはあなたがフィックスを持っている可能性があるということですエンドポイントマッパーから利用可能なエンドポイントはもうありませんが、そうでない場合は、次のステップでSFCとCHKDSKを実行します。

方法7:システムファイルチェッカー(SFC)およびチェックディスク(CHKDSK)を実行する

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者) ]をクリックします

2.次に、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。

 Sfc / scannow sfc / scannow / offbootdir = c:\ / offwindir = c:\ windows 

3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。

4.次に、ここからCHKDSKを実行し、チェックディスクユーティリティ(CHKDSK)でファイルシステムエラーを修正します。

5.上記のプロセスを完了させ、PCを再起動して変更を保存します。

方法8:DISMを実行する(展開イメージのサービスと管理)

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

重要: DISMを実行するときは、Windowsインストールメディアを準備する必要があります。

 DISM.exe / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:C:\ RepairSource \ Windows / LimitAccess 

注: C:\ RepairSource \ Windowsを修復ソースの場所に置き換えます

2. Enterキーを押して上記のコマンドを実行し、プロセスが完了するまで待ちます。通常、15〜20分かかります。

 注:上記のコマンドが機能しない場合は、以下を試してください:Dism / Image:C:\ offline / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth /ソース:c:\ test \ mount \ windows / LimitAccess 

3. DISMプロセスが完了したら、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。sfc / scannow

4.システムファイルチェッカーを実行し、完了したらPCを再起動します。 Windows 10の低速シャットダウンの問題が解決したかどうかを確認します

あなたにおすすめ:

  • プログラムのリンクとアイコンを修正してWord文書を開く
  • Internet Explorer 11が応答しないのを修正する方法
  • 修正ファイルが宛先ファイルシステムに対して大きすぎる
  • Wordで自動保存時間を変更する方法

以上で問題は解決しました。エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントはもうありませんが、この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事