ピア名解決プロトコルサービスを開始できない場合のトラブルシューティング

ピア名解決プロトコルサービスを開始できない場合のトラブルシューティング: PCでホームグループに参加または作成しようとすると、「ローカルコンピューターでピア名解決プロトコルサービスを開始できませんでした。 エラー0x80630203:キーにアクセスできません」と表示されるのは、PCでホームグループを使用するために不可欠なピア名解決プロトコルサービスをWindowsが開始できないためです。 上記のエラーに加えて、次のエラーメッセージが表示される場合もあります。

  • ホームグループ:エラー0x80630203ホームグループから脱退または参加できません
  • デフォルトのIDの作成がエラーコード0x80630801で失敗したため、ピア名解決プロトコルクラウドは開始しませんでした
  • Windowsはローカルコンピューターでピア名解決プロトコルサービスを開始できませんでした。エラーコード:0x806320a1
  • Windowsは、ローカルコンピューターでピアネットワークグループサービスを開始できませんでした。 エラー1068:依存関係サービスまたはグループを開始できませんでした。

HomeGroupのスムーズな実行は、ピア名解決プロトコル、ピアネットワーキンググループ、PNRPマシン名公開サービスの3つのサービスに依存しています。 したがって、これらのサービスの1つが失敗すると、3つすべてが失敗し、ホームグループサービスを使用できなくなります。 ありがたいことに、この問題には簡単な修正があるので、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティング手順で実際にピア名解決プロトコルサービスを開始できない問題を修正する方法を見てみましょう。

ピア名解決プロトコルサービスを開始できない場合のトラブルシューティング

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:破損したidstore.sstファイルを削除する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.次のコマンドを入力してEnterキーを押します。Net stop p2pimsvc / y

3.ファイルエクスプローラーを開き、次のディレクトリに移動します。

C:\ Windows \ ServiceProfiles \ LocalService \ AppData \ Roaming \ PeerNetworking \

4.上記のフォルダーを参照できない場合は、[フォルダーオプション]で[すべてのファイルとフォルダーを表示する]をオンにしてください。

5.次に、 idstore.sstファイルを完全に削除してから、上記のディレクトリに移動します。

6.PCを再起動すると、 PNRPサービスがファイルを自動的に作成します。

7. PNRPサービスが自動的に開始されない場合は、Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

8. ピア名解決プロトコルサービスを見つけて右クリックし、[ プロパティ ]をクリックします。

9. [スタートアップの種類]を[ 自動 ]に設定し、サービスが実行されていない場合は、必ず[ 開始 ]をクリックします。

これは間違いなくピア名解決プロトコルサービスを開始できない問題を修正しますが、再起動後でも以下のエラーが発生している場合は、次の方法に従います。

Windowsは、ローカルコンピューターでピア名解決プロトコルサービスを開始できませんでした。 エラー1079:このサービスに指定されたアカウントは、同じプロセスで実行されている他のサービスに指定されたアカウントとは異なります。

方法2:ローカルサービスをピア名解決プロトコルサービスのログオンとして使用する

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

$config[ads_text6] not found

2.次に、 ピア名解決プロトコルを見つけて右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

3. [ログオン]タブに切り替え、 [ このアカウント ]チェックボックスをオンにします

4.「このアカウント」に「 Local Service」と入力し、アカウントの管理パスワードを入力します。

5.再起動して変更を保存すると、エラーメッセージ1079修正されます。

方法3:新しいMachineKeysフォルダーを作成する

1.ファイルエクスプローラーを開き、次のディレクトリに移動します。

C:\ ProgramData \ Microsoft \ Crypto \ RSA \

注:ここでも、[フォルダオプション]の[ すべてのファイルとフォルダを表示する]にチェックが付いていることを確認してください。

2.RSAの下にMachineKeysフォルダーがあり 、右クリックして[ 名前の変更 ]を選択します

3. MachineKeys.oldと入力して、元のMachineKeysフォルダーの名前を変更します。

4.同じフォルダー(RSA)の下にMachineKeysという新しいフォルダーを作成します

5.この新しく作成されたMachineKeysフォルダーを右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

6. [セキュリティ]タブに切り替え、[ 編集 ]をクリックします

7. [グループ名またはユーザー名]で[ 全員]が選択されていることを確認し、[ 全員のアクセス許可]で[ フルコントロール]をオンにします。

8. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

9.PCを再起動して変更を保存します。

10.ここで、services.mscウィンドウで次のサービスが実行されていることを確認します。

ピア名解決プロトコル

ピアネットワークIDマネージャー

PNRPマシン名の公開

11.実行されていない場合は、1つずつダブルクリックして、[ 開始 ]をクリックします

12.次に、 ピアネットワークグループサービスを見つけて開始します。

あなたにおすすめ:

  • 重要な更新ループをインストールするためにコンピューターを再起動して修正してください
  • Windows 10でファイルシステムエラーを修正する方法
  • 依存関係サービスまたはグループが開始に失敗した場合の修正
  • 修正はWindows Media PlayerでMOVファイルを再生できません

これで問題は解決しました。ピア名解決プロトコルサービスのエラーを開始できませんでした。このガイドに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事