更新を完了できませんでした、変更を元に戻しています

修正更新を完了できなかった、変更を元に戻す[解決済み]更新を完了できなかった、変更を元に戻せなかった、コンピューターのメッセージをオフにできない 、起動ループに陥った場合この投稿はこのエラーを修正するのに役立つので、ここに来てうれしいです。

さて、Windows 10はMicrosoftオペレーティングシステムの最新版であり、他のすべてのOSと同様に、これにも多くの問題があるようです。 しかし、ここで特に言及しているのは、新しい更新をダウンロードしてPCを再起動しているときです。更新プロセスがスタックし、Windowsを起動できません。残っているのは、この迷惑なエラーメッセージだけです。

 更新を完了できませんでした。変更を元に戻します。コンピュータの電源を切らないでください。 

そして、このエラーの無限ループに陥っており、PCを再起動しても、このエラーに戻る以外は何もできません。 数回再起動した後の上記のエラーに加えて、次のような進行状況が表示される場合があります。

 アップデートのインストール15%アップデートを完了できませんでした。変更を元に戻します。コンピュータの電源を切らないでください。 

しかし、残念なことに、これは30%までしか完了せず、その後再起動し、あなたがそれについて何かをすることを決定するまで、これは何度も繰り返されます。まあ、あなたはここにいるので、この問題を修正する時間です。

とにかく、システムでこのエラーが発生した場合は、以下から修正を適用するだけで簡単に対処できるので、心配しないでください。 それでは、時間を無駄にすることなく、修正方法を確認しましょう。更新を完了できませんでした。以下にリストされているトラブルシューティング手順を利用して、変更の問題を元に戻します。

修正更新を完了できませんでした、変更を元に戻しています

注: PCを更新/リセットしないでください。繰り返します。

Windowsにログオンできる場合:

方法1:ソフトウェア配布フォルダーを削除する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。

2.Now cmd内に次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 a)ネットストップwuauserv b)ネットストップビット c)ネットストップcryptSvc d)ネットストップmsiserver 

3. C:\ Windows \ SoftwareDistributionフォルダーを参照し、内部のすべてのファイルとフォルダーを削除します。

4.もう一度コマンドプロンプトに移動し、各コマンドを入力してEnterキーを押します。

 a)ネットスタートwuauserv b)ネットスタートcryptSvc c)ネットスタートビット d)ネットスタートmsiserver 

5.コンピュータを再起動して変更を保存します。

6.もう一度アップデートをインストールしてみてください。今回はアップデートのインストールに成功する可能性があります。

7.引き続き問題が発生する場合は、アップデートをダウンロードする前の日付にPCを復元してください。

または、Windowsにログオンできるかどうかにかかわらず、 メソッド(c)、(d)、および(e)を試してください

方法2:Windows Updateトラブルシューティングツールをダウンロードする

1. Webブラウザーを開き、次のページに移動します。

2.「 ダウンロードしてWindows Update Troubleshooterを実行します。

3.ファイルのダウンロードが完了したら、ダブルクリックして実行します。

4. [次へ]をクリックして、Windows Updateトラブルシューティングツールを実行します。

5.画面の指示に従って処理を完了します。

6.問題が見つかった場合は、[この修正を適用]をクリックします。

7.最後に、もう一度アップデートをインストールしてみます。今回は直面しませんアップデートを完了できませんでした変更を元に戻しています。

方法3:アプリの準備を有効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnter キーを押します

2. アプリの準備に移動し 、右クリックして[ プロパティ ]を選択します。

3.Startup typeをAutomaticに設定し、 Startをクリックします

4. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックし、services.mscウィンドウを閉じます。

5.PCを再起動します。 修正できる場合があります。 アップデートを完了できませんでした。変更を元に戻します。 コンピュータの問題をオフにしないでください

方法4:自動更新を無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnter キーを押します

2. Windows Update設定に移動し、右クリックして[ プロパティ ]を選択します。

3. [停止]をクリックし、[スタートアップの種類]を[無効]に選択します

4. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックし、services.mscウィンドウを閉じます。

5. PCを再起動し、アップデートのインストールを再度試みます。

修正できるかどうかを確認します更新を完了できませんでした変更の問題を元に戻します 。それ以外の場合は続行します。

方法5:Windowsシステムの予約済みパーティションサイズを増やす

注:BitLockerを使用している場合は、アンインストールまたは削除してください。

1.予約済みパーティションのサイズを手動またはこのPartition Manager Softwareで増やすことができます。

2. Windowsキー+ Xを押し、[ ディスクの管理 ]をクリックします

3.予約済みパーティションのサイズを拡張するには、未割り当てのスペースが必要です。または、作成する必要があります。

4.作成するには、パーティション (OSパーティションを除く)の1つを右クリックし 、[ ボリュームの縮小]を選択します

5.最後に、 予約済みパーティションを右クリックして、 ボリュームの拡張を選択します

6. PCを再起動すると、更新を完了できなかった問題修正できます。 変更を元に戻しています。

方法6:その他の修正

1. CCleanerを実行して、レジストリの問題を修正します。

2.新しい管理者アカウントを作成し、そのアカウントからアップデートをインストールしてみます。

3.問題の原因となっているアップデートがわかっている場合は、手動でアップデートをダウンロードしてインストールします。

//catalog.update.microsoft.com/(リンクはInternet Explorerでのみ機能します)

4. PCにインストールされているVPNサービスを削除します。

5.ファイアウォールとウイルス対策を無効にしてから、アップデートのインストールを再試行します。

6.何も動作しない場合は、Windowsを再度ダウンロードして、アップデートをインストールしてください。

Windowsにログオンできず、再起動ループに陥った場合。

重要:Windowsにログオンできるようになったら、上記の方法をすべて試してください。

方法(a):システムの復元

1. Windows 10を再起動します。

2.システムが再起動したら、 BIOSセットアップに入り 、CD / DVDから起動するようにPCを設定します。

3. Windows 10の起動可能なインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。

4.任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、任意のキーを押して続行します。

5.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 左下の[コンピュータを修復する]をクリックします。

6.オプションの選択画面で、[ トラブルシューティング ]をクリックします

7.トラブルシューティング画面で、 詳細オプションをクリックします。

8. [詳細オプション]画面で、[ システムの復元 ]をクリックします

9.現在のアップデートの前に復元ポイントを選択し、コンピューターを復元します。

10.Windowsを再起動すると、更新を完了できなかったことがわかりません変更を元に戻しています。

11.最後に、方法1を試してから、最新のアップデートをインストールします。

方法(b):問題のある更新ファイルを削除する

1. Windows 10を再起動します。

2.システムが再起動したら、BIOSセットアップに入り、CD / DVDから起動するようにPCを設定します。

3. Windows 10の起動可能なインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。

4. 任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、 任意のキーを押して続行します。

5.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 左下の[コンピュータを修復する]をクリックします。

6.オプションの選択画面で、[ トラブルシューティング ]をクリックします

7.トラブルシューティング画面で、 詳細オプションをクリックします。

8. [詳細オプション]画面で、[ コマンドプロンプト ]をクリックします

9.これらのコマンドをcmdに入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

a)cd C:\ Windows \

b)del C:\ Windows \ SoftwareDistribution *。* / s / q

10.コマンドプロンプトを閉じて、PCを再起動します。

11.Windowsに正常にログオンできるようになります。

12.最後に、アップデートをインストールしてみてください。アップデートを完了できなかった、変更を元に戻すエラーメッセージを修正できます。

方法(c):SFCとDISMを実行する

1.上記の方法でコマンドプロンプトを再度開きます。

2.次のコマンドを入力します: Sfc / scannow

3.システムファイルチェック(SFC)を完了するには、通常5〜15分かかります。

4.次に、cmdに次のように入力し(順番が重要です)、それぞれの後にEnterキーを押します。

a)Dism / Online / Cleanup-Image / CheckHealth

b)Dism / Online / Cleanup-Image / ScanHealth

c)Dism / online / Cleanup-Image / startcomponentcleanup

d)DISM / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth

#警告:これは高速なプロセスではなく、コンポーネントのクリーンアップには約5時間かかることがあります。

5. DISMを実行した後、 SFC / scannowを再実行して、すべての問題が修正されたことを確認することをお勧めします。

6.コンピューターを再起動すると、今回のアップデートは問題なくインストールされます。

方法(d):セキュアブートを無効にする

1.PCを再起動します。

2.システムの再起動時起動シーケンス中にキーを押して、 BIOSセットアップに入ります

3.セキュアブート設定を見つけ、可能であればそれを有効に設定します。 このオプションは通常、 [セキュリティ]タブ、[ブート]タブ、または[認証]タブにあります。

#警告:セキュアブートを無効にした後、PCを工場出荷時の状態に復元しないと、セキュアブートを再度アクティブにすることが難しい場合があります。

4.PCを再起動すると、エラーメッセージが表示されずに更新が正常にインストールされ、更新を完了できなかった問題を元に戻すことができます。

5.再度、BIOSセットアップからセキュアブートオプションを有効にします。

方法(e):システム予約済みパーティションを削除する

1.コマンドプロンプトを開き、次の各コマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 a)bcdboot C:\ Windows / s C:\ c)diskpart d)list vol e)select vol(Select System Volume) f)act g)list vol h)select vol(Select System Reserved Volume) i)inactive j)出口 

BCDを構成します。

 a)bcdedit / set {bootmgr}デバイスパーティション= C: b)bcdedit / set {default}デバイスパーティション= C: c)bcdedit / set {デフォルト} osdeviceパーティション= C: 

2.変更または再起動する前に、Windowsの起動に失敗した場合に備えて、WindowsインストールDVDまたはWinPE / WinRE CdまたはUSBフラッシュドライブがあることを確認してください。 Windowsが起動しない場合は、WindowsインストールディスクまたはWinPE / WinREを使用して起動し、コマンドプロンプトで次のように入力します(WinPEブータブルUSBの作成方法)。

 a)bootrec / fixmbr b)bootrec / fixboot c)bootrec / rebuildbcd 

3.再起動したら、WinREをシステム予約済みパーティションからシステムパーティションに移動します。

4.コマンドプロンプトを再度開いて次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

Diskpartの回復パーティションにドライブ文字を割り当てます。

 a)diskpart b)リストボリューム c)ボリュームを選択 d)割り当てlet = R e)WinREを 無効化  f)試薬c /無効化 

予約済みパーティションからWinREを削除します。

rd R:\ Recovery

WinREをシステムパーティションにコピーします。

robocopy C:\ Windows \ System32 \ Recovery \ R:\ Recovery \ WindowsRE \ WinRE.wim / copyall / dcopy:t

WinREを構成します。

reactionc / setreimage / path C:\ Recovery \ WindowsRE

WinREを有効にします。

試薬/有効化

5.今後の使用のために、ドライブの最後(OSパーティションの後)に新しいパーティションを作成し、WinREと、Windows 10 DVDに含まれるすべてのファイルを含むOSIフォルダー(元のシステムインストール)を保存します。 このパーティションドライブを作成するために、ハードディスクに十分な空き容量があることを確認してください(通常は100GB)。 また、このパーティションを作成する場合は、Diskpartを使用してパーティションIDフラグを27(0x27)に設定することが重要です。これは、パーティションをリカバリパーティションとして指定しているためです。

あなたにおすすめ:

  • BOOTMGRを修正する方法にWindows 10がありません
  • ドライバーの電源状態の失敗を修正するWindows 10
  • システムスレッド例外が処理されないエラーを修正するWindows 10
  • 自動修復を修正する方法はあなたのPCを修復できませんでした

最後の言葉

何も機能しない場合は、PCを以前の状態に復元し、問題のある更新をコントロールパネルから削除し、自動更新を無効にし、Microsoftがこの更新の問題の修正に取り組むまで通常どおりPCを使用します。 数日後、おそらく20〜30日以内に更新プログラムを再度インストールしてみてください。成功した場合はおめでとうございますが、行き詰まった場合は、上記の方法を試してみてください。今回は成功する可能性があります。

修正が完了しました。更新を完了できませんでした。変更を元に戻しています。 コンピューターの電源を切らないでください[解決済み]。この更新に関する質問がある場合は、コメント欄で質問してください。

関連記事