システム予約済みパーティションを更新できませんでした

修正システムで予約されたパーティションを更新できませんでした: PCを新しいバージョンのWindowsに更新またはアップグレードしようとすると、このエラーが表示される可能性があります。 このエラーの主な原因は、ハードディスクのEFIシステム予約済みパーティションの空き容量が不足していることです。 EFIシステムパーティション(ESP)は、Unified Extensible Firmware Interface(UEFI)に準拠するWindowsによって使用されるハードディスクまたはSSD上のパーティションです。 コンピューターが起動すると、UEFIファームウェアはESPにインストールされているオペレーティングシステムやその他のさまざまなユーティリティをロードします。

Windows 10をインストールできませんでした

システム予約済みパーティションを更新できませんでした

この問題を修正する最も簡単な方法は、EFIシステムの予約済みパーティションのサイズを増やすことです。それが、この記事で教えることです。

システムで予約されたパーティションを更新できませんでした[解決しよう]

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:MiniTool Partition Wizardを使用する

1.MiniTool Partition Wizardをダウンロードしてインストールします。

2.次に、システムで予約済みのパーティションを選択し、「 パーティションの拡張 」機能を選択します

3.次に、ドロップダウンからシステム予約パーティションにスペースを割り当てるパーティションを選択します。 次に、スライダーをドラッグして、割り当てる空き領域を決定し、[OK]をクリックします。

4.メインインターフェイスから、システム予約パーティションが元の350MBから7.31GBになることがわかります(これは単なるデモです。システム予約パーティションのサイズを最大1GBまで増やす必要があります)。「適用」ボタンをクリックして変更を適用してください。 。 これは修正する必要がありますシステムで予約済みのパーティションを更新できませんでしたが、サードパーティのアプリケーションを使用したくない場合は、コマンドプロンプトを使用して問題を修正するために次の方法に従ってください。

方法2:コマンドプロンプトを使用する

続行する前に、GTPまたはMBRパーティションがあるかどうかを最初に確認します。

1. Windowsキー+ Rを押し 、「 diskmgmt.msc 」と入力してEnterキーを押します。

2.ディスク(ディスク0など)を右クリックし、 プロパティ選択します。

3.次に[ボリューム]タブを選択し、[パーティションスタイル]で確認します。 マスターブートレコード(MBR)またはGUIDパーティションテーブル(GPT)のいずれかである必要があります。

4.次に、パーティションのスタイルに応じて以下の方法を選択します。

a)GPTパーティションがある場合

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.cmdに次のコマンドを入力してEnterキーを押します。mountvoly :/ s

これにより、システムパーティションにアクセスするためにY:ドライブ文字が追加されます。

3.もう一度taskkill / im explorer.exe / fと入力し、Enterキーを押します。 次に、explorer.exeと入力し、Enterキーを押して、エクスプローラーを管理モードで再起動します。

4. Windowsキー+ Eを押してファイルエクスプローラーを開き、アドレスバーにY:\ EFI \ Microsoft \ Boot \と入力します。

5.次に、 英語除く他すべての言語フォルダを選択し、 それら完全に削除します。

たとえば、en-USは米国英語を意味します。 de-DEはドイツ語を意味します。

6.Y :\ EFI \ Microsoft \ Boot \ Fontsにある未使用のフォントファイルも削除します

7.PCを再起動して変更を保存します。 GPTパーティションがある場合は、上記の手順で間違いなく修正できますシステムで予約されているパーティションを更新できませんでしたが、MBRパーティションがある場合は、次の方法に従ってください。

b)MBRパーティションがある場合

注: USBフラッシュドライブがあり(NTFSでフォーマット)、少なくとも250MBの空き容量があることを確認してください。

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdiskmgmt.mscと入力してEnterキーを押します。

2. リカバリパーティションを選択して右クリックし、[ ドライブ文字とパスの変更 ]を選択します

3. [ 追加 ]を選択し、ドライブ文字にY入力して、[OK]をクリックします。

4. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

5. cmdに次のように入力します。

Y:

takeown / dy / r / f。「f」の後にスペースを入れ、ピリオドも含めるようにしてください

whoami (次のコマンドで使用するユーザー名が表示されます)

icacls。 / grant:F / t (ユーザー名と「:F」の間にスペースを入れないでください

attrib -s -r -h Y:\ Recovery \ WindowsRE \ winre.wim

(まだコマンドを閉じないでください)

6.次に、ファイルエクスプローラーを開き、使用している外部ドライブのドライブ文字を書き留めます(この場合

それはF :)です。

7. cmdに次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 mkdir F:\ Recovery \ WindowsRE xcopy Y:\ Recovery \ WindowsRE \ winre.wim F:\ Recovery \ WindowsRE \ winre.wim / h C:\ Windows \ System32 \ Reagentc / SetREImage / Path F:\ Recovery \ WindowsRE / Target C:\ Windows del Y:\ Recovery \ WindowsRE \ winre.wim / F 

8. [ ディスクの管理 ]に戻り、 [アクション]メニュークリックして 、[ 更新 ]を選択します

$config[ads_text6] not found

9.システム予約済みパーティションのサイズが増加しているかどうかを確認します。増加している場合は、次の手順に進みます。

10.すべてが完了したら、 wimファイルをリカバリパーティションに戻し、場所を再マップする必要があります。

11.次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

 xcopy F:\ Recovery \ WindowsRE \ winre.wim Y:\ Recovery \ WindowsRE \ winre.wim / h C:\ Windows \ System32 \ Reagentc / SetREImage / Path Y:\ Recovery \ WindowsRE / Target C:\ Windows 

12.もう一度[ディスクの管理]ウィンドウを選択し、[リカバリパーティション]を右クリックして、[ドライブ文字とパスの変更]を選択します。 Y:を選択し、削除を選択します。

あなたにおすすめ:

  • デベロッパーモードパッケージの修正に失敗しましたエラーコード0x80004005
  • 今すぐ同期できないエラー0x8500201dを修正する方法
  • Windows 10ストアエラー0x80073cf9を修正
  • Windowsエクスプローラが動作を停止しました[解決しよう]

以上で問題は解決しました。システムで予約されたパーティションを更新できませんでしたが、このガイドに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事