WiFi制限付き接続の問題

WiFi制限付き接続の問題を修正する: WiFiステータスで制限付き接続のエラーが発生している場合、インターネットに再度接続するまでインターネットにアクセスできません。 WiFiに接続すると、制限付きアクセスのメッセージが表示されます。これは、ルーター/モデムに接続しているが、インターネットがないか、さらに悪いことに、インターネット接続は利用可能ですが、システムが受信できないことを意味します。

制限された接続エラーは、WiFiアダプターが無効になっていることを意味するのではなく、システムとルーターの間の通信に問題があることを意味します。 別のPCまたはモバイルを使用して、このネットワークに接続できるかどうかを確認します。同じネットワーク接続を使用している他のデバイスでインターネットを使用できる場合、問題はシステムのみにあります。

次のエラーが表示される場合があります。

この接続には接続が制限されているか、接続がありません。 インターネットにアクセスできません

接続が制限されています

したがって、システムだけがインターネットに接続できない場合、インターネットにアクセスできず、接続の制限の問題を解決するために、以下のトラブルシューティング手順に従う必要があるため、これは深刻な問題です。

WiFi制限付き接続の問題[解決済み]

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:モデムまたはWiFiアダプターを再起動します

このエラーは、Wifiモデムまたはルーターを再起動してインターネットにアクセスし、WiFiの制限された接続の問題を修正できるかどうかを確認することで解決できる場合があります。 それでも問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

ルーターの管理ページにアクセスするには、デフォルトのIPアドレス、ユーザー名、パスワードを知っている必要があります。 わからない場合は、このリストからデフォルトのルーターIPアドレスを取得できるかどうかを確認してください。 それができない場合は、このガイドを使用してルーターのIPアドレスを手動で見つける必要があります。

方法2:WiFiアダプターを無効にして再度有効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、 ncpa.cplと入力してEnterキーを押します。

2. ワイヤレスアダプターを右クリックし、[ 無効にする]を選択します

3.同じアダプタをもう一度右クリックし、今度は[有効にする]を選択します。

4.を再起動し、ワイヤレスネットワークに接続して、問題が解決したかどうかを確認します。

方法3:DNSをフラッシュしてTCP / IPをリセットする

1. Windowsボタンを右クリックし、「 コマンドプロンプト(管理者) 」を選択します

2.次に、次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

(a)ipconfig / release

(b)ipconfig / flushdns

(c)ipconfig / renew

3.もう一度、管理者コマンドプロンプトを開いて次のように入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

  • ipconfig / flushdns
  • nbtstat -r
  • netsh int ip reset
  • netsh winsockリセット

4.再起動して変更を適用します。 DNSをフラッシュすると、Windows 10のWiFi制限接続の問題が解決するようです。

方法4:TCP / IP自動チューニングをリセットする

1. Windowsキーを右クリックし、[ コマンドプロンプト(管理者) ]を選択します

2.次のコマンドを入力します。

 netsh int tcp set heuristics disable netsh int tcp set global autotuninglevel = disabled netsh int tcp set global rss = enabled 

3.次のコマンドを入力して、以前の機能が無効になっていることを確認します。netsh int tcp show global

4.PCを再起動します。

方法5:Windowsネットワークトラブルシューティングツールを実行する

1.ネットワークアイコンを右クリックして、[ 問題のトラブルシューティング ]を選択します

2.画面の指示に従ってください。

3.Windows キー+ Wを押して「トラブルシューティング」と入力し、Enter キーを押します

4.そこから「 ネットワークとインターネット 」を選択します

5.次の画面で、[ ネットワークアダプター ]をクリックします

6.画面の指示に従って、 接続制限の問題修正ます。

方法6:Wi-Fiアダプターをウェイクアップする

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押します。

2. [ ネットワークアダプタ ]を展開し、インストールされているネットワークアダプタを右クリックして、[ プロパティ ]を選択します。

3. [ 電源の管理]タブに切り替え、 [コンピュータでこのデバイスの電源をオフにして電力を節約できるようにする]オフに します。

4. [OK]をクリックして、デバイスマネージャを閉じます。

5.Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、 [システム ] > [電源とスリープ ]をクリックします。

6.下部にある[追加の電源設定]をクリックします。

7.次に、使用する電源プランの横にある「 プラン設定の変更 」をクリックします。

8.下部にある「 詳細な電源設定の変更 」をクリックします。

ワイヤレスアダプターの設定を展開してから、もう一度省電力モードを展開します。

10.次に、「オンバッテリー」と「プラグイン」の2つのモードが表示されます。 両方を最大パフォーマンスに変更します。

11. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。 PCを再起動して変更を保存します。 これはWiFiの制限された接続の問題を解決するのに役立ちますが、この方法がうまくいかない場合に試す他の方法があります。

方法7:従量制接続を介したダウンロードを有効にする

1. Windowsキー+ Iを押して、[ デバイス ]をクリックします

2.左側のメニューから、[ プリンターとスキャナー]が選択されていることを確認します

3.スイッチを切り替えて、「 従量制接続経由のダウンロード 」を有効にします。

4.PCを再起動して変更を保存します。

方法8:Google DNSを使用する

1.コントロールパネルを開き、[ネットワークとインターネット]をクリックします。

2.次に、[ ネットワークと共有センター ]をクリックし、[ アダプター設定の変更 ]をクリックします。

3. Wi-Fiを選択してダブルクリックし、[ プロパティ ]を選択します。

4.次に、 インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)を選択し 、[プロパティ]をクリックします。

5.「 次のDNSサーバーのアドレスを使用する 」にチェックマークを付け、次のように入力します。

優先DNSサーバー:8.8.8.8

代替DNSサーバー:8.8.4.4

6.すべてを閉じると、 WiFiの制限された接続の問題修正できる場合があります

方法9:IPv6を無効にする

1.システムトレイのWiFiアイコンを右クリックし、[ ネットワークと共有センターを開く ]をクリックします

2.現在の接続をクリックして設定を開きます。

注:ネットワークに接続できない場合は、イーサネットケーブルを使用して接続し、この手順に従ってください。

3.開いたばかりのウィンドウで[プロパティ]ボタンをクリックします

4. インターネットプロトコルバージョン6(TCP / IP)のチェック外してください。

5. [OK]をクリックし、[閉じる]をクリックします。 PCを再起動して変更を保存します。 これでWiFiの制限された接続の問題が解決され、インターネットに再びアクセスできるはずですが、役に立たなかった場合は次の手順に進みます。

方法10:プロキシオプションのチェックを外します

1. Windowsキー+ Rを押し 、次に「 inetcpl.cpl 」と入力してEnterキーを押し、 インターネットのプロパティを開きます。

2.次に、 [接続]タブに移動し、[LANの設定]を選択します。

3. [LANにプロキシサーバーを使用する]チェックボックスをオフにし、[ 設定を自動的に検出する ]がオンになっていることを確認します。

4. [OK]をクリックして[適用]をクリックし、PCを再起動します。

方法11:ネットワークアダプターをアンインストールする

1. Windowsキー+ Rを押してからdevmgmt.msc 」と入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。

2.ネットワークアダプターを展開し、ネットワークアダプター名を見つけます。

3.何かがうまくいかない場合に備えて、アダプタ名書き留めておきます。

4.ネットワークアダプターを右クリックしてアンインストールします。

5.確認を求められたら、 [はい]を選択します。

6.PCを再起動し、ネットワークへの再接続を試みます。

7.ネットワークに接続できない場合は、 ドライバーソフトウェアが自動的にインストールされていないことを意味します。

8.製造元のWebサイトにアクセスして、そこからドライバーダウンロードする必要があります。

9.ドライバーをインストールし、PCを再起動します。

ネットワークアダプターを再インストールすることで、このWiFi制限付き接続の問題を回避できます。

方法12:WiFiドライバーを更新する

1. Windowsキー+ Rを押し、[ ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「 devmgmt.msc 」と入力して、 デバイスマネージャーを開きます。

2. [ ネットワークアダプター ]を展開し、 Wi-Fiコントローラー (BroadcomやIntelなど)を右クリックして、[ ドライバーの更新]を選択します。

3. [ドライバーソフトウェアの更新]ウィンドウで、[ コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]を選択します

4.次に、「 コンピュータ上のデバイスドライバのリストから選択させてください 」を選択します

5. リストされているバージョンからドライバー更新してみます。

6.上記の方法で問題が解決しない場合は、 製造元のWebサイトにアクセスしてドライバーを更新します://downloadcenter.intel.com/

7. 再起動して変更を適用します。

方法13:WiFiセンスを無効にする

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ ネットワークとインターネット ]をクリックします。

2.次に、左側のペインのウィンドウで[ Wi-Fi ]をクリックし、右側のウィンドウの[ Wi-Fiセンス]の下にあるすべて無効にします。

3.また、 ホットスポット2.0ネットワークと有料Wi-Fiサービスを無効にしてください。

4. Wi-Fi接続を切断してから、再接続を試みます。 Windows 10でWiFiの制限された接続の問題修正できるかどうかを確認します

方法14:Bitdefenderファイアウォール設定(またはアンチウイルスファイアウォール)を変更する

1.Bitdefender Internet Securityの設定を開き、 ファイアウォールを選択します

2.「 詳細設定 」ボタンをクリックします。

3.「 インターネット接続の共有を有効にする 」がチェックされていることを確認します。

注:上記の設定がない場合は、上記の代わりに「 インターネット接続の共有をブロックする」を無効にしてください。

4. [OK]ボタンをクリックして変更を保存します。

5.それが機能しない場合は、ウイルス対策ファイアウォールを無効にし、 Windowsファイアウォール有効にしてみてください

ファイアウォールの設定を変更する最大の人々のために、 制限された接続の問題を修正し、 しかし、うまくいかなかったとしても、まだまだ長い道のりがあるので、次の方法に従ってください。

方法15:アダプターの設定を変更する

1. Bitdefenderを開き、 保護モジュールを選択してファイアウォール機能をクリックします。

2.ファイアウォールがオンになっていることを確認してから、 [アダプタ]タブに移動し、次の変更を行います。

 ネットワークタイプを「自宅/オフィス」に設定します。ステルスモードを「オフ」に設定します。汎用を「オン」に設定します。 

3. PCを再起動してこれらの変更を適用し、 接続制限の問題が解決されたかどうかを確認します。

方法16:ローミングの積極性を最大に設定する

1. ネットワークアイコンを右クリックし、[ ネットワークと共有センターを 開く ]を選択します

2.次に、 Wi-Fiを選択して[ プロパティ ]をクリックします。

3. Wi-Fiプロパティ内で、[ 構成 ]をクリックします

4. [詳細設定]タブに 移動し、ローミングの積極性の設定を見つけます。

5.値を「 中」から「最高」に変更し 、「OK」をクリックします。

6. 再起動して変更を適用します。

方法17:インテルPROSet / Wireless WiFi接続ユーティリティを無効にする

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル]を選択します

2.次に、[ ネットワークとインターネット ]> [ネットワークのステータスとタスクの表示 ]をクリックします。

3.左下隅にあるインテルPROset / Wirelessツールをクリックします。

4.次に、インテルWiFiホットスポットアシスタントの設定を開き、[ インテルホットスポットアシスタントを有効にする]をオフにします。

5. [OK]をクリックし、PCを再起動してWiFi制限付き接続の問題修正します

方法18:Wlansvcファイルを削除する

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

2. WWAN AutoConfigが見つかるまで下にスクロールし、右クリックして[停止]を選択します。

3.もう一度Windowsキー+ Rを押してから、「 C:\ ProgramData \ Microsoft \ Wlansvc \ 」と入力し(引用符は不要)、Enterキーを押します。

4. プロファイルを除くWlansvcフォルダー内のすべて(おそらくMigrationDataフォルダー)を削除します。

5.Profilesフォルダーを開き、 インターフェイス以外のすべてを削除します

6.同様に、 Interfacesフォルダーを開き、その中のすべてを削除します。

ファイルエクスプローラーを閉じ、サービスウィンドウでWLAN AutoConfigを右クリックして、[ 開始]を選択します

方法19:WiFiネットワークを削除する

1.システムトレイのワイヤレスアイコンをクリックし、[ ネットワーク設定 ]をクリックします

2. [ 既知のネットワークの管理 ]をクリックして、保存されたネットワークのリストを取得します。

3.次に、Windows 10がパスワードを記憶しないパスワードを選択し、[削除]をクリックします。

4.システムトレイのワイヤレスアイコンをクリックして、ネットワークに接続すると、パスワードの入力を求められます。ワイヤレスパスワードをお持ちであることを確認してください。

5.パスワードを入力すると、ネットワークに接続し、Windowsがこのネットワークを保存します。

6.PCを再起動し、同じネットワークへの接続を再試行すると、WindowsはWiFiのパスワードを記憶します。 この方法は、Windows 10でのWiFi制限付き接続の問題修正するようです。

方法20:ホームネットワークをパブリックではなくプライベートとしてマークする

1. システムトレイのWi-Fiアイコンをクリックします

2.次に、接続されているWi-Fiネットワーククリックしてサブメニューを表示し、 [プロパティ ]をクリックします。

3. [ このPCを検出可能にする]で、スライダーをオンにします。

4.上記の方法で問題が解決しない場合は、Windowsの検索バーに「 ホームグループ」と入力します。

5. [ホームグループ]オプションをクリックし、[ ネットワークの場所の変更 ]をクリックします

6.次に、[ はい]をクリックして、このネットワークをプライベートネットワークにします。

7.次に、システムトレイのWi-Fiアイコンを右クリックし、[ ネットワークと共有センターを開く]を選択します

リストされているネットワークがプライベートネットワークとして表示されいることを確認してから、ウィンドウを閉じれば完了です。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10でこのネットワークに接続できない問題を修正
  • WiFiがWindows 10で切断の問題を解決し続けるのを修正
  • アクセス制限または接続なしのWiFiの問題を修正する方法
  • 保存されたWiFiパスワードを覚えていないWindows 10を修正

これで、Windows 10でWiFiの制限された接続の問題が正常に修正されました。この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで自由に質問してください。

関連記事