Windows Updateデータベース破損エラー

Windows Updateデータベース破損エラーの修正: Windows 10の更新中に更新がスタックするか、Windows Updateデータベース破損エラーが原因でWindowsを更新できなくなります。 このエラーは、ウィンドウアップデートのトラブルシューティングを実行している場合にのみ確認できますが、場合によっては、トラブルシューティングでWindowsアップデートに関連するすべての問題を修正できますが、この特定のケースでは、潜在的なWindowsアップデートデータベースエラーが検出されたが、 [修正の適用]をクリックすると、この問題を修正できず、しばらく実行すると「修正されていません」が返されます。

新しい更新プログラムをダウンロードできない場合、PCがセキュリティの脅威やマルウェアに対して脆弱になる可能性があるため、このWindows Updateの問題をできるだけ早く修正することが非常に重要です。 そして、時間を無駄にすることなく、このエラーを修正する方法を見てみましょう。

Windows Updateデータベース破損エラー[解決済み]

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Windows Updateトラブルシューティングツールを実行する

1. Windowsの検索バーに「トラブルシューティング」と入力し、[ トラブルシューティング ]をクリックします

2.次に、左側のウィンドウペインから[すべて表示]を選択します。

3.次に、「コンピューターの問題のトラブルシューティング」リストから「 Windows Update」を選択します。

4.画面の指示に従って、Windows Updateトラブルシューティングを実行します。

5.The Troubleshooterは、 Windows Updateデータベース破損エラー修正します。

6. PCを再起動し、アップデートのインストールを再度試みます。

7.上記のトラブルシューティングが機能しないか破損している場合は、Microsoft Webサイトから手動でアップデートのトラブルシューティングをダウンロードできます。

方法2:クリーンブートを実行してから、Windowsの更新を試みる

1. Windowsキー+ Rボタンを押し、 「msconfig」と入力して[OK]をクリックします。

2. [全般]タブの下で、[ 選択的スタートアップ ]がオンになっていることを確認します。

3. [スタートアップの選択]の[スタートアップの項目を読み込む]をオフにします。

4. [サービス]タブを選択し、[ Microsoftのサービスをすべて隠す ]チェックボックスをオンにします。

5. [ すべて無効にする ]をクリックして、競合の原因となる不要なサービスをすべて無効にします。

6. [スタートアップ]タブで、[ タスクマネージャを開く ]をクリックします

7. [スタートアップ]タブ (タスクマネージャー内)で、有効になっているすべてのスタートアップ項目を無効にします

8. [OK]をクリックしてから、 [再起動]をクリックします。 ここでもう一度Windowsを更新してみてください。今度はWindowsを正常に更新できるようになります。

9.再度Windowsキー+ Rボタンを押し、 「msconfig」と入力して[OK]をクリックします。

10. [全般]タブで、[ 通常の起動]オプションを選択し、[OK]をクリックします。

11.コンピュータの再起動を求められたら、 [再起動]をクリックします。 これは間違いなく、 Windows Updateデータベース破損エラーの修正に役立ちます

方法3:システムファイルチェッカー(SFC)およびチェックディスク(CHKDSK)を実行する

1.Windowsキー+ Xを押して、[コマンドプロンプト(管理者)]をクリックします。

2.次に、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。

 Sfc / scannow sfc / scannow / offbootdir = c:\ / offwindir = c:\ windows 

3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。

4.次に、ここからCHKDSKを実行し、チェックディスクユーティリティ(CHKDSK)でファイルシステムエラーを修正します。

5.上記のプロセスを完了させ、PCを再起動して変更を保存します。

方法4:DISM(展開イメージのサービスと管理)を実行する

1.Windowsキー+ Xを押して、[コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

重要: DISMを実行するときは、Windowsインストールメディアを準備する必要があります。

 DISM.exe / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:C:\ RepairSource \ Windows / LimitAccess 

注: C:\ RepairSource \ Windowsを修復ソースの場所に置き換えます

2. Enterキーを押して上記のコマンドを実行し、プロセスが完了するまで待ちます。通常、15〜20分かかります。

 注:上記のコマンドが機能しない場合は、以下を試してください:Dism / Image:C:\ offline / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth /ソース:c:\ test \ mount \ windows / LimitAccess 

3. DISMプロセスが完了したら、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。sfc / scannow

4.システムファイルチェッカーを実行し、完了したらPCを再起動します。

方法5:SoftwareDistributionフォルダーの名前を変更する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.次に、次のコマンドを入力してWindows Updateサービスを停止し、それぞれの後にEnterキーを押します。

net stop wuauserv

ネットストップcryptSvc

ネットストップビット

net stop msiserver

3.次に、次のコマンドを入力してSoftwareDistributionフォルダーの名前を変更し、Enterキーを押します。

ren C:\ Windows \ SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old

ren C:\ Windows \ System32 \ catroot2 catroot2.old

4.最後に、次のコマンドを入力してWindows Updateサービスを開始し、それぞれの後にEnterキーを押します。

net start wuauserv

ネットスタートcryptSvc

ネットスタートビット

ネットスタートmsiserver

5.変更を保存するには、PCを再起動します。

あなたにおすすめ:

  • REGISTRY_ERRORブルースクリーンエラーを修正する
  • フルRAMを使用していないWindows 10を修正する方法
  • iertutil.dllが原因でInternet Explorerが機能しなくなったのを修正する
  • WiFiがWindows 10で切断の問題を解決し続けるのを修正

これでWindows Updateデータベース破損エラーは正常に修正されましたが、この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事