一時的なプロファイルエラーでログインしました

修正一時的なプロファイルエラーでサインインしました:ユーザーアカウントを使用してWindowsにログインしようとすると、次のエラーメッセージ「一時的なプロファイルでサインインしました」が表示される場合は、ユーザーアカウントがプロファイルが破損しています。 まあ、すべてのユーザープロファイル情報と設定は、簡単に破損する可能性のあるレジストリキーに保存されます。 ユーザープロファイルが破損すると、Windowsは標準のユーザープロファイルではなく一時的なプロファイルでログインします。 このような場合、次のエラーメッセージが表示されます。

一時的なプロファイルでサインインしました。

ファイルにアクセスできません。このプロファイルで作成されたファイルは、サインアウトすると削除されます。 これを修正するには、ログアウトして、後でサインインしてみてください。 詳細については、イベントログを参照するか、システム管理者に問い合わせてください。

Windowsアップデートのインストール、Windowsのアップグレード、PCの再起動、サードパーティのアプリのインストール、レジストリ値の変更などが原因で発生する可能性があるため、破損の特定の原因はありません。時間を無駄にすることなく、実際に修正する方法を見てみましょう以下のトラブルシューティングガイドを利用して、一時的なプロファイルエラーでサインインしました。

一時的なプロファイルエラーでサインインしました[解決済み]

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

何かを行う前に、トラブルシューティングに役立つ組み込みの管理者アカウントを有効にする必要があります。

a)Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

b)次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

ネットユーザー管理者/アクティブ:はい

注:トラブルシューティングが完了したら、上記と同じ手順に従って、「 net user Administrator / active:no 」と入力して、組み込みの管理者アカウントを無効にします。

c)PCを再起動し、 この新しい管理者アカウントにログインします。

方法1:SFCとDISMを実行する

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者) ]をクリックします

2.次に、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。

 Sfc / scannow sfc / scannow / offbootdir = c:\ / offwindir = c:\ windows(上記が失敗した場合は、これを試してください) 

3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。

4.もう一度cmdを開いて次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 a)Dism / Online / Cleanup-Image / CheckHealth b)Dism / Online / Cleanup-Image / ScanHealth c)Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth 

5. DISMコマンドを実行させ、終了するまで待ちます。

6.上記のコマンドが機能しない場合は、以下を試してください。

 Dism / Image:C:\ offline / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows / LimitAccess 

注: C:\ RepairSource \ Windowsを修復ソースの場所(Windowsインストールまたはリカバリディスク)に置き換えます。

7.PCを再起動して変更を保存し、一時的なプロファイルエラーでサインインしているの修正できるかどうかを確認します。

方法2:システムの復元を実行する

1. Windowsキー+ Rを押してsysdm.cpl 」と入力し、Enterキーを押します。

2. [ システム保護 ]タブを選択し、[ システムの復元 ]を選択します

3. [次へ]をクリックして、目的のシステムの復元ポイントを選択します。

4.画面の指示に従って、システムの復元を完了します。

5.再起動後、一時的なプロファイルエラーでサインインしているの修正できる場合があります。

方法3:レジストリの修正

注:何か問題が発生した場合に備えて、レジストリをバックアップしてください。

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

wmic useraccount where name = 'USERNAME' get sid

注:USERNAMEを実際のアカウントのユーザー名に置き換えます。 コマンドの出力を別のメモ帳ファイルに書き留めます。

例: wmic useraccount where name = 'aditya' get sid

3. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

4.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ ProfileList

5.ProfileListの下に、ユーザープロファイルに固有のSIDがあります 。 手順2でメモしたSIDを使用して、プロファイルの正しいSIDを見つけます。

6.これで、同じ名前のSIDが2つあることがわかります。1つは.bak拡張子が付いており、もう1つはそれが付いていません。

7. .bak拡張子のないSIDを選択し、右側のウィンドウペインでProfileImagePath文字列をダブルクリックします。

8.値のデータパスでは、すべての問題を引き起こしているC:\ Users \ tempに転送されます。

9. .bak拡張子のないSIDを右クリックし、 [削除]選択します。

10.拡張子が.bakのSIDを選択し、ProfileImagePath文字列をダブルクリックして、その値をC:\ Users \ YOUR_USERNAMEに変更します。

注: YOUR_USERNAMEの名前を実際のアカウントのユーザー名に変更してください。

11.次に、 拡張子が.bakのSIDを右クリックし、[ 名前の変更 ]を選択します。 SID名から.bak拡張子を削除し、Enterキーを押します。

12.レジストリエディターを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • デフォルトのプリンターエラー0x00000709を設定できない問題を修正
  • Windows 10でマイクが機能しない問題を修正する方法
  • デスクトップが利用できない場所を参照するのを修正
  • Windows 10でWiFiが自動的に接続しない問題を修正

以上で、一時的なプロファイルエラーでサインインしましたが 、この投稿に関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事