PCを修復する必要があります

PCを修復する必要があるというエラーを修正します。このエラーが表示される場合は、 ブート構成データ(BCD)が見つからないか破損しているため、Windowsがブートデバイスを検出できません。 ユーザーは、Windowsの上位バージョンにアップグレードするときにこのエラーを受け取ると報告しています。 通常、このエラーは、システムファイルが破損したり、ファイルシステムの整合性が損なわれたりするなど、他の理由で発生することもあります。 この問題の解決策は、このエラーを確実に修正する以下のトラブルシューティング手順を使用してBCDを修復することです。

システムに応じて、さまざまなタイプのエラーを受け取る可能性があります。

0xc000000f –ブート構成データを読み取ろうとしたときにエラーが発生しました

0xc000000d –ブート構成データファイルに必要な情報が不足しています

0xc000014C – PCのブート構成データが見つからないか、エラーが含まれています

0xc0000605 –オペレーティングシステムのコンポーネントの有効期限が切れています

0xc0000225 –必要なデバイスにアクセスできないため、ブートの選択に失敗しました

0x0000098、0xc0000034 –ブート構成データファイルに必要な情報がないか、有効なOSエントリが含まれていません。

PCを修復する必要があります[解決済み]

方法1:周辺機器とハードウェアを取り外す

PCからすべての不要なUSBデバイスまたは周辺機器を取り外し、コンピューターを再起動します。 最近インストールしたハードウェアをコンピューターから削除し、PCを再起動して問題が解決したかどうかを確認してください。

方法2:スタートアップ/自動修復を実行する

1. Windows 10の起動可能なインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。

2.任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、任意のキーを押して続行します。

3.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 左下の[コンピュータを修復する]をクリックします。

4.オプションの選択画面で、[ トラブルシューティング ]をクリックします。

5. [トラブルシューティング]画面で、[ 詳細オプション ]をクリックします

6. [詳細オプション]画面で、[ 自動修復 ] または [ スタートアップ修復 ]をクリックします。

7.Windowsの自動修復とスタートアップ修復が完了するまで待ちます

8.再起動すると、 PCの修復に必要なエラーが正常に修正されました。そうでない場合は、続行してください。

また、 「自動修復でPCを修復できなかった問題を修正する方法」もご覧ください。

方法3:ブートセクターを修復するかBCDを再構築する

1.上記の方法を使用して、Windowsインストールディスクを使用してコマンドプロンプトを開きます。

2.次に、次のコマンドを1つずつ入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 a)bootrec.exe / FixMbr b)bootrec.exe / FixBoot c)bootrec.exe / RebuildBcd 

3.上記のコマンドが失敗した場合は、cmdに次のコマンドを入力します。

 bcdedit / export C:\ BCD_Backup c:cd boot attrib bcd -s -h -r ren c:\ boot \ bcd bcd.old bootrec / RebuildBcd 

4.最後に、cmdを終了してWindowsを再起動します。

5.この方法はあなたのPC修復する必要があるエラー修正するようですが、それがうまくいかない場合は続行してください。

方法4:システムファイルチェッカー(SFC)およびチェックディスク(CHKDSK)を実行する

1.もう一度、方法1を使用してコマンドプロンプトに移動します。[詳細オプション]画面でコマンドプロンプトをクリックするだけです。

2. cmdに次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 sfc / scannow / offbootdir = c:\ / offwindir = c:\ windows chkdsk c:/ r 

注:Windowsが現在インストールされているドライブ文字を使用してください。

3.コマンドプロンプトを終了し、PCを再起動します。

方法5:ドライバー署名の強制を完全に無効にする

1.管理者特権のコマンドプロンプトを開きます。

2.コマンドプロンプトウィンドウで、次のコマンドを順番に入力します。

 bcdedit -set loadoptions DISABLE_INTEGRITY_CHECKS bcdedit -set TESTSIGNING ON 

3.コンピューターを再起動し、 PCを修復する必要があるエラーを修復できるかどうかを確認します。

注:将来、署名の強制を有効にする場合は、(管理者権限で)コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを順番に入力します。

 bcdedit -set loadoptions ENABLE_INTEGRITY_CHECKS bcdedit / set testsigning off 

方法6:正しいパーティションをアクティブとして設定する

1.もう一度コマンドプロンプトに移動し、次のように入力します: diskpart

2.次に、Diskpartに次のコマンドを入力します(DISKPARTは入力しないでください)。

DISKPART>ディスク1を選択

DISKPART>パーティション1を選択

DISKPART>アクティブ

DISKPART>終了

注:常にシステム予約済みパーティション(通常は100MB)をアクティブにマークしてください。システム予約済みパーティションがない場合は、アクティブパーティションとしてC:ドライブをマークしてください。

3.再起動して変更を適用し、メソッドが機能したかどうかを確認します。

方法7:コンピューターを以前の動作状態に復元する

1. Windows 10の起動可能なインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。

2.任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、任意のキーを押して続行します。

3.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 左下の[コンピュータを修復する]をクリックします。

4.オプションの選択画面で、[ トラブルシューティング ]をクリックします。

5. [トラブルシューティング]画面で、[ 詳細オプション ]をクリックします

6. [詳細オプション]画面で、[ システムの復元 ]をクリックします

5.画面の指示に従い、コンピュータを以前の状態に戻します。

以上で、 PCの修復に必要なエラーは正常に修正されましたが、このガイドに関する質問がまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事